【失敗しない!】乾燥肌に効くオールインワンゲルの選び方は?

オールインワンゲル,乾燥肌

お肌のコンディションを保つためには、いくつものスキンケア用品が必要になりますね。

水分も油分も栄養も、すべてを十分にお肌に与えてあげる必要があります。

 
化粧水、乳液、クリーム、美容液など…美肌のため!とは思っても、正直お金も手間も大変だと思いませんか?

そんなお悩みを解決してくれるのが、オールインワンゲルです。

 
手間いらずの簡単スキンケアの方法として、注目を集めています。

ただし、オールインワンゲルなら何でもOK、と思ったらいけません。

 
特に「乾燥肌」でお悩みの場合、正しいオールインワン選びが重要です。

具体的にどんな点に気を付けて選べばいいのかを、わかりやすく紹介します。

 
厳選したおすすめゲルもあわせて紹介していますので、乾燥肌が気になる方はぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

オールインワンゲルってどんなもの?

オールインワンゲル

まずはオールインワンゲルの基礎知識から。

オールインワンゲルとはどんなアイテムなのか、特徴やメリットを紹介します。

1つで何役もこなせるのはなぜ?

オールインワンゲルとは、たった1つで複数のスキンケアアイテムの機能を持った化粧品のことです。

保湿に必要な水分と油分を、高分子ポリマーでゲル状にまとめていて、化粧水や乳液、クリーム、美容液などの機能をこれ1つで補えます。

 
スキンケアに必要な成分は、水分だけではありません。

化粧水や水溶性の美容成分であっても、油分で「フタ」をしてあげなければ肌からどんどん蒸発するため、効果は半減してしまいます。

 
水分や美容成分をお肌に浸透させるには、油分もプラスする必要があるのですね。

しかし水溶性の美容成分は、化粧水に含まれているケースがほとんどです。

 
そのため化粧水のあとに乳液やクリームが必要になるのですが、オールインワンゲルでは、水分だけでなく油分も一緒にゲル化しています。

水分も油分も美容成分もひとまとめにすることで、ゲルだけでも保湿に必要なスキンケアが行えるようにできているのです。

オールインワンゲルのメリットは?

1つで何役もこなしてくれるオールインワンゲルには、たくさんのメリットがあります。

なんといっても、最大の魅力は時短でしょう。

 
化粧水→美容液→乳液→クリーム と、全てを1つずつ使用していくのは、正直めんどうですよね。

忙しい朝やクタクタの夜など、スキンケアにかける時間確保も大変だったりしませんか?

 
一度の使用で全てのケアを済ませられるのが、オールインワンならではのメリットです。

またオールインワンゲルのメリットは、時短だけではありません。

 
たった1つに「化粧水・美容液・乳液・クリーム」の機能が含まれているため、価格面でも非常にお得です。

全てを単品でそろえていくよりも、オールインワンゲルの方が圧倒的に安くなります。

 
さらに、最近のオールインワンゲルはラインナップも豊富になってきました。

美白ケアやエイジングケア、ニキビケアなど、目的に合わせた成分が追加されている製品も少なくありません。

 
基本的なスキンケアだけでなく、肌トラブルのケアもたった1つで済ませられます。

時間も手間も費用も節約できる「コスパの良さ」が、オールインワンゲルならではの特徴であり、メリットなのです。

乾燥肌は気を付けて!オールインワンゲルの落とし穴とは?

さて、良いことばかりに見えるオールインワンゲルですが、全てが1つになっていることにはデメリットもあることを忘れてはいけません。

それは、「配合バランスを変えられない」ことです。

 
オールインワンゲルでは、水分・油分・美容成分などの比率があらかじめ決められています。

化粧水などを単品で使用するよりも、自分の肌質に合わせてカスタマイズしにくいのです。

 
だからこそ、どのオールインワンゲルを選ぶかがとにかく重要になります。

自分の肌にとってベストなオールインワンゲルを選ばなければ、肌トラブルを招いてしまう可能性もあることを知っておいてください。

 
例えば乾燥肌でお悩みの人の場合、サラッとしたテクスチャー製品では、保湿力が足りない場合が多くあります。

また乾燥によって敏感肌になっていると、添加物が刺激になり赤みやかゆみなどが出る可能性もあるので注意が必要です。

 
オールインワンゲルは、メリットも多く非常に便利なスキンケアアイテムです。

1つで複数のスキンケアを済ませられてしまうからこそ、自分の肌に合わせた製品を選ばなければなりません。

知っておきたい、オールインワンゲルの色々な使い方

オールインワンゲル,使い方

たった1つで何役もこなしてくれる、頼もしいオールインワンゲル。

その効果をもっと引き出すための、効果的な使い方があるのをご存知ですか?

