フォトフェイシャルはほうれい線やたるみに効く?

美容治療:フォトフェイシャルの効果は?



美容治療の中でも人気が高いのが「フォトフェイシャル」です。

その魅力は、そばかすやシミの他、赤ら顔、ニキビ、ニキビ跡、シワなど、様々な肌トラブルの悩みを同時にアプローチできる点にあります。

ここでは、そんなフォトフェイシャルの特徴や詳しい効果、デメリットなどについてお話したいと思います。


フォトフェイシャルって何?

そもそもフォトフェイシャルとは何かというと、IPL(Intense pulsed Light)という光線をお肌にあてて、本来肌が持つ美しさを導きだす治療法のことです。

この光によって肌は熱エネルギーを発生するのですが、肌全体が熱を持ってしまうわけではなく、メラニンや毛細血管など、肌トラブルの原因に対してのみ反応します。

そして熱エネルギーが発生した部分はコラーゲンを作る働きが高まり、健康で美しい肌作りに繋がるのです。


フォトフェイシャルの効果



先にも述べた通り、フォトフェイシャルは様々な肌悩みに対応する万能美容治療です。以下では、フォトフェイシャルによって得られる肌への美容効果について詳しくご紹介いたします。

シミや茶色いニキビ跡を薄くする

光は黒い色素(メラニン)に反応する性質があり、今あるシミやニキビ跡はもちろん、シミ予備軍を肌表面に浮き上がらせます。

これらは、ターンオーバー(皮膚の代謝)によって古い角質と一緒に剥がれ落ちますので、次第に薄く目立たなくなっていきます。

透明感のあるお肌へと導く

光を顔全体に当てることで、皮膚細胞の働きが活性化します。それによって、くすみがちだったお肌はパァっと明るさを取り戻し、透明感のある若々しいお肌へと導きます。

しわの改善、肌の弾力性を高める

光エネルギーは、真皮にある線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの生成を高める働きがあります。そのため、肌の弾力性がアップし、しわや小じわなどを目立たなくする効果が期待できます。

<関連記事>
ほうれい線を消す3大成分!コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸

赤み肌や赤みを帯びたニキビ跡を改善する

赤ら顔の原因は、拡張した血管にあります。光には、血管を縮小させる作用がありますので、お肌の赤みを薄くすることが可能です。頬全体の赤みはもちろん、ニキビ跡や小鼻など、部分的な赤みの改善にも効果的です。

<関連記事>
敏感肌のための目的別ケアガイド~美白・保湿・ニキビ~

毛穴の開き・オイリー肌が改善する

フォトフェイシャルは、加齢による毛穴の開きにも効果を発揮します。光を当てることで毛穴が引き締まり、キメが整ったなめらかなお肌へと近づけます。また、毛穴が縮小されることで、皮脂分泌が正常になり、脂性肌が改善されます。


フォトフェイシャルの施術についてもっと詳しく!


施術時間

施術時間が20分程度ということもあり、気軽に受けられる美容治療としても人気があります。しかもダウンタイムが必要なく、施術直後からメイクが可能ということで、忙しい人にとっても嬉しい美容治療ですよね。

施術費用

費用についてはどのクリニックで施術を受けるのかによって違ってきますが、安いところであれば1回5千円程度、高いところだと4万円ほどする場合もあります。

施術ペース

できれば1か月に1回、トータル5回ほど受けたほうがいいとされているので、費用を比較する際には5回施術を受けた場合の費用を比較したほうがいいでしょう。

痛み

フォトフェイシャルの光は、カメラのフラッシュのようなもので、レーザーのような強い痛みはありません。光が当たった時に、輪ゴムで軽く弾かれたような刺激を感じる程度であり、痛みは少ないと言えます。

施術NGな人

妊娠中の方や日焼けされている方、アトピーなど皮膚疾患をお持ちの方は、治療を控えた方が良いとされています。


【重要】フォトフェイシャルに副作用はある?



