肌がヒリヒリ…生理前の敏感肌、対処法は?

生理前・便秘中の敏感肌に悩む女性

女性にとって、生理前の敏感肌は大きな悩みです。

普段は平気でも、生理前になると肌がヒリヒリして敏感になるという方は多いです。

 
厄介な生理前の敏感肌の対処法をご紹介します。

肌の周期的な変化を知ろう!

ホルモンバランスの乱れで敏感肌に

女性の肌に大きな影響を及ぼす原因が、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンです。

ホルモンバランスがわずかに崩れるだけでも、肌の状態は乱れます。

 
肌の周期的な変化を知り、敏感肌になりやすい時期に合わせたケアをするのが大切です。

卵胞期(排卵前)の肌

卵胞期とは、月経が終わってから排卵が起こるまでの、約1週間の期間のことです。

この週は、女性の体に大きな変化が起こりにくく、最も体調が良い時期です。

 
排卵前になるとエストロゲンが増加し、肌を活性化させるヒアルロン酸やコラーゲンの生成を助けます。

そのため、卵胞期の肌はハリのある健康的な肌となります。肌のバリア機能が高まるため、肌荒れやニキビなどのトラブルは起こりにくいです。

 
便秘も起こりづらく、精神的にも安定しているので、快適な毎日を送れます。

新しいスキンケアや化粧品にチャレンジするなら、肌が最も強いこの時期がおすすめです。

黄体期(排卵後)の肌

排卵後か月経がはじまるまでの約2週間は、黄体期と呼ばれます。

この時期は皮脂の分泌を促し、肌のバリア機能を低下させるプロゲステロンが増加するため、ニキビができやすくなったり、肌が敏感になったりします。

 
普段使っているスキンケアがヒリヒリするなど、肌に合わなく感じられる場合もあります。

また、精神的にも不安定な状態になり、イライラしたり、やる気がでなかったりと、すっきりしない気分が続く方が多いです。

 
黄体期の中でも、最も体調を崩しやすいのが月経前の週です。ちょっとした刺激で肌が荒れ、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

気分もすぐれず、強い眠気やイライラに襲われるなど、様々な体調変化が生じる憂鬱な時期です。

生理中の肌

生理中になると肌の状態は次第に回復し、便秘しにくくなるので、吹き出物なども少なくなってきます。

ただし、肌の状態は回復してきても、バリア機能は低下した状態です。スキンケアはできるだけ優しく、たっぷりの保湿を心がけましょう。

 
また、体調面や精神面はまだ不安定な時期です。

自律神経の不調から肌トラブルを引き起こすこともあるので、なるべく肌に刺激を与えないようにするのが大切です。

女性ホルモンの変化による敏感肌、こんな時も注意!