オールインワンゲルのコスパをさらに高める裏技を紹介します。

お気に入りの美容液と併用

美白やエイジングケアなどの場合、「この製品がいい!」というお気に入りをお持ちの人もいるでしょう。

オールインワンゲルだからといって、お気に入りアイテムの使用を諦める必要はありません。

 
せっかく自分のお肌に合っているアイテムならば、オールインワンゲルと併用して使うこともできます。

ただし、使用する順番には注意が必要です。

 
美容液と併用するなら、オールインワンゲルが「後」、クリームと併用するなら、オールインワンゲルを「先」に使ってください。

この順番を間違えてしまうと、効果は大幅にダウンしてしまいます。

 
水分→油分の順番になるように使用してくださいね。

入浴中のパックに

バスタイムでボディケアを行う人もいますよね。

せっかくなら、スキンケアも済ませてしまいませんか?

 
実は、入浴中はスキンケアにはぴったりのタイミング。

体が温まり毛穴が開いている状態のほうが、保湿成分や美容成分が肌の奥まで浸透しやすいからです。

 
化粧水や水溶性美容液の場合は、蒸発を防ぐために油分が必要ですが、オールインワンゲルならひとつでOK!

ゲルでマッサージを行えば、小顔効果や血色改善効果も期待できますよ。

顔以外にも使える!

オールインワンゲルは、顔だけでなく全身に使用することもできます。

女性の場合、首やデコルテ、手元などに年齢が出やすいと言われますよね。

 
紫外線の影響も受けやすく、ファンデーションでも隠しにくい部分です。

「ハンドクリームやボディクリームでは不十分だけど、フェイス用の高級化粧品を使うのはもったいない。」

 
そんな葛藤がある人は、ぜひオールインワンゲルを試してみてください。

単品で必要な基礎化粧品を購入するよりもコスパ抜群ですから、ボディの気になる部分にも気軽に使えます。

 
フェイスケアのついでに、気になる部分も一緒にケアしちゃいましょう。

乾燥肌の人は必見!オールインワンゲルの選び方は?

オールインワンゲル,選び方

「夏はいいけど、冬はオールインワンでは足りない」という声を聞いたことがあるかもしれませんね。

性質上、オールインワンゲルは配合バランスをカスタマイズすることができません。

 
乾燥でお悩みの場合は、ゲル選びがとにかく大切。

乾燥肌の人が満足できるオールインワンゲル選びのポイントを紹介しましょう。

ポイント1:保湿効果の高いものを選ぶ

ゲルといっても、そのテクスチャーはさまざまです。

ほとんど液体のようなものから、ボテッとした重めのものもあります。

 
乾燥肌でお悩みの人には、サラサラしたテクスチャーの製品はあまりおすすめできません。

ゲルの性質上、重めのテクスチャーのほうが水分や美容成分などを多く含んでいます。

 
手にとっても形を保てる程度の硬さや重さのあるゲルのほうが、蒸発しにくく肌の乾燥には適しているのです。

また、保湿効果の高い成分も一緒に含まれていると、なおベターです。

 
保湿力の高い成分としては、こちらの成分に注目したいところです。

保湿効果の高い成分
  • セラミド(ヒト型セラミドが特におすすめ)
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • スクワラン

 
製品の原材料表示をよく見てみましょう。

原材料表示は、配合率が多いものから順に記載されています。

 
いま紹介した成分が先に表示されているほど、保湿成分が多く含まれている証。

商品選びの際の参考にしてみてくださいね。

ポイント2:自分に必要な成分を取り入れよう

大人の肌トラブルの多くは、乾燥が原因だと言われています。

シミやシワ、肌のくすみ、大人ニキビなどが代表的でしょう。

 
乾燥した肌ではバリア機能が低下し、ターンオーバーサイクルが乱れることで、ニキビやくすみ、テカリなどを招きます。

肌トラブルの改善には保湿が大前提ではありますが、それにプラスしてお悩み別の有効成分が配合されたゲルを選ぶのも良いでしょう。

 
お肌の悩みを解決する有効成分には、以下のようなものがあります。

美白に効果的な有効成分
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • メラニンの生成を抑え、還元・排出する

シワ・たるみに効果的な有効成分
  • コエンザイムQ10
  • レチノール
  • フラーレン
  • 抗酸化作用があり、コラーゲンの生成を助ける

ニキビに効果的な有効成分
  • サリチル酸
  • グリチルリチン酸
  • 硫黄
  • 殺菌効果・消炎効果があり角質を柔らかくする

各成分の作用や仕組みをある程度理解することで、どんな成分の組み合わせが有効なのかを知っておきましょう。

肌のお悩みに適したオールインワンゲル選びの役に立ちますよ。

ポイント3:添加物の少ないものを選ぶ

ゲルの品質を保つために、さまざまな添加物が含まれている製品もあります。

しかし乾燥によってバリア機能が低下した肌にとっては、有害な刺激となってしまうことも予想できますね。

できるだけ防腐剤や保存料フリーなどの添加物を含まない、低刺激なものを選びたいところです。 

 

この記事のまとめ

  • オールインワンゲルは水分・油分・美容成分が1つにまとまっている
  • ゲルを使うと時間や手間が少なくなり、コスパが高いのがメリット
  • 顔だけでなく全身にも使えるので、お得
  • 入浴中に使用すると、美容成分が浸透しやすく、より効果的
  • 乾燥肌の場合は、重めのテクスチャーで低刺激のゲルがおすすめ
  • 美白・ニキビなど、肌トラブルに有効な成分が追加されたゲルもある