若々しい目元を手に入れるために!

目元のシワやクマ、たるみを解消する、美容整形とは?

マッサージやエクササイズを取り入れているものの、なかなか目元の若々しさを手に入れることができないと悩んでしまう人もいるようです。その場合、思い切って美容整形をすることも考えてみてはどうでしょうか。



何十万円も費用がかかってしまうのではないか思っている人もいるようですが、これはどの方法を選択するかによって違います。安いものであれば3万円程度でできるので、場合によっては高い化粧品を買い続けて目元ケアをするよりも一度美容整形をしたほうが費用を抑えられるかもしれません。

まず、目元のしわやたるみに関する治療についてですが、大きく分けてメスを使う方法と使わない方法があります。

■メスを使わない目元のシワ・たるみ治療

メスを使わない方法として人気が高いのが、ヒアルロン酸注入という方法です。
この方法は注射器で目元のしわやたるみが気になる部分にヒアルロン酸を注入する方法なのですが、ヒアルロン酸の効果はいつまでも続くというものではありません。

数か月から数年で体に吸収されて元の状態に戻ってしまうので、定期的に注入をしなければならない方法でもあります。どれくらいで吸収されるかというのは、各美容クリニックが使っているヒアルロン酸の種類や質によって違うので、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

■メスを使う目元のシワ・たるみ治療

メスを使う方法は目元のしわやたるみに原因となっている脂肪や皮膚を取り除く方法です。

こちらはヒアルロン酸注入とは違い、効果が続くので、しわやたるみの状態が酷い場合やしっかりとした効果を実感したい場合にも向いています。確かに効果は大きいのですが、メスを使わない方法に比べると高い技術が必要になるので、信頼できる医師のもとで施術を受けましょう。

■目の下のクマの美容治療

次にクマの美容整形も人気があるのですが、クマといってもいくつかの種類がありますよね。

まず、目の下のたるみなどが原因で発生するものに黒クマというものがあります。

こちらはたるみや目の下の凹凸があるために発生しているので、皮膚を切除するなどの美容整形が行われるでしょう。

次に、赤クマと呼ばれる状態もあります。
こちらは血行不良や睡眠不足が原因で発生するものなのですが、ヒアルロン酸注入などの方法で改善が可能です。

落とし切らなかったアイメイクの色素沈着や紫外線の影響で発生するのは茶クマと呼ばれるタイプのもので、レーザーによる治療が一般的となります。


■まとめ

このように、どのような原因・状態であるかによって選択すべき美容整形の内容は変わってくるので、医師に相談をしながら治療法を検討してみてはどうでしょうか。美容整形の中には、プチ整形と呼ばれるような非常に簡単で手軽に行えるものもあります。

ただ、メスを使った美容整形を検討している際には、美容クリニックや整形外科の情報をよく調べ、実績が多いところを選んだほうがいいです。ちょっとした美容整形のつもりが失敗して大きな傷になってしまったという人もいるわけなので、できるだけ評判がいいところを選択して安心して美容整形が受けられるようにしましょう。


肌のハリ・顔のたるみに効く化粧品、人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
ポーラが研究開発した美肌成分「CVアルギネート」が細胞の活性化を促し、自らのコラーゲン生産力を高めてくれます。高浸透のセラミドにより保湿力もアップ。ピンとハリのある若々しいお肌へ導いてくれます。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
1本で4役をこなす高機能オールインワン化粧品です。エイジングケアに嬉しい美容成分62種の他、2種のコラーゲンに3種のセラミド、ヒアルロン酸を配合しており、敏感肌でも使用できる低刺激処方が魅力です。


アスタリフト
アスタリフト
アスタキサンチンによる「赤」が特徴的なエイジング化粧品です。その他、コラーゲンやセラミド、リコピンなど美容成分が贅沢に配合されており、富士フィルム独自のナノ化技術による浸透力の高さに注目です。