30代主婦がつつむを試した感想について紹介いたします

敏感肌化粧水「つつむ」口コミ(2)

20代後半の主婦です。私は高校生のころから肌が荒れやすく、相性の悪い化粧品を使うとすぐに赤くなったり、ニキビができてしまいます

最近の悩みは乾燥による皮脂のテカリ。肌が乾燥しているのにテカテカするという厄介な肌質です。保湿しながらテカリを改善できる化粧品を探していましたが、ベタついたり、使用感が今一つだったり、保湿力が足りなかったり…と理想のものに出会えていません。



それに加えて2歳になる息子が私にべったりなので、僅かな時間しかスキンケアに費やすことができないという条件付き。化粧水、乳液、美容液、パックのフルコースなんて夢のまた夢なので、化粧水と乳液のシンプルなケアが理想です。

敏感肌・乾燥対策・時短ケアが可能な化粧品はないものかと探していたところ、ディセンシアの『つつむ』に出会ったのでした。

それぞれの使用感・テクスチャ

■つつむ ジェントル クレンジング


個別包装タイプなので、毎回開けるのが面倒でした。乳液のようなテクスチャーで、肌に乗せてクルクルさせるとオイルタイプのクレンジングを使っているような感覚に。

初めて使った時は、洗浄力がなさそうだからアイメイクだけリムーバーで落とさなきゃいけないかな…と思いましたが、ぬるま湯で洗い流すとウォータープルーフマスカラも綺麗に落ちて驚きました。

結構しつこく洗い流さないと肌に残っている感じがしますが、公式サイトの使用方法をよく確認してみると『洗いながす回数は5~6回』と書かれているではありませんか。あえてぬるぬるした感じを残す…ってことのようですね。

この後に洗顔石鹸で洗うので、たしかに問題はなさそうです。肌への摩擦を最小限にできるのも、肌に優しくてGOODです。


■つつむ ジェントル ウォッシュ


付属している洗顔ネットを使えば一瞬でモコモコに泡立ちます。軽くふんわりした泡だから肌への負担が少なさそうです。ただ、肌に乗せると泡がタラーッと垂れてきます…。泡立て方が下手なだけかもしれませんが、肌に密着する泡だったら洗いやすかったのにと思いました。

サッパリ系の洗顔が好きなので少し物足りなく感じましたが、洗った後も肌がしっとりしているので、潤いを奪わずに洗えているのかもしれません。洗顔料によってはピリピリしたり、赤くなることがある私ですが、こちらの石鹸はいつ使っても全く異常が見られませんでした。

洗い上がりはツルツルぷるぷるです。爽快感はないものの汚れがきちんと落ちているらしく、毛穴が目立たなくなりました。毛穴汚れが目立つとついついスクラブ入りの洗顔が使いたくなるのですが、こんな優しい泡で汚れがしっかり落ちるとは目から鱗です。


■つつむ ローションセラム E


トロミのある化粧水ですが、肌に残らずスーッと浸透します。これ単体だと保湿が足りない気がしますが、フェイスクリームとセットで使って威力を発揮する感じがします。

肌のコンディション次第で化粧水が肌に染みてしまうことがあるのですが、この化粧水は1度も染みたことがなく、むしろコンディションが整ってきたように思います。

他の化粧水と何が違うんだろう?と調べてみたところ、高浸透保湿成分『セラミド ナノ スフィア』や必須保湿成分『アミノコンプレックス』が配合されているとのこと。

さらに水分を蒸発させない為にエモリエントプール成分も入っているので、内側から潤うみたいです。なるほど、だから最近は肌が乾燥せず、皮脂が浮いてこないわけですね。


■つつむ フェイスクリーム


ぬるっとした感じがします。使用感はあまり好きではありません。しかもちょっとベタつくので、これは失敗かもしれないと思いました。が、すぐに落ち着くので問題なく化粧もできます。

膜が張っているような感じがあるものの、数日すると慣れて気にならなくなります。この膜によって肌を守られている感じがしますし、実際に肌荒れゼロの肌を維持できています。


