美白成分まとめました!

美白に効果的な美容成分まとめ



あの成分は美白によいとか、この化粧品には美白に効果的な○○が多く配合されているとか、言葉ではよく聞いたりしますが、どんな成分の何が美容によくて、その根拠は何なのか、意外と知らない人も多いのではないでしょうか。


美白に効果的な成分の中身を知ることで、自分のお肌や症状にあった化粧品を選ぶこともできますし、それが含まれる食事の工夫もできます。

あるいは、「これは避けたほうがいい」というものもあるかもしれません。そんな美白のための美容成分については細かくまとめてみました。


美白成分について



化粧品や食品に含まれる美白成分にはさまざまなものがあります。

ここではそれらについて代表的なものを解説していきます。

ハイドロキノン

「ハイドロ=hydro=水素」という意味もあるように、非常に強力な漂白作用を持つ成分です。

美容皮膚科で処方される薬にも含まれる成分だけあって、その威力は絶大です。ハイドロキノンの美白効果はシミ予防に必須な「アルブチン」(後で述べます)の約100倍といわれています。


当然効果が強いということは刺激も強いので、市販の化粧品でハイドロキノンが含まれるものでもその配合割合は1~2.5%程度。医師の処方があって初めて4%の高濃度の塗り薬をもらうことができます。

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニンを作り出すメラノサイトという細胞そのものを減らして、メラニン発生を抑制します。


また、シミそのものを薄くする効果もあるため、美白にとっては直接的に作用します。即効性があり、効果を感じるまでの時間も短く、「使っている」という実感が得られます。

効果があるのはシミやそばかす、ニキビ跡などでほくろやあざなどには効果がありません。効果が強い分肌への刺激もありますので、医師の処方によらない高濃度(4%以上)の化粧品はたとえそれが謳われていたとしても避けていただいたほうが賢明です。

アルブチン

αアルブチンとβアルブチンがありますが、一般的にはβアルブチンのほうを指すことが多いです。シミの原因となるメラニンを生成する「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害します。

既にできているシミを漂白するというよりも、これからできるかもしれないシミの発生を予防することで美白につなげる役割を担います。副作用や刺激は少ないのですが、即効性はあまりなく、予防のためにこれらを肌に与えるということになります。

ビタミンC誘導体



化粧水などに多く含まれる成分です。ご存じのビタミンCは抗酸化作用が強く、酸化しない=黒くシミが残らないという美白効果があるのですが、ビタミンC自体が非常にもろいもので、せっかく吸収しても肌に行きわたる前に、すぐに体外に排出されてしまうという欠点があります。

ビタミンC誘導体はこのようなビタミンCの欠点を克服し、肌が吸収しやすいように加工されたビタミンCなのです。抗酸化作用のほか、アルブチンと同じようにチロシナーゼを阻害する効果も持ちます。

シミを消す効果と、メラニンによってシミができるのを予防する効果がありますが、シミだけではなくニキビについても大きな効果が期待できるのがビタミンC誘導体の特徴です。


ビタミンC誘導体には「水溶性」と「脂溶性」の2つの対応があり、水溶性はビタミンCの肌への浸透率、吸収率は脂溶性と比べて劣るものの、即効性はあり肌にもやさしいものになっています。脂溶性はその逆です。

ご自身の肌のコンディションやどのくらいの効果を期待するのかによって、両タイプを使い分けていただくことをお勧めします。

プラセンタ

動物由来の成分で、動物の胎盤から抽出します。以前は牛の胎盤を使うことが多かったのですが、BSE(狂牛病)問題が起きてからは使用が控えられ、現在は豚や鶏の胎盤が使われています。

新陳代謝や血行をよくして肌の細胞分裂(ターンオーバー)を促すほか、やはりチロシナーゼの働きを抑制し、シミができにくくする効果があります。


胎盤は赤ちゃんの生育に不可欠なお母さんの臓器ですので、それだけ細胞の働きを活発化させる成分が含まれているとイメージするとわかりやすいです。

シミの予防とターンオーバーの活性化による肌の新陳代謝にとって、トータルに美白を実現するために不可欠な成分になります。

トラネキサム酸



歯磨き粉の成分として広く知られていますが美白にも有効なものです。メラニンの生成を抑制するため通常のシミにも効果がありますが、何と言っても特徴的なのは「肝斑」に効果が絶大だということです。

肝斑とはシミの一種なのですが、原因がメラニン云々ではなく、女性ホルモンのバランスの乱れなど内分泌系の影響によるもので外科的な作用によって改善することは難しいものです。


「肝」とありますが、肝臓に異常があるというわけではなく、できたシミの形が肝臓に似ているためこう付けられました。

肝斑に効果的ですが、即効性というよりもそれを予防する働きが強く、通常のシミの対策ではきれいにならない場合、皮膚科に診察してもらい、肝斑かどうか調べてください。薬は皮膚科でも処方が可能です。

