ヒアルロン酸注射の効果とリスク・デメリットは?

ヒアルロン注射のリスク

「ほうれい線があると老けて見える」というのは、すでに女性のあいだでは常識です。

そうしたことから、ほうれい線を消して若々しい美肌をつくるために「ヒアルロン酸注射」というプチ整形を施す方法があります。

 
このヒアルロン酸はもともと人間の体内に存在する物質ですが、プチ整形ではフィラーと呼ばれるヒアルロン酸の充填剤を注射します。

いわば、肌に直接的に製剤を注入するわけですが、気になるのはほうれい線への効果とリスク・デメリットですよね。

 
ここでは、ほうれい線治療におけるヒアルロン酸の効果やリスクについて見ていきたいと思います。

ヒアルロン酸についてもっと詳しく!

今やヒアルロン酸は、代表的な保湿成分として化粧水など美容面では欠かせない成分となりましたよね。

先にも述べた通り、ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分で、無数の細胞を繋ぎ止める役割を担っており、皮膚や筋肉、軟骨を構成する主成分となっています。

 
また、眼球の硝子体はゼリー状の半流動体なのですが、その99%を水分が占めており、これだけの水分をキープできるのはヒアルロン酸のおかげなのです。

このことから、ヒアルロン酸には優れた保湿力・保水力を備えていることがお分かりいただけたかと思います。

お肌におけるヒアルロン酸注射の役割

ヒアルロン酸で肌ハリアップ

皮膚の真皮層には、ヒアルロン酸の他、コラーゲンやエラスチンといったハリや弾力を与える美容成分が含まれています。

保湿性・保水性の高いヒアルロン酸は、真皮全体に潤いを与える役割があり、コラーゲンやエラスチンによる柔軟性・弾力性を維持し、お肌に若々しいハリをもたらします。

 
これら成分は年齢と共に減少していきますので、そのサインとしてしわやほうれい線がお肌に現れるようになります。

ヒアルロン酸注射とは、その失われたヒアルロン酸を外から注入してあげることで、真皮層が潤って膨らみを取り戻し、ふっくらとハリのあるお肌へと導いてくれるというものなのです。

ヒアルロン酸注射の流れ

(1)カウンセリング

美容外科等では、まず医師とカウンセリングを行い、処置を希望するほうれい線の状態を確認してもらいます。

そこで、注入箇所や使用するヒアルロン酸の量などを提案してもらいます。

(2)施術

シワの溝にヒアルロン酸を注入します。所要時間は5~10分程度です。

赤みが出る場合は、しばらく患部を冷却します。通院の必要はなく、術後はメイクすることも可能です。

ヒアルロン酸注射のメリット・効果

ヒアルロン酸注射のメリット

ヒアルロン酸注射は、顔のしわ取り以外にも、乾燥肌の解消やバストアップ、ひざの関節炎やドライアイの改善など様々な用途で用いられています。

美容面ではとても人気のプチ整形となっていますが、そのメリットはいったい何なのでしょうか。

体への負担が少ない

メスを使用した外科手術の場合は、傷が目立たなくなるまで時間を要しますし、その後のケアにも手間がかかります。

ヒアルロン酸注射はメスを使いませんので、体や心理的な負担が少ない点が大きなメリットです。

 
注射をわずか10分程度で処置が完了する手軽さも人気の理由です。

安全性が高い

外から成分を体内に注入するため、気になるのは安全性ですよね。

ヒアルロン酸はお肌にもともと存在する成分ですので、アレルギーの心配がほとんどなく、安全性の高い美容治療となっています。

効果を実感しやすい

ヒアルロン酸注射は、気になる患部に直接注入するので、効果をすぐに実感することができます。

また、注入中も鏡を見ながら量を調整することができますので、希望通りの仕上がりが期待できます。

ヒアルロン酸注射のリスク・デメリット

ヒアルロン酸注射のデメリット

ほうれい線除去のためのヒアルロン酸注射には、細菌の感染や製剤の皮下組織化、アレルギー反応、内出血、未熟な施術者によるミスといったリスクがあります。

細菌の感染

細菌の感染とは、肌に直接注入するヒアルロン酸製剤そのものの管理が不良だったり、使用する注射器の消毒が徹底されていなかったりするなどが原因で起こるものです。

もし細菌に感染した場合、腫れや炎症などが起こるケースが見られます。

製剤の皮下組織化

ヒアルロン酸注射をした場合、製剤が皮下組織化を起こすこともあります。

皮下組織化が起こると肌に望まないボコボコやシコリができる可能性があり、ほうれい線を消すつもりが却って逆効果となることもあるのです。

 
また、皮下組織化が起こらなかったとしても、ヒアルロン酸注射を繰り返すことによって、肌に注射針の穴痕が残って肌がたるんだりするケースも見られます。

アレルギーや内出血のリスク

先ほど、ヒアルロン酸はアレルギーのリスクが少ないとお話しましたが、外から強制的に注入する訳ですので、アレルギーが絶対に起こらないと断定できるものではありません。

また、数カ所に分けての注入で肌に内出血が起こる可能性もあります。

2~3か月しか持たない

即効性はありますが、次第にヒアルロン酸は体内に吸収されますので、効果は2~3か月しか持ちません。(個人差あり)

持続させるためには、定期的な注射が必要になります。

施術者の腕による

特に怖いと感じられるのが未熟な施術者による注射のリスクとデメリットです。

ヒアルロン酸注射には決まった用い方がないため、注入する量や箇所は施術者の判断に任せられます。

 
ほうれい線の長さや太さには個人差がありますから、人によって注入量や注入箇所、注入回数は施術者の知識や経験で決めることになります。

そのため未熟な施術者の場合は適切な判断ができず満足度の低い仕上がりになる場合もあるのです。

 
つまり、どの程度ほうれい線が消えて目立たなくなるかは、施術者の腕次第ということになるわけです。

せっかく高い費用を支払い、痛い思いをしてヒアルロン酸注射をしたのに、ほうれい線が消えるどころか口の周辺がボコボコになったり、時にはヒアルロン酸が流れて別の場所に移動してしまったりするのでは全く無意味というよりほかはありません。

 
そんなリスクやデメリットがあるなら、品質の良い化粧品を使用してスキンケアをしたほうが効率的だという考えの人が増えているのも頷ける話ですね。

  ほうれい線を消す化粧品、おすすめは?

 

この記事のまとめ

  • ヒアルロン酸はもともとお肌に存在する成分
  • 保湿・保水効果があり、コラーゲンやエラスチンと一緒にお肌の柔軟性やハリを保っている
  • ヒアルロン酸注射は体への負担が少なく手軽にできる人気のシワ治療
  • 即効性はあるが、効果は2~3か月と一時的なもの
  • 細菌感染や製剤による皮下組織化などのリスクもある
  • 希望通りの状態になるかは施術者の腕にかかってくる