万能美容液「ホホバオイル」について

ホホバオイルの美容効果

美容のためにオイルを取り入れているという人が多いですが、中でも人気が高いのがホホバオイルです。

ホホバオイルは、万能オイルとも呼ばれ、実に様々な効果が期待できるだけでなく、使い方も幅広いのが特徴だと言えるでしょう。

 
ここでは、美肌の救世主「ホホバオイル」の効果・効能や使い方について紹介いたします。

ホホバオイルってどんなオイル?

ホホバオイルは、ホホバという砂漠など過酷な環境で育つ植物から抽出される自然由来のオイルのことです。

ホホバオイルはオイルの中でも安全性が高いと言われていますが、オリーブオイルやごま油などとは異なり消化がされにくいため、現在は食用として利用されていません。

 
しかし、肌や髪に用いることで、保湿や殺菌、抗酸化作用など様々な効果が期待できるため、美肌やほうれい線対策などアンチエイジングなど主に美容目的で使われています。

オイルをお肌や髪に塗る、というと抵抗を感じてしまう人もいるかもしれませんが、ホホバオイルに含まれているワックスエステルという成分はもともと人間の皮膚に含まれているものと同じです。

 
この成分には保湿効果とバリア効果があり、肌が乾燥しがちな人もホホバオイルを塗ることにより肌を乾燥から守ることができます。

 

ホホバオイルの美容効果

美肌の女性

アトピー肌への効果

アトピーのケアをするためにホホバオイルを使っている人も多くいます。

お風呂上りにホホバオイルを塗ったら15分ほど待って柔らかいタオルで拭くだけでも洗浄・保湿効果が得られるのです。

ニキビ肌への効果

悩んでいる人が多い肌トラブルといえば吹き出物が挙げられますが、ホホバオイルには殺菌効果もあるため、吹き出物などの肌トラブル対策としても有効です。

日焼け肌への効果

日焼けした肌は水分が直ちに必要な状態です。ホホバオイルは、水分を与えるのと同時に皮膚のバリア効果があります。

そのため、日焼けによって起こり得る乾燥やシミ、シワなどの肌トラブルを予防します。

スキンケアに、ホホバオイルの使い方

ホホバオイルを使う女性

ホホバオイルは抗酸化作用があるため、お顔のスキンケアに使えば美肌効果を高めることができます。

使い方としては、2パターンあります。

 
手軽に使いたいということであれば、洗顔後、化粧水の後にホホバオイルを適量つけるのがおすすめです。

ホホバオイルは水との相性が良いので、化粧水で潤ったお肌にとてもなじみやすくなります。

 
ただ、オイルを塗り慣れていない人の場合、抵抗を感じてしまうかもしれません。

その場合は顔に直接ホホバオイルを塗るのではなく、乳液や美容液に2~3滴混ぜて使ってみましょう。

 
オイルのおかげで伸びが良くなりますし、保湿効果もグンとアップするでしょう。

オイルというとべたべたするイメージがあるかもしれませんが、ホホバオイルはとてもさらっとした使い心地が魅力のオイルです。

 
あとは状態を見ながら使用量を調整していくといいですね。

ホホバオイルにも種類がある

クリアホホバオイル

加熱処理で精製されたホホバオイルです。

不純物は除去されているため、安全性が高く、敏感肌の方でも比較的安心して使用することができるでしょう。

 
ホホバオイルにはビタミン類や必須アミノ酸が豊富に含まれていますが、クリアホホバオイルの場合は加熱処理を施しているため、熱に弱いビタミン類は失われてしまいます。

しかし、ホホバオイル特有にニオイはなく、お手頃な価格で入手できるなどのメリットも多いので、初めてホホバオイルを使うという方におすすめです。

ゴールデンホホバオイル

ゴールデンホホバオイルは無精製なのが特徴で、その名の通り金色をしたオイルです。

何も手が加えられていないナチュラルな状態なので、ビタミンEやビタミンAなどビタミン類が豊富です。

 
しかし、精製されていない分、不純物が混ざっている可能性もありますので、人によっては刺激を感じる場合もあります。

ゴールデンホホバオイルは、比較的お肌が強い方におすすめです。

ホホバオイルの利用法は他にも!

ホホバオイルのクレンジング

クレンジングオイルに

ファンデーションなど化粧品の多くは油分がベースとなっています。油分を落とすにはオイルが効果的で、中でもホホバオイルは分子構造が小さいため、毛穴奥の汚れまでしっかりクレンジングできると言われています。

また、保湿効果が高いので、お肌を守りながらメイクがオフできるでしょう。

使い方としては、通常のクレンジング剤と同様に、ホホバオイルを多めに手に取り、指の腹で優しくなじませるようにメイクを落としていきます。

油分の多いTゾーンから行い乾燥しがちなUゾーン、目元、とオフする順番にも注意しましょう。

 
クレンジング用のオイルとは異なり、水だけでは中々洗い落とせませんので、しっかりと泡立てた石鹸でダブル洗顔を行うことをおすすめします。

また、鼻の黒ずみが気になるという方は、蒸しタオルを使って部分ケアするのがおすすめです。

 
蒸しタオルで鼻の毛穴を開かせたのち、ホホバオイルで鼻をクルクルと優しくマッサージします。

2~3分ほど行ったら、使用したタオルで優しくオイルをふき取り、洗顔してください。その後はすぐに引き締めを意識したスキンケアを行いましょう。

バスオイルに

バスオイルとしてホホバオイルを使う際には、先に湯船にゆっくりつかって体を温めたあと、お湯の中でホホバオイルを塗ってマッサージをすると効果的です。

とても伸びが良いので気持ちよくマッサージできるでしょう。

 
温まった体は毛穴も開きますので、落とし切れなかった皮脂や汚れもオフできます。

それによりターンオーバーも促されますので、肌が柔らかく、ワントーン明るくなったことを実感できるでしょう。

ヘアケアに

ヘアケアに使うのもおすすめの方法です。

頭皮にホホバオイルをつけて頭皮と髪をマッサージしたら、髪を蒸しタオルで包んで30分ほど放置したあとにシャンプーをすると健康な頭皮を手に入れることができます。

 
これが面倒に感じる場合は、シャンプー後のケアとしてホホバオイルを取り入れるのもいいですね。

やり方はとても簡単で、タオルドライをしたあとの髪に1~2滴つけて乾かすだけです。

 
つけすぎるとベタついてしまうので、少量をつけるようにしましょう。

また、成分を髪全体になじませるために目の粗いクシで軽くブラッシングしてから乾かすと更に効果が期待できます。

ホホバオイルを使用する際の注意点

次に、ホホバオイルを使う際の注意点について紹介しましょう。

ホホバオイルは寒さに弱いため、気温によっては固まってしまうことがあります。

 
この場合、温かい場所に移動をすれば元の状態に戻るので、あまり寒い場所には置かないようにしたほうがいいですね。

それと、ホホバオイルは抗酸化作用が強く長期保存にも適していますが、封を切ってからしばらく時間が経ってしまうとカビが生えてしまうこともあります。

 
そのため、できるだけ早く使い切るように心がけたほうがいいでしょう。

このように様々な使い方ができるので、1本用意しておくと全身のケアに活用できます。

 
乾燥が気になるという方は、ぜひ毎日のスキンケアに取り入れてみてください。

   保湿化粧水・クリームのおすすめは?

 

この記事のまとめ

  • ホホバオイルは、アトピーやニキビ肌への効果がある
  • クレンジングやヘアケアに使うことができる
  • 保管場所や使用期間に注意すること