敏感肌の方におすすめの簡単レシピもご紹介!

敏感肌と相性の良い食べ物・悪い食べ物&肌質改善レシピ



敏感肌を改善させるためには、とにかくスキンケアに力を入れればいいと考えてしまう人もいるかもしれません。ですが、食べ物について考えることも非常に大切です。

私たちの体は毎日口にするものによって作られているわけなので、敏感肌にとって良い食べ物を取り入れ、悪い食べ物は避けるように心がけましょう。


×敏感肌に良くない食べ物

基本的に、敏感肌の改善には栄養バランスの整った食事が大切です。ラーメンや脂質の多いお肉、パスタが好物だという人も多いと思いますが、これらの食べ物は栄養バランスが取りにくいということを頭に入れておきましょう。

もちろん、全く食べてはいけないというわけではありませんが、野菜をプラスするなどして栄養バランスを整えましょう。


それから、血行が悪くなる食べ物も避けたほうがいいです。栄養バランスを取るために生野菜をたっぷり使ったサラダを取り入れているという人もいるかもしれませんが、生野菜のサラダを大量に食べ過ぎると体を冷やしてしまうことがあります。

冷たい飲み物も飲み過ぎないように注意しましょう。体が冷えて血行が悪くなるとせっかく食事から摂取した栄養素が体に運ばれにくくなってしまいます。

また、敏感肌の原因として肌の水分不足も挙げられるのですが、アルコールを分解する際にも水分が必要になってしまうため、お酒の飲みすぎは肌の水分不足を招きます。

<関連記事>
お肌の水分量を上げるためには?


〇敏感肌に良い食べ物

おすすめなのは野菜類です。かぼちゃやホウレンソウ、小松菜、ピーマン、春菊、チンゲン菜などにはビタミンCが豊富に含まれています。これらの緑黄色野菜や、1日に100g食べることを目標に献立を考えてみてはどうでしょうか?

それから、淡色野菜としてジャガイモ、白菜、もやし、サツマイモ、カブなども1日200gほど食べるように心がけましょう。ただ、先に紹介したように生野菜をたくさん食べると体を冷やす原因に繋がってしまいます。

野菜を食べる際には温野菜にして食べるといいですね。


また、脂身の多い肉は避けたほうがいいのですが、肉類を全く食べないというのも敏感肌によくありません。肉類にはタンパク質が含まれており、美肌作りには欠かせない栄養素です。脂身が少ない肉を選択したり、魚や卵、大豆製品や乳製品からもバランスよくタンパク質を摂取しましょう。


乾燥が気になるならセラミドがおすすめ



乾燥が気になる敏感肌の方は、セラミドを取り入れましょう。セラミドは高い保水力があり、肌の水分量をアップさせてくれる成分です。セラミドを含んでいる食材を取り入れれば、肌の乾燥を改善させることができるでしょう。

ですが、セラミドを含んでいる食材を適当に選べば敏感肌を改善する効果が期待できるわけではありません。大切なのは、フィトケミカルと呼ばれる成分を含んでいるかどうかです。

<関連記事>
潤い美容成分「セラミド」について

フィトケミカルとは、抗酸化作用や免疫力アップ、健康維持や改善に効果があると期待されている成分で、美容業界でも注目されています。

野菜や果物、豆、芋、海藻、お茶、ハーブなどに含まれているのですが、色の濃い食材に多く含まれているという特徴があるので、色の濃い食材を積極的に食べましょう。

中でもフィトケミカルがたくさん含まれているとしておすすめしたいのが、こんにゃくです。こんにゃくは低カロリー食材でもあるので、ダイエット中の人でも積極的に取り入れることができるでしょう。


美肌に嬉しいこんにゃくレシピ紹介!

こんにゃくが敏感肌に良いとしても、毎日食べるのは飽きてしまうという人もいるでしょう。

そこで、いくつか手軽にできるこんにゃくレシピを紹介します。


れんこんときんぴらの簡単おつまみ

①れんこんは皮をむいて薄く切り、こんにゃくは手でちぎってから水で洗っておきます。
②次にれんこんとこんにゃくをごま油で炒め、れんこんに火が通ったら醤油・みりん・砂糖・だし・いりごまで味をととのえて完成です。

氷こんにゃくの作り方

それから、お肉の代わりにつかえる「氷こんにゃく」と呼ばれるものがあります。これはまるでお肉のような食感のこんにゃくのことなのですが、とても簡単に作ることができるのです。

必要なものはこんにゃくのみ。こんにゃくを調理しやすい大きさにカットしたら保存容器に入れて冷凍庫に1日以上入れて凍らせます。これを自然解凍したりお湯に入れて解凍をしたらキッチンペーパーに包んで水気を切ったら完成です。


薄く細長く切ればベーコンのようになり、細かく切ればひき肉のような食感になります。氷こんにゃく自体に味はついていないので、普通の肉と同じような感覚で味付けをして食べましょう。

毎日こんにゃく料理を考えるのは大変ですが、お肉の代わりに使える氷こんにゃくがあれば、手軽にこんにゃくを取り入れることができますよね。

<関連記事>
ほうれい線を予防する大事な7つの習慣!

敏感肌を改善するためにスキンケアをするのも大切ですが、食べ物で内側からケアをしてあげることも非常に重要です。食べ物に注意するだけでも敏感肌が良くなることもあるので、食生活を見直してみてはどうでしょうか。

 敏感肌のためのおすすめ化粧水は?




敏感肌に効く化粧品、人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
通常のセラミドの4倍もの浸透力を誇る「セラミドナノスフィア」を配合。保湿力と保水力が高まり、しっとりと潤い溢れるお肌を実現します。低刺激なのでバリア機能が低下した敏感なお肌にも安心して使用できます。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
これ一つで4ステップのケアができちゃうオールインワンゲルです。3種の高濃度セラミドが潤いと肌のバリア機能を高めてくれます。その他、プラセンタやヒアルロン酸などお肌に必要な栄養がギュッと詰まった1本です。


アスタリフト
アスタリフト
富士フィルム独自のナノ技術により誕生した「高密度Wヒト型ナノセラミド」を配合しています。肌への吸収・浸透力の高さは折り紙付き。他にはないプルプルなテクスチャーにも注目です。