女性ホルモンの変化による敏感肌は、生理前だけではありません。

女性の体調が変化しやすい様々なタイミングで、ホルモンバランスが乱れやすくなります。

妊娠中

妊娠をきっかけに敏感肌になるという方は非常に多いです。これは生理前と同様、妊娠するとプロゲステロンの分泌が活発になるためです。

プロゲステロンの増加は、妊娠初期から安定期まで続きます。妊娠中はストレスや睡眠不足などの原因でも肌荒れしやすくなります。

 
さらに栄養がお腹の赤ちゃんに優先されるので、肌の健康を維持するための栄養が不足しがちです。

そのため、妊娠初期は急激なホルモンバランスの乱れと環境の変化で、最も敏感肌になりやすい時期です。

 
妊娠中の敏感肌対策は、なるべくシンプルなケアを心がけましょう。敏感肌用の低刺激のスキンケアを使って保湿中心のケアにします。

これまで使っていたスキンケアで肌がヒリヒリしたら、すぐに肌に優しい成分のものに変えましょう。

 
食生活も肌に良い食品を多く取るようにすると効果的です。

ビタミンCの多いフルーツや、大豆イソフラボンが含まれる大豆製品、ビタミンEを含むナッツ類などがおすすめです。

更年期

更年期を迎える頃になると、女性ホルモンの分泌は急激に減少していきます。

エストロゲンには、肌の水分を保つ効果があり、プロゲステロンには皮脂の分泌を促す効果があります。

 
2つの女性ホルモンが減少すると、肌は乾燥しやすくなり、皮脂が減ってバリア機能が低下します。

その結果、更年期を迎えると敏感肌になりやすくなるのです。

 
更年期は乾燥が原因の敏感肌が多いため、保湿ケアが重要です。

女性ホルモンの減少によって不足した水分や皮脂のバランスを整えることを意識しましょう。

 
また肌のバリア機能が低下しているので、肌にできるだけ刺激を与えないことも重要です。

特に紫外線はしみやそばかすの原因にもなるため、常に紫外線対策をしましょう。

 
紫外線はくもりの日でも出ているので、日焼け止めは欠かせません。

ストレスや生活習慣の乱れ

敏感肌は、ストレスや生活習慣の乱れからも起こります。

ストレスや睡眠不足、食生活など様々な要因によって自律神経のバランスが崩れると、ホルモンバランスにも悪影響が生まれます。

 
その結果、過剰な皮脂分泌や乾燥が起こり、敏感肌になってしまうのです。

ストレスや生活習慣の乱れによる敏感肌は、根本的な原因を改善するのが大切です。

 
敏感肌を悪化させないように低刺激のスキンケアでケアしながら、ストレスの原因や乱れた生活習慣を見直しましょう。

生理前の敏感肌、対処法は?

生理前敏感肌の対処法

生理前の敏感肌は、適切な対処をすれば症状を和らげることができます。生理前の肌を守るためのコツをご紹介します。

洗顔やスキンケアはやさしく丁寧に

生理前になると、皮脂の分泌を促すプロゲステロンが増加します。その結果、皮脂が増えて肌がべたつきがちになります。

しかし、皮脂を取り除こうとして洗浄力の高い洗顔料を使用したり、必要以上に洗いすぎるのは厳禁です。

 
生理前の肌は敏感な状態になっているため、洗顔やスキンケアはできるだけ刺激を与えないようにするのが大切です。

肌に優しいスキンケア用品を使い、丁寧にケアしましょう。

食生活を見直そう

食生活が乱れていると、肌荒れの原因になりやすいです。

野菜不足など、偏った食生活をしている場合は、まずはその改善から初めてみましょう。

 
特に、コンビニ弁当やインスタント食品などが多い方は要注意です。ミネラルが不足してしまい、ホルモンバランスの乱れに繋がります。

生理前は特に女性ホルモンが乱れがちになるため、納豆や豆腐など大豆イソフラボンを含んだ食事を多くとるようにしましょう。

 
また、ビタミンB6はホルモンの代謝を上げてくれるため、カツオやマグロといった魚類もおすすめです。

ストレス発散やリラックスタイムも大切

生理前は、ストレスが溜まってイライラしがちです。

適度な有酸素運動や質の良い睡眠を心がけ、ゆったりと心を落ち着かせるようにしましょう。

 
ストレスや生活習慣の乱れを改善することで自律神経を整えれば、ホルモンバランスも安定します。

  ほうれい線を消す化粧品、おすすめは?

 

この記事のまとめ

  • 生理前の敏感肌は女性ホルモンのバランスの乱れが原因
  • エストロゲンが増加する排卵前が一番肌の状態が良い
  • プロゲステロンが増加する排卵後から生理前にかけて肌荒れしやすくなる
  • 女性ホルモンの乱れによる敏感肌は妊娠中や更年期にも起こる
  • 生理中の敏感肌は、肌に刺激を与えない優しいスキンケアが大切
  • ストレスや生活習慣の乱れを解消するのも敏感肌対策に役立つ