レチノイン酸

「ビタミンA誘導体」のことです。基本的にビタミンC誘導体と同じように、肌に吸収しやすく加工されたものと考えてください。

ビタミンAはターンオーバーや細胞の再生に効果がありますが、残念ながら市販の化粧品への配合は許可されていません。皮膚科や美容クリニックなどの医師の処方によって「薬」として入手することになります。

効果はその分大きく、シミやそばかすのほか、肝斑やニキビ跡にも有効です。原因を根本から治すため、それだけ強い威力があるのだと認識してください。

リノール酸



サラダ油に入っていることで知っている人もいらっしゃるかと思います。メラニンを作る酵素であるチロシナーゼの働きを抑制します。紅花油という植物性の油に多く含まれています。シミ予防だけではなく肝斑などにも効果があるとされています。

ただ、いくら美白に効果があるといっても、サラダ油を多く摂取したりすることはほかの健康面で明らかに有効ではありません。化粧品含有成分としてのリノール酸に注目して選ぶことが重要です。

ルシノール

モミの木から抽出した成分を加工したもので、メラニンの生成を阻害しシミができることを予防します。安全性も高く、美白作用もかなりあり効果的です。

カモミラET

ハーブのカモミールから抽出した成分です。メラニンの生成を抑制する働きがあります。

特徴は、ほかの成分がチロシナーゼの抑制に働くのに対して、これは「エンドリセン」という物質を抑制することでメラニンの生成を抑えます。どちらも、メラニンの生成の抑制には変わりありませんので、美白には効果的です。


なお、「カモミラET」とは花王の商標ですので、他社の場合は「カミツレエキス・カモミール」などと記されています。

そのほかにも美白成分はいろいろ存在しますが、上記の成分が含まれているものは美白に対して効果的だと解釈してください。

美白成分のタイプと選び方



上記の各美白成分でも触れられていますが、美白のためにどう作用するのかは「メラニンなど色素ができてしまうのを防ぐ」ものと「既にできてしまったものを白く(薄く)する」ものに分けられます。前者を「予防タイプ」といい、後者を「漂白・還元タイプ」といいます。

どちらが優れているなどの優劣はありませんが、予防タイプは「漢方薬」、漂白・還元タイプは「抗生物質」だとイメージするとわかりやすいです。


漂白・還元タイプは即効性があり効果も強いのですが、肌への刺激も強く敏感肌の人には逆効果です。ただ、抗生物質によってしか治らない病気(結核など)があるように、このタイプでしか対応できない肝斑などのシミもあります。

すぐにきれいにしたいという考えがあるのならば漂白・還元タイプの美白成分の入っているものを選び、あまり肌に負担をかけずにじっくりと美白を実現したいのであれば予防タイプのものを選びましょう。

実際の化粧品では予防タイプの成分が含まれるものの種類のほうが多いです。

注意したい美白成分



最後に美白効果があっても注意したい成分について触れます。「ロドデノール」という成分は、実際にそれが含まれている化粧品があるのですが、メラニン生成を防ぐために、チロシナーゼと結合し別の物質を作ることでシミを予防します。

ただし、この働きが強すぎると、メラニンそのものがまったく作られなくなります。メラニンは人間の肌の色を作ります。作られ過ぎでシミになるわけで、まったくないと色素欠乏の状況になり、それが「白斑」となって現れます。

通常の黒いシミがない代わりに白いシミができてしまい、結果的に美肌にはなりません。


いうまでもないことですが、適度な肌の色があることで紫外線などから守られます。それが真っ白だと有害なものを防ぐこともできなくなります。皮膚病などのリスクも増加してしまうのです。

美白効果が強いということはそれだけ過剰に吸収した場合の「白くなりすぎ」のリスクも大きいということに注意してください。

市販されている化粧品ならば(ロドデノール以外は)、それほど心配はいりませんが、医師の処方が必要な「薬」の美白成分(4%以上のハイドロキノンなど)は、それだけ効果が強烈ということですので、過剰に塗ったりすることは厳禁です。


化粧品を購入する際は、用法用量をよく確認してください。美白のつもりがかえって状態を悪化させてしまうかもしれません。ご注意をお願いします。


  保湿化粧水・クリームのおすすめは?



乾燥肌・保湿対策の化粧品、人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
美容雑誌でも話題の人気保湿化粧品です。乾燥・敏感肌の方に欠かせないセラミドもばっちり配合しています。美容成分の浸透力やコラーゲン生成力を高めた独自の特許技術にも注目です。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
洗顔後これ1本でOK!簡単に保湿ケアができるオールインワンゲルです。乾燥肌に嬉しいセラミドやアミノ酸の他、62種類もの美容成分を贅沢に配合しています。用量も多くコスパが良い点も魅力です。


アスタリフト
アスタリフト
コラーゲンやセラミド、アスタキサンチンなどの美容成分が配合された保湿化粧品です。富士フィルム独自の「ナノ技術」で肌への吸収・浸透力が各段にアップ。エイジングケアにもおすすめです。