ほうれい線への効果は?メソセラピー(脂肪溶解注射)のメリット・デメリット

メソセラピーのほうれい線への効果

ほうれい線は加齢や乾燥、ストレス、日々の過ごし方などで、シワが深くなって年齢と共に目立つようになってきてしまうものです。

ほうれい線が目立つだけでとても老けて見えてしまいますので、皆さんが一番ケアしたいところの一つでもあるのではないでしょうか。

 
あまり聞きなれない言葉かもしれませんが「メソセラピー」という治療法をご存知でしょうか?メスを使わない脂肪吸引として、ダイエットに励む女性たちから大きな注目を集めています。

このメソセラピーが、ほうれい線をはじめとする年齢肌トラブルにも効果があると言われています。

 
ここでは、メソセラピーの特徴やほうれい線へ効果、リスクや副作用について見ていきたいと思います。

メソセラピーってどんな美容治療?

メソセラピーとは

ほうれい線を目立たなくする方法はいくつかありますが、その一つとして「メソセラピー」という方法があります。

これは、脂肪溶解注射と言われており、薬剤を用いて皮下脂肪を溶かす治療法です。

 
そのため、メソセラピーは、体の部分痩せやセルライト、ほうれい線、しわやたるみ、二重あごなどの解消に効果を発揮します。

メソセラピーでは、脂肪溶解剤であるフォスファチジルコリンやサポニンなどを主成分としています。

 
この主成分によって効き目は異なり、注射する部位や程度、状態によって、注入剤は決定されます。

フォスファチジルコリンは、高脂血症の治療にも使われるFDA認可の薬剤ですが、脂肪を溶かす際に腫れや熱、痛みを伴いやすいといった特徴があります。

 
対して、顔の輪郭などで用いられるサポニンは、脂肪を溶かす際に炎症が起こらないため、腫れや痛みといった症状出ないと言われています。

クリニックによって使用される薬剤は異なりますので、施術を受ける場合はしっかりと確認しておくことをお勧めいたします。

顔、ほうれい線への効果

気になる箇所の脂肪細胞にピンポイントで注射するため、効率良く脂肪が減少して小顔効果を実感しやすいと言えます。

注射が可能な顔の主なパーツは、頬やあご下、ほうれい線上などです。

 
ほうれい線の場合は、その原因となる鼻横から頬骨にかけてある頬の脂肪に注射することになります。人によって注入量は異なりますが、多くの場合は片頬1~3ccほどです。

1回で完了することもありますが、週に一度、トータル4回前後の施術によって確かな効果を得ることができるでしょう。

 
メソセラピーを受けることで、ほうれい線は薄くなり、今後のたるみの予防にも繋がります。

メソセラピーの特徴・メリット

メソセラピーのメリット

リバウンドが少ない

脂肪吸引のように、脂肪そのものにアプローチしますので、元の状態にもどるリスクは少ないと言えます。

ただし、極端に太ってしまえば、再び脂肪がついてしまいますので、その点は注意しましょう。

短い治療時間

注射を打つだけですので、5~10分ほどで施術は終わります。体はもちろん、精神的な負担も少ないのが、メソセラピーの人気の理由です。

仕上がりが自然

脂肪吸引では、脂肪が無くなっても凸凹が目立つというデメリットがありました。

しかしメソセラピーでは、凸凹も発生せず、自然な仕上がりになります。

参考

ほうれい線への脂肪溶解注射ガーデンクリニック

メソセラピーの副作用・デメリットを教えて!

メソセラピーのデメリット

メスなどを顔に入れるのは抵抗がある人も多いと思いますが、注射ですので、傷跡が残る心配もありませんし、簡単にしわやほうれい線や二重あごまで解消してくれるのなら試してみたいと思った方もいらっしゃると思います。

しかし、良いことばかりではなく、体内に薬を注入するのですから、副作用やデメリットもあります。

副作用とダウンタイム

顔は皮膚が薄くデリケートなため、メソセラピーを行うことで、腫れが出やすく目立ってしまう場合があります。

現在は腫れないメソセラピーを謳っているクリニックもありますが、腫れない施術は効果が薄いという意見もあります。

 
体調によっては、注射直後に悪心を感じるケースもあります。

他にも内出血やあざ、痛み、熱感、かゆみなどの症状が出るケースもあるなど、顔のメソセラピーではこうした副作用やダウンタイムのリスクが気になるところです。

即効性はない

効果が現れるのは、施術後3週間ほど経過してからです。

その間に腫れなどのダウンタイムがありますので、念のため施術を受ける際は、長期休暇を利用するなど休みが確保しやすい環境を準備しておく必要があるでしょう。

注射の痛み

針を刺す痛みの他、脂肪細胞を溶かす際に発生するピリピリとした痛みや、筋肉痛に似た痛みを感じます。

生活に支障が出るほどの痛みではありませんが、複数箇所を注射する場合は覚悟がいるかもしれません。

アレルギーの可能性

メソセラピーの主成分であるフォスファチジルコリンには、大豆レシチンという成分が含まれています。

そのため、大豆アレルギーをお持ちの場合は、治療することができないといされています。

 
また、気づかずに注射することで、アレルギー症状が起こる場合があります。

高額な治療費

メソセラピーを受けるにはそれなりの費用も必要です。

施術を受ける部分によっても料金は変わってきますし、クリニックによっても料金形態が複雑ですので詳しくは書けませんが、やはり数万円かかります。

しかも、1箇所ではなく数箇所あれば、それ以上に費用が掛かってきます。

 
安い料金でメソセラピーが受けられるクリニックもありますが、価格だけで飛びついてしまうのは危険です。

安い所にはそれなりの理由が隠れている可能性もありますので、口コミを参考にするなどして、客観的に判断するようにしましょう。

 
もちろんメソセラピーをすれば、しわやたるみ、ほうれい線などの解消に効果はあります。

しかし普段のケアをしっかりしないと結局またメソセラピーを受けなくてはいけないということにもなりますし、お肌の状態を良い状態に保つには普段のスキンケアは欠かせません。

 
ということで、化粧水や美容液、クリームなどによる毎日のスキンケアが必要となってきます。

セラミドなどの保湿成分が配合した化粧品は、お肌の内側からふっくらと潤いますので、ほうれい線改善のサポートに効果的です。

 
余分にメソセラピーで費用をかけずに毎日のスキンケアの中でしわやたるみ、ほうれい線の改善をしていこうというのも一つの手ですね。

もちろん、いくら注射と言っても美容整形には抵抗があるという方もいらっしゃるでしょう。

そういう方は、地道にスキンケア化粧品でほうれい線対策をする方がよいと思います。

 
ご自身の懐具合や、美容整形の好き嫌いで、どちらにするかご判断されるとよいと思います。

  ほうれい線を消す化粧品、おすすめは?

 

この記事のまとめ

  • メソセラピーは、薬剤を注射し脂肪を溶かして体や顔の部分痩せができる美容治療
  • 頬に注射することでほうれい線の解消やたるみ予防が可能となる
  • 治療時間がはやく、メスを使わない施術であるため、気軽にできる点が人気
  • 施術後の腫れや痛み、熱感などダウンタイムが気になるところ
  • 費用も高いため、美容整形に抵抗がある方はスキンケア化粧品でのケアがおすすめ!