敏感肌には、余分な皮脂をとらないケアが必要です!

敏感肌のためのクレンジング&基礎化粧品選びで大事な5つのポイント



敏感肌の人は普通肌に比べていろいろな点に注意しなければなりません。

様々な化粧品やクレンジング剤が販売されていますが、中には低刺激に見えてそうではない商品も存在します。低刺激タイプ、しっとりタイプと書かれていればいいと選んでしまうのではなく、成分表なども確認したうえで敏感肌用の商品を探すことが重要です。

また、肌に良い成分を含んでいる商品だったとしても、配合率や配合量、配合されている成分の種類には違いがあります。肌に良い成分をたくさん含んでいるものの悪い成分もたくさん含んでいたということになると意味がないので、注意して化粧品選びをしましょう。

中でもよく考えたいのがクレンジング剤やクレンジング方法に関することです。


敏感肌のクレンジングは何がおすすめ?


敏感肌のクレンジング:ミルクタイプがおすすめ!

敏感肌の人は、刺激が少ないクレンジングミルクがおすすめです。

肌の状態がかなり悪化している場合にも、クレンジングミルクであれば肌への刺激を極力抑えてクレンジングができます。ただ、刺激が強くないということは洗浄力も強くないということ。

クレンジングミルクは低刺激で肌の油分である皮脂を落としすぎないのが魅力ではありますが、なかなかメイクが落ちないからといってごしごし擦ってしまってはクレンジングミルクの魅力がなくなってしまいます。

そのため、油分をたくさん含んでいて落ちにくいポイントメイクなどはポイントメイク用のリムーバーを使ったほうがいいですね。


使い方として、まずは手を洗って清潔な状態にします。

次に、ポイントメイクリムーバーを使って落ちにくいポイントメイクを落としておきましょう。この後クレンジングをするわけなので、完璧にメイクを落としておく必要はありません。無理に落とそうとすると肌への刺激になるので、残ってしまった分はクレンジングで落とします。

クレンジングオイルを手のひらに出して軽くもむようにして温めたら、おでこ、あご、頬、鼻に均等になるようにクレンジング剤を乗せましょう。あとはくるくる小さな円を描くように優しくメイクを落としていきます。この時、指の腹を使って優しく洗うのがポイントです。


次にぬるめのお湯ですすぎますが、クレンジングミルクにW洗顔不要と書かれていない場合は洗顔料を使って洗顔をする必要があります。

洗顔が終わったらタオルでやさしく水分を拭き取って完了です。

敏感肌のクレンジング:石鹸は固形がおすすめ!



クレンジングミルクを使っても肌への刺激を感じてしまうという場合は、固形石鹸に切り替えてみるといいですね。

固形石鹸は肌に良いというイメージが強いかもしれませんが、商品によって配合されている成分は洗浄力が違うので肌に優しい固形石鹸を選択しなければなりません。

ただ、固形石鹸はクレンジング用ではなく洗顔用の商品です。こちらもポイントメイクは専用リムーバーで落とし、軽いベースメイクや日焼け止めを落とす目的で活用しましょう。使い方はクレンジングミルクと同じく、先に手を洗います。次に、ぬるま湯で顔を洗い、毛穴を開いておくのがポイントです。


次に泡立てネットなどを使って石鹸をよく泡立てていきます。石鹸を使う際の基本として、油分が多い部分から洗い始めるようにしましょう。Tゾーン、頬、目や口という流れで、それぞれ洗いますが、Tゾーン以外は皮膚が薄く皮脂もそれほど多くないので、軽く泡を乗せるくらいのイメージで洗えば十分です。

円を描くように優しく洗ったらぬるま湯でしっかり洗い流し、タオルでやさしく水分を拭き取ったら完了です。

超敏感肌には、植物系オイルでのクレンジングがおすすめ!

クレンジングミルクさえしみてしまうような状態である場合は、ファンデーションなども塗らないほうがいいです。

ただ、どうしてもメイクをしっかりしなければならないという人もいるでしょう。この場合、肌に刺激の少ないホホバオイルやオリーブオイルを使ったクレンジングでメイクを落とすのがおすすめです。


手洗いをしたら蒸しタオルで顔を温めます。蒸しタオルは、フェイスタオルを濡らして軽くしぼったらくるくる巻き、ラップをかけずに電子レンジで1分ほど温めれば簡単にできるので、実践してみましょう。

オイルを手のひらに出したら軽くこすり合わせるようにして温め、Tゾーンを中心に円を描くようにしてメイクを馴染ませます。すぐに落としてもメイクは落ちないので、3分ほどの時間をかけて馴染ませるのがポイントです。


次にティッシュやキッチンペーパーを顔に押し当ててオイルを吸わせたあと、再度蒸しタオルを顔に当ててオイルを落とします。一度ではオイルが落としきれないので、2回ほど繰り返すといいですね。あとは洗顔料を使って洗顔をし、タオルで水分をやさしく拭き取ったら完了です。

敏感肌のための基礎化粧品選びのポイント



クレンジング剤やクレンジング方法について紹介しましたが、基礎化粧品選びも非常に大切です。基礎化粧品は使っているものの、自分に合っているのか分からない、どれを選べばいいのか分からないと頭を抱えている人も多いはず。

そこで、基礎化粧品を選ぶ際に知っておきたい5つのポイントについて紹介したいと思います。

1.保湿成分は入っているか?

