この美容成分がすごい!保湿で本当に必要な成分は?

保湿対策でモチ肌に

美容成分には、保湿や美白・エイジングケアなど、様々な目的を持つものがあります。

今回はその中でも、肌を乾燥から守る「保湿成分」について、詳しく見ていきましょう。

肌の乾燥は美肌の大敵!

肌の乾燥が気になる女性

肌の乾燥は、肌トラブルの大元と言ってよいくらいの「美肌の大敵」です。

肌はなぜ乾燥し、それによってどんなトラブルが生じるのでしょうか?

肌が乾燥する原因は?

肌が乾燥する原因には、不適切なスキンケア、紫外線、食生活の偏り、生活習慣の乱れ、肌質、加齢など、様々なものがあります。

この中でも大きな原因の一つが「不適切なスキンケア」です。

 
男性に乾燥肌が少ないのは、女性よりも皮膚が厚いこともありますが、「化粧をしない」ということが大きな理由です。

男性はメイクをしないので、クレンジングでメイク落としをする必要がありません。

 
毛穴のことなどあまり気にしないので、毛穴の汚れを落とそうと一生懸命洗顔することもありません。

女性はメイクや「お手入れ」のために肌をいじることが多く、その方法が不適切だと肌のバリア機能が徐々に低下して、肌を乾燥させることになります。

 
洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使用したり、その際にゴシゴシと洗いすぎてしまうのは、必要な角質をはがしすぎてしまうため、乾燥肌を招く大きな原因になります。

このような乾燥リスクを抱えている女性のスキンケアでは、「保湿」が大きなテーマになります。

 
肌の状態に合わせた適切な保湿によって、肌はバリア機能を高め、本来の美しさを取り戻します。

乾燥が原因で起こる肌トラブル

肌の乾燥が原因で起こるトラブルには、くすみ、こじわ、毛穴の目立ち、ニキビなどがあります。

また乾燥すると肌のバリア機能が低下するので、外部からの刺激に敏感になって肌荒れを起こしやすくなり、シミもできやすくなります。

 
肌の透明感は角質層が潤っていることで生まれるので、乾燥すると灰色がかったくすみが目立つようになります。

角質は乾燥すると縮んで硬くなるので、毛穴が引っ張られて目立つ、小じわができるなどのトラブルが生じます。

 
また肌は乾燥するとターンオーバーが早まり、どんどん角質を作る性質があります。

それによって角質のくず(垢)も量産され、毛穴詰まりによるニキビができやすくなり、肌はポロポロと剥がれる角質で粉を吹いたような状態になります。

年齢肌の原因にも!

乾燥肌は長期的に見れば、肌の老化を早める要因になります。

乾燥してバリア機能が低下すると紫外線が侵入しやすくなり、それによって真皮層で肌のハリを作っている、コラーゲンやエラスチンが劣化します。

 
コラーゲンやエラスチンが劣化・減少すると肌のハリが失われて、たるみやしわの原因になります。

表皮層でも紫外線はメラノサイトを刺激します。

 
若いころの乾燥肌の期間が長い人ほど、将来シミ(老人性色素班)がたくさん現れるリスクが大きいと言えます。

肌の乾燥を防ぐ成分は?

肌の乾燥を防ぐ成分

保湿剤として化粧品に配合される成分は、人の肌に元々ある保湿成分に注目して、それに近い成分が利用されることが多いのが特徴です。

それらはどんな成分で、どのような効果があるのでしょうか?

コラーゲン・エラスチン

コラーゲンとエラスチンは、肌の真皮層で合成されるタンパク質で、肌にハリと柔らかさを与える重要な要素です。

化粧品に配合されるコラーゲンやエラスチンは、真皮層まで浸透することはなく、角質層で水分をとらえて肌を乾燥から守る保湿成分です。

 
保湿力が高く、乾燥を防ぐ効果が優れた成分ですが、真皮層まで届かない限りは、老化が原因のたるみや深いシワを改善することはできません。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は水分を抱える力が大きいムコ多糖体と呼ばれるアミノ酸化合物です。

真皮層で作られる他、角質細胞内の天然保湿成分(NMF)の材料でもあります。

 
化粧品に配合されたヒアルロン酸は、真皮層には届かず、角質層で保湿成分として働きます。

ただし、角質細胞内に取りこまれて天然保湿成分を増やすのではなく、角質層の表面で水分を抱える働きです。

 
ヒアルロン酸は分子量が大きいので、角質細胞の中まで入り込むことはできません。

セラミド

セラミドは角質層にある細胞間脂質の50%を占める重要な保湿成分です。

細胞間脂質は、油性のセラミドの層と水分の層が何重にも重なる「ラメラ構造」と呼ばれる層構造になっています。

 
化粧品に配合されたセラミドが、細胞間脂質のラメラ構造に取り入れられるわけではありませんが、肌の表面で保湿剤として働きます。

肌への親和性が高く、アレルギーなどをひき起こすことがほとんどない、優れた保湿成分です。

スクワラン

スクワランは人の皮脂にも含まれている油性成分です。

毛穴から分泌される皮脂は、汗と混じり合って天然の保湿クリームである皮脂膜を作ります。

 
皮脂膜は肌の最も外側のバリア層で、水分の蒸散を防ぐとともに、外部から刺激物質が侵入するのを防ぐ働きがあります。

化粧品に含まれるスクワランは、皮脂に馴染みやすく、皮脂膜の働きを助けて肌を乾燥から守る作用があります。

「美容・保湿成分」の関連記事

下記では色々な美容成分・保湿成分について紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

+αで取り入れたい!若々しい肌を保つ美容成分は?

プラスアルファの美容成分

乾燥ダメージのない潤った肌は十分に美しいのですが、美白や肌ハリ、ニキビ対策など、美容の目的はそれだけではありませんね。

保湿成分の他に、取り入れたい美容成分にはどのようなものがあるでしょうか?

ハイドロキノン

皮膚科でシミの治療などに用いられる美白成分で、化粧品には2%までの配合が認められています。

メラニンの生成に必要な酵素チロシナーゼの働きを抑制し、角層にあるメラニンを漂白する効果があります。

 
美白効果が高い成分ですが、肌への刺激も強いので、肌の乾燥が進みバリア機能が低下している時は、使用をひかえる必要があります。

プラセンタ

プラセンタは「胎盤」という意味で、成分名ではありません。

化粧品やサプリメントに配合されるプラセンタは、豚や馬の胎盤からエタノールを使って抽出した「胎盤エキス」です。

 
含まれている成分は、コラーゲンやヒアルロン酸のような単一成分ではなく、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど多くの成分が含まれています。

プラセンタエキスは、厚生労働省が認可した医薬部外品の美容成分で、メラニンの生成を抑制する美白効果が認められています。

 
プラセンタエキスには様々な成分が含まれているので、期待される美容効果も様々ですが、その反面、肌が敏感な人はその中の特定の成分に過敏に反応する可能性があります。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、化学的に不安定なビタミンCを、肌の中で有効に作用するように改良したものです。

抗酸化作用、メラニン生成の抑制、できたメラニン色素の漂白など、多くの美容効果があります。

 
乾燥肌には刺激が強い場合があり注意が必要ですが、美白ケアにもエイジングケアにも役立つ成分です。

スキンケアは保湿が基本で、美容成分の多くも保湿を目的にしています。その中で保湿のために本当に必要な成分は何かを解説しました。

 
プラスαの美容成分も含めて、化粧品選びの参考にしてください。

  保湿化粧水・クリームのおすすめは?