たるみは毎日の努力が大切です!

顔のたるみを作るNG習慣とは?

顔のたるみが発生してしまう原因はいろいろありますが、毎日の生活習慣にもたるみの原因が潜んでいるかもしれません。



■姿勢の悪さ

まず考えたいのが、寝る時の姿勢に関することです。
仰向けではなく、横向きで寝ているという人も多いのではないでしょうか。ですが、横向きに寝てみるとわかりますが、片側に顔の肉が垂れ下がった状態になってしまいますよね。当然ながらこの状態が長く続けばたるみの原因になってしまいます。

寝ている間は長時間同じ姿勢を維持することが多いわけなので、顔の片側だけにたるみが目立つようなことがあれば、寝ている時の姿勢が関係しているかもしれません。


同じように、デスクワーク中に猫背になってしまっているという人も、長時間たるみが発生しやすい姿勢を維持していることになります。猫背の状態になってしまうと顔が前に出ますが、バランスを取ろうとして顎を突き出した状態になってしまっている人が非常に多いです。

顎を突き出すとどうなるのかというと、今度は首の後ろの皮膚や筋肉が縮んだ状態になりますよね。すると皮膚が首の後ろに向かって引っ張られる形になるため、顎や首元の筋肉がたるみ、顔全体のたるみに繋がってしまうこともあるのです。

■頬杖をつく癖

あとは頬杖も顔にたるみが発生する原因になるのでやめましょう。頬杖をついてみるとわかりますが、顔の皮膚を伸ばしているのと同じ状態になりますよね。これが習慣になってしまうと、頬杖をつくたびに皮膚に無駄な刺激を与えている形になってしまいます。

それから、口呼吸をするというのもたるみの原因になるので注意しなければなりません。実は、日本人の約9割は口呼吸だと言われているのですが、口呼吸をしているということは常に口が少し開いた状態になっているということですよね。

口や顎に力が入っていない状態が続いてしまうということでもあります。しっかり口を閉じて鼻呼吸をすると、それだけで口周りの筋肉を使っているわけなので、口元のたるみ改善に効果的です。

■食べ物の噛み方

また、食事についても注意が必要です。いつも片方の歯だけで噛んでいるということはないでしょうか。片側だけで噛んでしまうと、左右で顔のバランスが違ってくるだけでなく、顔の筋肉の使われ方が左右で違う状態になってしまいます。

それと、噛む回数が少ない人もいますが、この場合もよく噛む人に比べて顔の筋肉が使われていませんよね。顔の筋肉が衰えるというのもたるみが発生する原因です。食事は毎日取るものなので、左右の歯でよく噛むということを習慣にしましょう。

■たるみ対策にgoodな習慣とは

たるみ改善に効果的なスキンケアを習慣にしていくといことも大切です。たるみが発生する原因の一つは筋肉の衰えであるとご紹介しましたが、それ以外に乾燥も挙げられます。水分をたっぷり含んでいて弾力のある肌というのはたるみが発生しにくいので、保湿力の高い化粧品を使ってスキンケアをしましょう。

こちらも習慣にしてしまえばそれほど手間に感じることはないはずです。毎日使っている化粧水や美容液を保湿効果が高いものにかえるだけでもたるみ改善効果が期待できます。



肌のハリ・顔のたるみに効く化粧品、人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
ポーラが研究開発した美肌成分「CVアルギネート」が細胞の活性化を促し、自らのコラーゲン生産力を高めてくれます。高浸透のセラミドにより保湿力もアップ。ピンとハリのある若々しいお肌へ導いてくれます。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
1本で4役をこなす高機能オールインワン化粧品です。エイジングケアに嬉しい美容成分62種の他、2種のコラーゲンに3種のセラミド、ヒアルロン酸を配合しており、敏感肌でも使用できる低刺激処方が魅力です。


アスタリフト
アスタリフト
アスタキサンチンによる「赤」が特徴的なエイジング化粧品です。その他、コラーゲンやセラミド、リコピンなど美容成分が贅沢に配合されており、富士フィルム独自のナノ化技術による浸透力の高さに注目です。