【保湿成分】セラミド配合のクリーム、特徴や選び方は?

セラミドの保湿効果

化粧品の保湿成分として、よく目にするのがセラミドです。

セラミドにも色々な種類があり、それを配合した製品も多くあります。

 
数ある保湿成分の中でも特に目にすることが多いセラミドですが、どのような特徴があるのでしょうか?

今回はセラミドを配合したクリームの特徴と選び方について解説します。

セラミドってどんな成分?

セラミドの美容効果

化粧品で目にすることが多いセラミドですが、これは人の肌でも作られている成分で、肌を乾燥から守る重要な役割をしています。

セラミドの保湿効果について、詳しく見ていきましょう。

セラミドとは

セラミドは一つの物質ではなく、化学的に一定のパターンを持つ脂質の総称で、人の細胞間脂質にも数種類のセラミドが含まれています。

人のセラミドは肌表面の角質層にある細胞間脂質の約50%を占める成分です。

 
顔の角質層には、10層くらいの角質細胞が積み重なっており、細胞間脂質はそれを接着し、肌の水分を守る役目をしています。

角質細胞と細胞間脂質の関係は、積み重ねられたレンガとそれをつなぐセメントによくたとえられます。

 
その主成分であるセラミドは、「水分を逃がさない」「異物の侵入を防ぐ」という肌のバリア機能にとって最も重要な成分だと言えます。

セラミドが不足すると、肌のバリア機能が低下して、外界からの刺激に弱くなります。

 
肌のセラミドの生産量は加齢とともに減少し、高齢者ではセラミド不足による乾燥肌が増えてきます。

どんな種類があるの?

化粧品に配合されるセラミドは、合成セラミド(ヒト型セラミドと疑似セラミド)と天然セラミド(動物由来セラミドと植物由来セラミド)に分類されます。

ヒト型セラミドと呼ばれるのは、合成セラミドの1種で、酵母を利用して人のセラミドに似た構造に作られたものです。

 
「合成」という言葉のイメージが悪いので、「バイオセラミド」とも呼ばれています。肌への親和性が高く、保湿力が優れています。

現在化粧品に配合されている人型セラミドは7種類ほどあります。

 
動物由来セラミドは、馬の脊髄や鶏卵などから抽出・精製されたものです。

植物由来セラミドは、米ぬか、大豆、トウモロコシなどから抽出・精製されたものです。

 
動物性や植物性の天然セラミドも優れた保湿剤ですが、化粧品成分としては、人の肌に親和性が高い人型セラミドが主流です。

セラミド配合の保湿クリーム、特徴はこれ!

セラミド,保湿クリーム

セラミドは脂性の成分なので、化粧品では主にクリームや乳液に配合されています。

セラミドを配合したクリームにはどんな特徴やメリットがあるのでしょうか?

保湿力が高い

角質層において、その保湿力の約8割は細胞間脂質が担っていると言われています。

その細胞間脂質の50%を占めるセラミドは、まさに肌の保湿力の要(かなめ)となる成分です。

 
化粧品に配合される保湿成分には、コラーゲンやヒアルロン酸など様々なものがありますが、セラミドは化粧品で補いたい保湿成分のナンバー1であることは間違いありません。

とくにヒト型セラミドは、人が作りだすセラミドとほぼ同じ構造で、肌に馴染みが良く長時間保湿力が持続します。

アトピー性皮膚炎への効果

アトピー性皮膚炎の皮膚では、セラミドが健康な人の3割程度に減少していることが知られています。

これは元々角質層のセラミドが少ない人がアトピー性皮膚炎になりやすいという理由の他に、炎症を起こした皮膚はターンオーバーが異常に早くなるので、角質層に十分セラミドを蓄える時間がないからです。

 
セラミドは肌への刺激がほとんどない成分なので、アトピー性皮膚炎の人も使うことができ、弱ったバリア層を補強する役目をします。

アトピー性皮膚炎のケアは、薬による治療と平行して、セラミドを配合したクリームによる保湿が有効です。

参考

乾燥性敏感肌は「セラミド」不足に要注意花王

実は美白効果も!

肌に蓄えられた水分や脂質は、紫外線の透過をはばむ役割も持っています。

セラミドで肌の保湿力が強化され、肌理(きめ)が整うと、紫外線に対する肌のバリア能力も高まります。

 
バリア機能の低い肌に美白成分を与えても、紫外線によって新たなメラニンが作られ続けるので、シミやそばかすの改善は進みません。

乾燥肌や敏感肌の場合は、まずセラミド配合の化粧品などで肌のバリア機能を改善して、そのうえで美白化粧品を使用するのが、正しい美白ケアです。

セラミド入り保湿クリームの選び方は?

セラミドクリーム,選び方

セラミド入りの保湿クリームには多くの種類がありますが、どのような点に注意して選んだらよいのでしょうか?

