敏感肌が注意すべきメイクとは?

敏感肌でも安心のメイク術&季節別ケア!



敏感肌になってしまうと、メイクの刺激が肌に負担をかけてしまうこともあります。そうならないためには、敏感肌のためのメイク術について理解しておくことも重要ですよね。

敏感肌対策でスキンケアに力を入れているものの、状態が良くならないという人もいます。その場合、普段使っているコスメに問題があるのかもしれません。


敏感肌のメイク術



敏感肌の場合、できればメイクをしないのが理想的です。避けたほうがいいコスメはいろいろありますが、ラメが入っているものは避けたほうがいいでしょう。ラメで肌をこすってしまうと、肌を削ってしまうことがあります。

それから、ナイロンが配合されているものも避けましょう。例えば、パウダーやアイシャドウ、ファンデーションにはナイロンが配合されているものもあるのですが、ナイロンは肌の水分を奪ってしまうため、敏感肌の人は避けたほうがいいですね。

また、メイクの仕方について考えることも大切です。ブラシで塗るタイプのものだと肌に刺激を与えてしまうので、できるだけブラシを使わないメイク術を身に付けましょう。

ファンデーションの選び方



中でもよく考えなければならないのがファンデーションについてです。ファンデーションといっても様々な種類がありますが、中には敏感肌に向かないものもあります。

ファンデーションを選ぶ際にカバー力で選んでいるという人も多いと思いますが、カバー力が強いものは肌への負担も大きいと考えたほうがいいでしょう。肌への負担が大きいと言われているのがクリームファンデーションやリキッドファンデーションです。


一般的なパウダーファンデーションと比較をした場合、肌に与える負担が大きいので、避けたほうがいいでしょう。これらの製品は油分でできているだけでなく添加物も多く、敏感肌には向きません。

肌の状態が良いということであればフェイスパウダーがおすすめですが、カバー力も求めているという場合はミネラルファンデーションを選択してみてはどうでしょうか?


ミネラルファンデーションは肌への負担が少ないもののカバー力もあります。

天然の鉱物でできているということもあり肌に優しく、石鹸で落とすことができるというのも魅力です。強いクレンジング剤を使う必要もないわけなので、ファンデーションが合わないと感じているのであれば、ミネラルファンデーションを試してみるといいですね。

それから、シリコンやポリマー、合成界面活性剤、防腐剤などが含まれていないものを選ぶことも大切です。ミネラルファンデーション以外を選ぶ場合は、こういったポイントも確認したほうがいいですね。


ラメの多いアイテムは避けましょう!



敏感肌である場合、ポイントメイク用のアイテムもラメが入っていないものを選んだほうがいいです。どうしてもラメが入ったものを使いたいという場合は、肌にこすりつけるのではなく指で軽く置くようにしましょう。

できるだけ肌に負担をかけないように心がけるのが敏感肌のためのメイク術です。

敏感肌の場合、軽い刺激も肌が負担に感じてしまうので注意しなければなりません。ファンデーションを塗るためのパフやブラシは柔らかいものを使うようにしましょう。

<関連記事>
コスメ・化粧品でほうれい線を消す!


敏感肌の方は季節に合わせたスキンケアを!



敏感肌である場合、季節が変わると肌質が変わってしまうこともあります。

そこで、季節に合わせたスキンケアについて考えてみましょう。

まず、春のスキンケアについてですが、春は花粉症の季節でもありますよね。花粉が肌に触れるとかゆみの原因になってしまうこともあるのですが、かくと肌が傷ついてしまうので注意が必要です。

それから、紫外線も強くなる季節なので、紫外線対策にも力を入れましょう。特に紫外線が強まるのは2月以降となっています。

夏のスキンケアでも紫外線対策が基本となりますが、それと同時に考えたいのがエアコン対策です。敏感肌の人はエアコンが効いた部屋で過ごすと肌の乾燥状態が悪化してしまうことがあります。

そうならないように保水や保湿に力を入れましょう。メイクの上から使える化粧水もいいのですが、メイク前に塗る下地にも保湿効果が高い製品があるので使ってみてはどうでしょうか。

<関連記事>
乾燥肌を解消してしっとり潤い肌を作る食べ物・レシピ



秋のスキンケアでも花粉に注意が必要です。秋はブタクサによる花粉被害が心配されるのですが、春とは飛んでいる花粉の種類が違うので、春に花粉症にならない人も気を付けなければなりません。

この季節は夏と同じスキンケアをしていると乾燥を感じてしまうこともあるので、保水・保湿には力を入れたほうがいいでしょう。

夏場はあまり湿度が低くありませんが、寒くなるにつれて湿度が下がり乾燥気味になります。普段はクリームを使っていないという人も多いかと思いますが、秋や冬にはクリームを使ってしっかり保湿するのがおすすめです。

特に難しいとされているのが、冬のスキンケアです。敏感肌の症状がひどくなる時期でもあるので、秋以上に保水と保湿に力を入れなければなりません。潤いがアップする保湿成分セラミドを配合した化粧品でしっかりとケアしてあげましょう。


肌の代謝をアップさせるためにマッサージを取り入れるのもいいですね。スキンケアのしすぎが敏感肌を招くこともあるので、自分の肌状態をチェックしながら正しいケアを取り入れましょう。

 敏感肌のためのおすすめ化粧水は?



敏感肌に効く化粧品、人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
通常のセラミドの4倍もの浸透力を誇る「セラミドナノスフィア」を配合。保湿力と保水力が高まり、しっとりと潤い溢れるお肌を実現します。低刺激なのでバリア機能が低下した敏感なお肌にも安心して使用できます。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
これ一つで4ステップのケアができちゃうオールインワンゲルです。3種の高濃度セラミドが潤いと肌のバリア機能を高めてくれます。その他、プラセンタやヒアルロン酸などお肌に必要な栄養がギュッと詰まった1本です。


アスタリフト
アスタリフト
富士フィルム独自のナノ技術により誕生した「高密度Wヒト型ナノセラミド」を配合しています。肌への吸収・浸透力の高さは折り紙付き。他にはないプルプルなテクスチャーにも注目です。