フォトフェイシャル照射後は一時的にシミやそばかすが濃くなりますが、これは数日で取れるものなので気にする必要はありません。それよりも注意しなければならないのが、火傷に関する問題です。

肌にあまり負担がかからない治療法として人気があるフォトフェイシャルですが、火傷のリスクがゼロではありません。


特に、あまり技術力の高くないクリニックを選択してしまった場合は、火傷の危険性があることを理解しておきましょう。

また、リーズナブルな価格が魅力のエステですが、クリニックで使われている機器に比べて出力が低く設定されていますので、効果は実感しにくいと言われています。

そのため、効果的な治療を受けたいのであれば医療機関をおすすめします。口コミなども確認しながら慎重にクリニック選びをしましょう。

<関連記事>
保湿化粧水と皮膚科でもらえる保湿剤の違いは?


フォトフェイシャルの口コミを紹介!



実際にフォトフェイシャル治療を受けた人の口コミをいくつか紹介します。

肌の赤みが昔からの悩みで、先日美容皮膚科で気になっていたフォトフェイシャルを受けました。期待していたものの、施術当日は特に何の変化もありませんでした。

しかし翌日になってメイクをした時に「あれ?いつもよりノリが良い!」と、嬉しい確かな変化を実感することができました。その後も1か月に1回のペースで通い、悩んでいた赤みは改善されたものの、シミにはあまり効果はありませんでした。

(30歳 女性)

子供の頃から鼻周辺のそばかすが悩みの種でした。美容外科で相談したところ、レーザーよりもフォトフェイシャルが良いとのこと。お試し価格で受けてみることにしました。

照射後は、そばかすが一時的に濃くなって、次第に薄くなっていくと説明を受けていましたが、本当にその通り。最初は驚きましたが、だんだんと顔全体が明るくなってきました。

現在も定期的に通っています。シミやそばかすでお悩みの方におすすめです。

(25歳 女性)

1~2回ではあまり効果が感じられなかったものの、3回目以降から急に効果が出てきたという口コミは多く見られます。

アラフォーになり、シミやしわ、毛穴などが気になるようになり、フォトフェイシャルを受けることにしました。心配していた照射の痛みはほとんどなく、月1回のペースで半年の契約でしたが、無理なく通いきることができました。

シミや毛穴への効果は確かにあったと思います。ですが、説明で聞いていた通り、深いシワにはあまり効果がありませんでした・・・そこは残念です。

(40歳 女性)

この口コミのように、しわを改善させるためにフォトフェイシャルを選択しても、それほど高い効果は期待できません。

というのも、フォトフェイシャルはシミや赤み、小じわの改善効果は大きいのですが、ほうれい線のような深いシワの改善効果はそれほど高くないからです。

<関連記事>
法令線を消す!自宅でできる、3つの方法


ですが、ニキビや小じわ、赤みなど様々な肌トラブルに悩んでいる場合はまとめて改善ができる魅力的な治療法でもあるので、たるみ以外の肌トラブルで悩んでいるという場合は検討してみてはどうでしょうか。

美容治療:フォトフェイシャルの効果は?のまとめ

  • IPLという特殊な光を用いた美容治療
  • 同時にニキビやしみ、毛穴、小じわなどの改善へと導く
  • 月に1度のペースで5回ほど通うのが理想的
  • 下手な施術者にあたると火傷のリスクがある
  • 安全に受けるには、クリニック選びが重要になる
  • 口コミを見ると、小じわには効くがほうれい線などの深いしわにはあまり効果がない


肌のハリ・顔のたるみに効く化粧品、人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
ポーラが研究開発した美肌成分「CVアルギネート」が細胞の活性化を促し、自らのコラーゲン生産力を高めてくれます。高浸透のセラミドにより保湿力もアップ。ピンとハリのある若々しいお肌へ導いてくれます。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
1本で4役をこなす高機能オールインワン化粧品です。エイジングケアに嬉しい美容成分62種の他、2種のコラーゲンに3種のセラミド、ヒアルロン酸を配合しており、敏感肌でも使用できる低刺激処方が魅力です。


アスタリフト
アスタリフト
アスタキサンチンによる「赤」が特徴的なエイジング化粧品です。その他、コラーゲンやセラミド、リコピンなど美容成分が贅沢に配合されており、富士フィルム独自のナノ化技術による浸透力の高さに注目です。