敏感肌の人は肌が乾燥しているので、保湿成分が含まれているかというのは非常に大切なポイントです。敏感肌用として販売されているものの多くには保湿成分が含まれていますが、どういったものが含まれているかは商品によって違うのでよく確認しておく必要があります。

まず、チェックしておきたいのが、セラミドが配合されているか?という点です。セラミドは肌のバリア機能をアップさせる成分であるため、敏感肌の人は積極的に取り入れたい成分でもあります。


セラミドにもいくつかの種類があるのですが、複数のセラミドが配合されている基礎化粧品であれば、高い保湿効果が期待できるでしょう。

通常のセラミドと比べて、ヒト型セラミドと呼ばれるものは保湿力が3倍とも言われています。高い保湿力を期待しているのであれば、ヒト型セラミドが配合されているものを選ぶといいですね。


それから、美肌作りに欠かせないアミノ酸が配合されているかも確認しておきたいところです。アミノ酸はもともと肌の中に存在している成分ではありますが、敏感肌の人は肌のアミノ酸量が減っています。

不足している分を基礎化粧品で補うことにより、肌の弾力や柔軟性がアップし、敏感肌の改善に役立つのです。

2.合成化学成分は入っていないか?

敏感肌の人は、合成化学成分が配合されているものは避けたほうがいいでしょう。合成樹脂・合成ゴム・合成セルロースなどは合成ポリマーと呼ばれており、クリーム状の化粧品を作る目的で使われています。

なぜ合成化学成分が含まれているものは避けたほうがいいのかというと、肌の保湿成分であるセラミドが減るだけでなく、クレンジングで落としにくいという特徴があるからです。確かに合成化学成分が配合されている基礎化粧品は、とろっとしていてとても肌に良さそうに感じるかもしれません。


ですが、肌を塞いでしまう成分でもあるので皮膚の常在菌に良くないため、肌トラブルも発生しやすくなってしまいます。

基礎化粧品の成分表を確認すると、最後のほうに流動パラフィン、カルボマー、ジメチコンなどの合成化学成分が記載されていることもありますよね。成分表の最後のほうに記載されているのだから配合量は少ないはずだし安心、と考えてしまうかもしれません。

しかし、合成化学成分の多くは非常に少量でも十分な効果を持っているため、配合量が少ないからといって安心はできません。

3.敏感肌にNGの界面活性剤は入っていないか?

界面活性剤とは、本来ならば混ざり合わないはずの水と油の両方の性質を持ったもののことです。

界面活性剤は肌に良くないというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実は人間の体内や植物中にも存在しています。そのため、界面活性剤が肌に悪いとは言えないのですが、中には敏感肌の人にとって好ましくない種類があるということを理解しておきましょう。


それは、石油系の界面活性剤です。自然界に存在している界面活性剤は安全性が高いのですが、機能性が低いと特徴を持っています。

そのため、基礎化粧品には機能性を高めた合成界面活性剤を使っているのですが、石油系の界面活性剤は機能が高いというメリットを持つ一方で、肌に成分が残りやすいというデメリットも持っているのです。

こういった理由から、敏感肌の人は石油系の界面活性剤が含まれている基礎化粧品を避けたほうがいいでしょう。

4.肌弾力をアップさせる成分は入っているか?

コラーゲンは分子量が大きく肌から吸収されない、という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?ですが、基礎化粧品にはコラーゲンが配合されているものを選ぶことをおすすめします。

確かに分子量の大きいコラーゲンは肌に浸透しませんが、浸透しないからこそ肌の表面で保湿剤として活躍してくれるのです。

コラーゲンは肌の弾力をアップさせるためにも欠かせない成分なので、コラーゲンそのものや、コラーゲンの合成を促進させる成分が含まれている基礎化粧品を選びましょう。


5.続けられそうな値段か?

基礎化粧品の力を借りて敏感肌を改善させるためには、自分の肌に合ったものを長く使い続けることが大切です。ただ、いくら肌に良いものでも値段が高く、使い続けるのが難しいものは長続きしません。

もちろん、高ければ高いほど良いというわけではありませんが、基礎化粧品にいくらまでならかけられるのかを考え、無理なく続けられる範囲で買える商品を探してみてはどうでしょうか?


以上が基礎化粧品を選ぶ際のポイントです。

自分で選んでみたものの不安があるという場合は、お店の人に相談をしながら選ぶのもいいですね。お試しセットが用意されているものはそちらから利用し、自分に合った基礎化粧品を探してみましょう。

 敏感肌のためのおすすめ化粧水は?



敏感肌に効く化粧品、人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
通常のセラミドの4倍もの浸透力を誇る「セラミドナノスフィア」を配合。保湿力と保水力が高まり、しっとりと潤い溢れるお肌を実現します。低刺激なのでバリア機能が低下した敏感なお肌にも安心して使用できます。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
これ一つで4ステップのケアができちゃうオールインワンゲルです。3種の高濃度セラミドが潤いと肌のバリア機能を高めてくれます。その他、プラセンタやヒアルロン酸などお肌に必要な栄養がギュッと詰まった1本です。


アスタリフト
アスタリフト
富士フィルム独自のナノ技術により誕生した「高密度Wヒト型ナノセラミド」を配合しています。肌への吸収・浸透力の高さは折り紙付き。他にはないプルプルなテクスチャーにも注目です。