塗ってすぐの感覚は微妙ですが、夜にたっぷり塗ると朝の洗顔時に肌がプルプルになっているので、効果はなかなかのものではないでしょうか。

配合成分を見てみると、分子が大きい人型セラミドをナノ化した『セラミドナノエマルション』が入っていました。浸透力に優れているセラミドなので、角質層までしっかり潤してくれるとのことです。乾燥が気になる目元や口元に重ねてつけると、プルプルに潤いますよ。


■つつむ ジェントル クリームウォッシュ
固形タイプのジェントル ウォッシュよりもこちらのほうが好きかもしれません。洗浄しているというよりも、保湿しているという感覚で、洗い流した後はしっとり潤っています。

■つつむ フェイスクリーム S1
ノーマルのフェイスクリームよりも着け心地がソフトな感じです。


■つつむ フェイスクリーム R1
つつむのフェイスクリームの中で一番好きです。『濃厚』という言葉がぴったりな潤い感で、朝からモチっとした弾力を実感しました。

■つつむ デイ モイスチャーヴェール
保湿ケアと紫外線対策を同時にできて、しかも肌が明るく見えるので大変気に入りました。もう少しカバー力があったら、ファンデーションを使わなくてもこれ1つで大丈夫なんですが。つつむからオールインワンファンデが出たら絶対に欲しいです。

つつむを試してみて得た効果



■肌の変化
生理前になるとニキビができることが多いのですが、つつむのお陰なのか一度も肌トラブルが起きていません。赤みもニキビもヒリヒリも全くない状態がこんなに長く続いたのは本当に久しぶりなので驚いています。肌の内側からしっとり潤っている感覚が1日中続いて、夜の洗顔後も肌がツルツルしています。

洗顔後にローションセラムEとフェイスクリームしか使っていない日が続いても肌の調子がずっと良いので、時短ケアでOKなところも嬉しいポイントです。美容液を使わなくても健やかな状態をキープできるなら、お財布にも優しいですよね。


■化粧ノリ


つつむでケアした後は肌がツルンと整っているから、メイクがしやすいです。時間が経ってもべたつかず、乾燥による皮脂の悩みがなくなりました。皮脂が浮いてくることがなくなったからか、1日経ってもファンデーションがほとんど崩れません。

BBクリームだけで過ごしていても、皮脂の分泌が盛んになると顔がテカテカしてくることがあったのですが、つつむを使い始めて数日経つ頃にはほとんど気にならなくなりました。

仕上がりが綺麗になっただけでなく、メイク直しの手間がなくなったのはかなり大きいです。今では化粧ポーチを持ち歩かず、リップだけをバッグに忍ばせています。

総評



『敏感肌向け』と謳っている化粧品でも肌が荒れてしまうことがよくあるので、つつむはどうだろう?と心配していました。全体的に使い心地が好みではなかったものの、効果は今まで使ってきた化粧品の中で一番かもしれません。

ヌメっとした感覚さえなければ最高なんですが…。使っている間に肌トラブルが全くなかったのが何よりの証拠だと思います。


皮脂汚れが詰まりにくくなったこと、乾燥を改善できたこと、乾燥による皮脂が気にならなくなったこと。この3つのメリットによってツルツル肌をキープできている感じがします。スキンケアを頑張ればたまご肌も夢じゃないような気がしてきました。

肌に優しいだけではなく、しっかり実感できるのがつつむのスゴイところです。

リピートするならローションセラム Eとフェイスクリームですね。値段もお手頃ですし、定期会員になったら10%割引が適用されるみたいなので、前向きに検討したいと思います。


 ディセンシア「つつむ」公式サイトへ



敏感肌に効く化粧品、人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
通常のセラミドの4倍もの浸透力を誇る「セラミドナノスフィア」を配合。保湿力と保水力が高まり、しっとりと潤い溢れるお肌を実現します。低刺激なのでバリア機能が低下した敏感なお肌にも安心して使用できます。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
これ一つで4ステップのケアができちゃうオールインワンゲルです。3種の高濃度セラミドが潤いと肌のバリア機能を高めてくれます。その他、プラセンタやヒアルロン酸などお肌に必要な栄養がギュッと詰まった1本です。


アスタリフト
アスタリフト
富士フィルム独自のナノ技術により誕生した「高密度Wヒト型ナノセラミド」を配合しています。肌への吸収・浸透力の高さは折り紙付き。他にはないプルプルなテクスチャーにも注目です。