安い商品はNG?

バイオテクノロジーによって作られるヒト型セラミドも、動物・植物由来の天然セラミドも、少し高価な成分です。

比較的安価なのが、合成セラミドの中の疑似セラミドと呼ばれるものです。

 
セラミド配合とうたっていても、あまり安価な化粧品は、配合量が少ないか疑似セラミドの可能性があります。

セラミドの配合量を明記している製品は多くありません。

 
化粧品の全成分表示は配合量の多い成分から記載するので、比較的最初に記載されているものが配合量の多い製品と言えます。

また配合量を公表している製品は、配合量に自信があると言ってよいでしょう。

「ヒト型セラミド」を選ぼう

ヒト型セラミドは、他のセラミドと比較して保湿力が高く、刺激性がほとんどありません。

ヒト型セラミドは、成分表記では次のように「セラミド○○」という表示になっています。

 
化粧品に配合されるヒト型セラミドの中で、特に保湿力が高いのは以下の4種類です。

保湿力の高いヒト型セラミド

  • セラミド1 (セラミドEOP)
  • セラミド2 (セラミドNS)
  • セラミド3 (セラミドNP)
  • セラミド6Ⅱ (セラミドAP)

化粧品の成分表示で、これらの表記を探してみて下さいね。

また角層の奥まで浸透しやすい、ナノ化されたセラミドを配合した化粧品もおすすめです。

 
セラミドはもともと分子量が小さいので、ナノ化されたセラミドとは、セラミドそのものではなく、基材となるクリームなどの成分をナノ化して、肌に浸透しやすくした製品です。

化粧水・美容液からも取り入れよう

セラミドは脂質成分なので、乳液やクリームに配合されることが多いのですが、セラミド配合の化粧水や美容液もあり、保湿力を高めるのに有効です。

セラミドを配合した化粧水はとろみのあるテクスチャーになります。

 
さらさらした化粧水に含まれる場合は、界面活性剤が多く含まれていることが多いので注意が必要です。

メーカーによってはセラミド配合の化粧品をシリーズで出しているところもありますので、これらをライン使いするのもおすすめです。

 
私たちの肌ととても相性の良い保湿成分、セラミドについて解説しました。

以下ではセラミドを配合した化粧品の人気ランキングを紹介していますので、是非参考にしてください。

セラミド配合化粧品の人気ランキング

乾燥肌・敏感肌のエイジングケアに
ポーラ・オルビスグループが手掛けた敏感肌専用の保湿化粧水です。

アヤナスは、セラミドの中でも肌に馴染みやすく浸透力の高い「ヒト型ナノセラミド」を配合していますので、ケアする度に、潤いがチャージされ、肌本来が持つバリア機能を高めてくれます。

 
ハリや弾力アップにも効果的ですので、エイジングケアにもおすすめです。

価格 商品構成 返金保証
1,480円(税込) 化粧水・美容液・クリーム(各10日分)+アイクリーム(1日分) あり
(30日)
  • 敏感肌専用の保湿化粧水
  • 浸透力の高い「ヒト型ナノセラミド」配合
  • 30日間の返金保証
オススメ度
総合評価
(4.7)

 

低刺激で肌に優しい
米肌の特徴は、商品名の通りお米を長時間発酵させて抽出したエキス「ライスパワーNO.11」を配合している点です。

この成分によってセラミドが生み出され、肌本来が持つ水分保持力がグンと高まります。

 
弱酸性で石油界面活性剤フリー、低刺激処方なので敏感肌でも安心して使えます。

利用者9割以上の方が潤いやハリ感アップなどお肌の好転を感じていますよ。

価格 商品構成 返金保証
1,389円(税抜) 石鹸・化粧水・美容液・クリーム(14日分)+化粧水マスク なし
  • 「ライスパワーNO.11」配合で、肌の保湿力UP
  • 低刺激処方で敏感肌でも安心
  • 9割以上の利用者が肌質の改善を実感
オススメ度
総合評価
(4.5)

 

大手製薬会社のスキンケア化粧品
ヒフミドの特徴は、高品質なセラミドにあります。

化粧水やクリームには、私たちの肌に存在するセラミドと同じ構造を持つ「ヒト型セラミド」を採用しており、保水力の高さは抜群です。

 
大手製薬会社のスキンケア化粧品ですので、その効果に期待が持てますね。

基礎化粧品に加え、日焼け止め下地や可愛い水玉ポーチがついてくるのも嬉しいポイントです。

価格 商品構成 返金保証
980円(税込) メイク落とし・洗顔ソープ・保湿化粧水・クリーム・日焼け止め/化粧下地(7日分) あり
(30日)
  • 大手製薬会社のスキンケア化粧品
  • 「ヒト型セラミド」を採用した高い保水力
  • 980円の低価格でお試しできる
オススメ度
総合評価
(4.2)