【敏感肌の悩み】肌の炎症や赤みを抑えるには?

肌の炎症・赤み対策

敏感肌の人は、自分の肌に合う化粧品が中々見つからない、肌がすぐ乾燥するなどの問題を抱えています。

中でも深刻なのが、メイクをしても目立ってしまう「炎症や赤み」。敏感肌の人に炎症や赤みが起こるのはなぜでしょうか?

炎症、赤みを起こすメカニズム

敏感肌の人は、肌の新陳代謝が正常に行われていません。

外部刺激によりダメージを受けると、プラスミンという酵素が必要以上に肌の新陳代謝を早めてしまいます。

 
正常に肌の新陳代謝が行われず、新陳代謝が早まることにより、未成熟な細胞が表皮にでてきてしまうので、より刺激に弱く、些細なことで炎症を引き起こしやすい肌になってしまうのです。

健康な人の肌でも、表皮は0.1mm~0.3mmと薄いものなのですが、敏感肌の人はそれ以上に薄いと言われます。

 
肌の赤みの正体は、この薄い表皮の下にある血管です。肌は血液によって酸素や栄養をもらい、日々細胞分裂しています。

肌に炎症が起こってしまうと、細胞を早く修復させようと毛細血管が拡張し、血流量が増えるのです。

 
通常であれば、トラブルが改善されると血管が収縮し、血流量が正常になり、赤みがなくなるのですが、敏感肌の場合は炎症と修復が絶えず繰り返されるので、赤みがなくならないのです。

参考

むずがゆ因子が原因!?「肌の赤み」とくり返す肌トラブルの関係資生堂の敏感肌研究

肌の炎症、赤みを抑える方法

肌の赤みが気になる女性

肌に炎症を起こさないようにすれば、肌から赤みは消えていきます。

炎症や赤みを抑えるためには、日々のスキンケアを正しく行わなければなりません。そのためのポイントを二つご紹介します。

1.過剰な洗顔をやめる

洗顔は肌の新陳代謝を正常に戻すために、とても大切なものです。古くなった老化角質を洗顔によって取り去っていくことで、下から新しい肌がどんどん作られるようになっていきます。

正しい洗顔を毎日行うことは、肌を強くし、肌の炎症や赤みを抑えることにも繋がっていくのです。

 
反対に、間違った洗顔をしていると、汚れを取るだけでなく肌の潤い成分や肌のバリアである皮脂膜まで一緒に洗い流してしまいます。

一日に何度も顔を洗う、熱いお湯を使って洗顔する、洗浄力の強い洗顔料を使うなど、間違った洗顔習慣によって肌のバリア力はどんどん低下し些細なことで炎症を起こしやすくするのです。

 
ゴシゴシと洗う刺激も肌に炎症を起こし、赤みの原因となりますので絶対にやめましょう。

また、肌の調子が悪いときには、洗顔から加わる刺激を最小限にするためにも洗顔料を使わない『水洗顔』をしてみるのも良いでしょう。

2.コットンパックで炎症を抑える

コットンパックは、コットンに化粧水を染み込ませて肌に乗せパックするお手入れ方法です。

コットンパックをすることで、冷やすことと潤すことが同時にできます。

冷やすことで得られる効果

現在肌に赤みが出ている人は、赤みがでている場所を触ってみてください。他の場所と比べて皮膚温が高くなっていませんか?

炎症が起こってしまっている部分は、肌の下を流れる毛細血管の血流量増えています。

 
必然的にその部分の体温が高くなってしまっているのです。肌の皮膚温が高いということは、肌の水分蒸発も通常より盛んになっていることの現れです。

冷やすと、毛細血管の収縮が始まります。血管の拡張が抑えられることにより、血流量も正常になるので、赤みが肌表面に現れにくくなるのです。

潤すことで得られる効果

コットンパックで肌を潤す

肌に必要な水分や油分が行き渡り十分に潤うと、外からの刺激に強い肌になります。また、必要な水分が得られた肌の新陳代謝は、正常の周期に戻っていきます。

新陳代謝が正常になると、新陳代謝の過程で生み出される肌のバリア力や保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸、NMFを自分の力で作り、外部刺激に負けない肌になっていくのです。

 
敏感になり肌に炎症が起こっているとき、化粧水を手でつけているだけでは肌に必要な量が補えません。

コットンパックでゆっくりと時間をかけながら、肌に化粧水を浸透させていくのです。

正しいコットンパックの方法

コットンパックもやり方次第で肌に負担をかけてしまう場合もあるので、正しい方法で実践しましょう。

コットンは肌に直接触れるものなので、天然素材のものを選びましょう

 
化学繊維で作られたコットンは、毛羽立ちが肌刺激になってしまいます。コットンパックをする時間も大切です。

良かれと思って長時間コットンパックをする必要はありません。肌の上で、コットンが乾いてしまうと肌の水分がコットンに奪われてしまうからです。

 
コットンパックに使う化粧水選びも慎重にしましょう。肌に刺激となる防腐剤や香料、界面活性剤や合成ポリマーを含んだ化粧水は、肌に刺激となるので、避けてください。

敏感肌の場合は保湿成分「セラミド」が必須です。有効成分にも注目して化粧品を選びましょう。

このように、冷やすことと潤すことを重視したスキンケアで、敏感肌の悩みである炎症や赤みを抑えることができます。

日中、ホテリを感じる人はミスト化粧水などを持ち歩いて、ホテリを感じるたびにミストで保湿+皮膚温を下げるようにしましょう。

  敏感肌のためのおすすめ化粧水は?

 

この記事のまとめ

  • 敏感肌の人は肌の代謝が早く、わずかな刺激が肌の負担になる
  • 肌の炎症を修復するために毛細血管が拡張し、血流量が増えて赤みが出る
  • 過剰な洗顔は、肌の炎症の原因になる
  • コットンパックで肌を冷やし、保湿するのがオススメ