敏感肌のためのクレンジング&基礎化粧品選びで大事な5つのポイント

クレンジング、基礎化粧品選びのポイント

毎日のクレンジング、正しい方法で行えていますか?

特に敏感肌の人は、間違ったクレンジングをしていると、肌質が改善しないどころか、どんどん悪くなってしまいます。

 
今回は、敏感肌にとって重要な、クレンジングの選び方と使い方について解説します。

敏感肌のクレンジング、何を選べばいいの?

クレンジング,選び方

スキンケアの中で、肌への負担が一番大きいのがクレンジングです。

たとえ敏感肌でもメイクをする以上、クレンジングは避けられません。

 
それではどんなことに注意してクレンジングを選んだらよいのでしょうか?

敏感肌でも安心して使えるクレンジングは?

敏感肌の時に使ってはいけないクレンジングは、「濃いメイクでも簡単に落とせる」「すすぎが楽な」クレンジングです。

これらはつまり「洗浄力の強いクレンジング」で、角質層に本来ある油分や潤い成分を洗い流し、弱ったバリア機能をさらに低下させてしまいます。

 
敏感肌でも安心して使えるのは、クリームタイプやミルクタイプのクレンジングです。

製品にもよりますが、クリーム・ミルクタイプは「洗浄用」に配合された界面活性剤の配合量が少なく、肌の油分や潤い成分を洗い流してしまう心配が少ないです。

 
メイクは油性なので、クレンジングにはメイクをなじませる油性成分が必要です。

油性成分をクリーム状やミルク状にするには乳化剤としての界面活性剤が必須ですが、それ以上の「洗浄剤としての界面活性剤」が少ないほど肌に優しいクレンジングになります。

 
洗浄剤としての界面活性剤がどの程度使われているかは、成分表を見ても分りづらいのですが、「W洗顔不要」とか「サッとすすげる」と広告している製品は、界面活性剤が多く配合されています。

できるだけ避けたい、刺激の強いクレンジングは?

洗浄剤としての界面活性剤が多く配合されているのオイルタイプ、ジェルタイプのクレンジングです。

その分メイクを落とす力は強く、さっぱりとすすげますが、肌の油分・潤い成分も落とし過ぎる傾向があるので、敏感肌には向きません。

 
ウォータープルーフのマスカラや口紅などを落とす場合でも、目元や口元などのポイント使いにとどめましょう。

添加物もチェックしよう

クレンジングの目的はメイクを落とすことなので、香料や着色料は必要ありませんよね。

防腐剤や界面活性剤はクレンジング剤の品質を保つために配合されるものですが、こういった添加物は肌に負担をかけるため、できるだけ避けるのがベターです。

 
化粧品選びと同じように、敏感肌の人はできるだけ「無添加」のクレンジング剤を選びましょう。

肌に優しいクレンジング剤を選ぶとどうしても値が張りますよね。

敏感肌のための、正しいクレンジング方法とは?

クレンジング,方法

クレンジングは肌への負担が大きくなりがちなケアなので、肌に余分な力を加えないこと、あまり時間をかけ過ぎないことが大切です。

そのためにはどんなことに注意したらよいのでしょうか?

ポイントメイクは専用のリムーバーで

目元や唇の落としにくいポイントメイクは、専用のリムーバーで落としましょう。

落ちにくいポイントメイクを洗浄力の弱いクレンジングで落とそうとすると、肌をゴシゴシこすることになりがちです。

 
落ちにくいメイクは顔全体のクレンジングの前に落としておくと、無駄な力をかけずに洗い流すことができます。

敏感肌の時は、ファンデーションはもちろんですが、ポイントメイクも落ちにくいウォータープルーフタイプなどはなるべく避けるようにしましょう。

クレンジング剤の使い方

ひと肌くらいの温度の蒸しタオルで肌を温め、水分を与えておくと、クレンジングが楽になります。

またクレンジング剤も手の平で温めてから使うと、メイクとのなじみが良くなり、肌の負担を減らすことができます。

 
500円玉くらいの量を手のひらに取り、額、頬、あごに置いて、そこからクルクルと円を描くように顔全体に延ばし、メイクと馴染ませていきます。

人差し指は力が強いので、中指と薬指の2本を使って、優しくメイクをなじませましょう。

 
途中で指先の抵抗が大きくなったら、そのまま続けずに少しクレンジング剤をプラスします。

クリームタイプ、ミルクタイプのクレンジングは、使用量が少ないと摩擦が大きくなり、角質を剥がしてしまいます。ケチらずにたっぷり使いましょう。

しっかり・手早くすすぐ

クレンジングに時間をかけするのは肌の負担になります。メイクをなじませる時間は、1分半~2分が目安です。

すすぎでは肌をこすらないことが大切です。手のひらに取った水を、肌に押し当てるような感覚で、20~30回程度すすぎましょう。

 
指の力ではなく、水の力で落とすことを心掛けましょう。

今すぐやめて!間違ったクレンジング方法とは?

間違ったクレンジング

肌に負担をかける間違ったクレンジング法には、どんなパターンが多いのでしょうか?

クレンジングシートでゴシゴシこする

シートタイプの「拭き取る」クレンジングは、最も摩擦が大きく、肌を傷つけるリスクが大きいクレンジング法です。

シートタイプは、油分を使わずに界面活性剤の力だけでメイクを落とすクレンジングで、敏感肌の人でなくても日常的に使うと肌の負担が大きくなります。

 
またクレンジングシートにはアルコールも配合されているので、この点でも敏感肌にはマイナスになります。

参考

ゆるクレンジングで「大人敏感肌」を解決日経ウーマンオンライン

熱いお湯で洗い流す

熱いお湯ですすぐと、角質層に元々ある油分や潤い成分まで洗い流してしまうことになります。

また敏感肌にはお湯の温度そのそのものが刺激になり、敏感さを助長します。

 
体温より低い水温、できれば35℃以下のぬるま湯がベストです。

熱めのお湯やシャワーの強い水圧は肌にとって刺激になるため、入浴中のクレンジングはできるだけ避けましょう。

毛穴の汚れを落とそうと意識する

毛穴をきれいにしたいという気持ちはよく分かりますが、それを意識するとどうしても擦りすぎの傾向が出てきます。

特に乾燥肌や敏感肌の時は、毛穴のことは一時忘れて、肌に優しいクレンジングだけを心掛けましょう。

 
敏感肌を改善するための、クレンジングの選び方、使い方を解説しました。

クレンジングは、正しく行わないと敏感肌を悪化させるリスクが大きいので、ぜひ参考にしてください。

 
  敏感肌のためのおすすめ化粧水は?

 

この記事のまとめ

  • 敏感肌には、洗浄力が強すぎないクリーム・ミルクタイプがおすすめ
  • オイル・ジェルタイプには、肌の油分を取りすぎる界面活性剤が多く配合されている
  • クレンジングはたっぷり使い、摩擦を減らすことが大切
  • 時間をかけずに手早くクレンジングして、すすぎは優しく入念に
  • 熱いお湯でのクレンジングは、敏感肌には厳禁