頭皮の健康は、若々しい素肌に繋がります!

ほうれい線やたるみは、間違った髪の洗い方が原因かも?



顔のたるみや大きく深いほうれい線ができる原因には複数あります。

加齢や紫外線の影響などは原因の代表格ともいうべきものですが、意外に見逃されやすいのが、頭皮のコリや血行不良、髪の毛の誤った洗い方といった原因です。


なぜ、頭皮の問題や髪の洗い方が顔のたるみやほうれい線を作る要因となるのか疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

そういった疑問を解消するために、ここでは間違った髪の洗い方や頭皮ケアがたるみやほうれい線の原因となる理由についてご説明していきたいと思います。


たるみやほうれい線の原因について



顔のたるみやほうれい線ができる原因には、紫外線による肌の光老化や加齢による美容成分(コラーゲンやエラスチンなど)の生成量の低下などが挙げられますが、頭皮の状態の悪化の影響も大きな原因のひとつとなっています。

どうして頭皮の状態が顔のたるみやほうれい線に影響するの?と疑問に思う方も多いかもしれません。しかし、顔の皮膚と頭皮は一続きになった同じ一枚の皮膚だということを考えると、その理由が容易にイメージできると思います。

特に、頭皮のコリや血行不良は顔のたるみやほうれい線を作り出す大きな要因ともなるだけに、頭皮については日頃からしっかりと注意を向けておくことが必要となります。

<関連記事>
フケが気になる・・・頭皮の乾燥対策

頭皮のコリを実感したことはありますか?

肩や首、背中のコリなどについては日常的に実感している、ケアを行っているという肩も多いと思います。しかし、頭皮のコリや血行不良は意外に実感している方が少なく、多くの人が頭皮に問題が出ているにも関わらず気付いていません。

これは、頭皮のコリは痛みやかゆみ、皮膚が硬くなるといった症状を伴うことが多いのですが、この症状がコリによるものだということを知る人が少ないことによります。


「顔のたるみが気になる」「ほうれい線が深くなってきた気がする」という方に頭部でなにか痛みや違和感を感じることはないか?と質問すると、多くの人が「頭のてっぺんがピリピリ痛む」「毎日洗髪しているのに頭頂部にかゆみを感じる」と返答されます。

そして、これらが頭皮のコリ・血行不良によるものであるケースも大変多いのです。


こういった頭皮のコリや血行不良による症状がでる原因には

・長時間デスクワークやPC操作を行うことによる眼精疲労
・運動不足
・誤った洗髪方法を続けている
・ストレスの蓄積

などが挙げられます。


正常な頭皮は手で前後に押すと自然に動き、指でつまむと柔らかく掴めるものです。

しかし、ストレスや眼精疲労、誤った洗髪などによる悪影響が積み重なると、頭皮の弾力が失われ血行が阻害されてしまうため、頭皮がガチガチに固くなったり、パツパツに張ってしまったりします。

顔のたるみやほうれい線で悩んでいる方の頭皮は、ほぼ上記のような状態にあると言われています。

<関連記事>
マリオネットラインによる二重ほうれい線に注意!


なぜ頭皮のコリが顔のたるみやほうれい線の原因になるの?



頭皮と顔の皮膚が一枚の皮膚であることは前述の通りですが、同時に頭と顔は筋肉でも繋がっています。そのため、頭皮が固くなり柔軟性を失ってなってしまうと、頭皮の下にある筋肉もそれにひきずられる形で凝り固まってしまいます。

その結果、ハリのある皮膚を支える土台の状態が悪くなるだけで無く、顔の皮膚を下から上へと引っ張り上げる力も弱くなってしまい、たるみやしわができやすい状態となってしまうのです。

また、顔のたるみを左右する特に重要な筋肉に「側頭筋」というものがありますが、頭皮が固くなるとこの側頭筋も同様に固くなることが分かっています。側頭筋の筋力の低下は、頬や目尻のたるみを招くだけでなく、毛穴のたるみも引き起こしてしまい、顔を一気に老けた印象にしてしまうため要注意です。


たるみやほうれい線に効く髪の洗い方&マッサージをご紹介!



固くなってしまった頭皮の状態を解消するには、やはりコリの原因を取り除くのが一番です。

肩でも首でも「こっている」と感じたら、血行を促進させるためマッサージなどをしますよね。頭皮でもアプローチは同じで、頭皮全体に十分な栄養や血液を行き渡らせるために、正しいマッサージをするのが基本となります。

また、頭皮の場合は正しい洗髪を学ぶことで、血行を促進させたり疲労回復を図ったりすることもできます。ここで、正しい洗髪方法とマッサージをご紹介してみたいと思います。

正しい洗髪方法

1.入浴前に乾いた髪を十分ブラッシングし、ほこりや汚れを取り除く
2.湯船に入り身体と頭皮を適度に温める
3.38~40度程度のぬるめのお湯を頭部にかけ、お湯のみで軽く汚れを落とす
4.適量のシャンプーを手に取り、手のひらでしっかりと泡立てる
5.うなじにシャンプーをつけ、うなじから額にかけて頭皮をマッサージする感覚で洗いあげていく
6.頭皮全体を洗いあげたらお湯でよくすすぐ
7.リンスやコンディショナー、ヘアパックを行う際は髪だけに塗布し、頭皮にリンスやコンディショナーが付着しないよう心がける

<関連記事>
敏感肌でも使える肌に優しいシャンプーとは?

頭皮を柔らかくするおすすめマッサージ方法

1.両手の親指以外の4本の指を揃え、こめかみから耳の上部にかけて指をあて、耳を包み込むような形で親指を後頭部に添えて固定する

2.親指を固定したままの状態にし、残りの4本の指で頭部全体を円を描くようにマッサージしていく。この時、指の腹を使ってマッサージするのが良い

3.全体のもみほぐしがおわったら、こめかみの上にある側頭筋に手のひらを添え、力を入れて円を描くように頭をマッサージする。10回ほど円を描けく程度で終了させるのがベスト(やり過ぎは良くありません)

頭皮マッサージは手で行うのも良いですが、爪を立てて皮膚を傷つけたり、力加減を間違って頭皮を傷めたりする危険性もあります。

手や手のひらで適切なマッサージをできる自信がないという方は、頭皮用のマッサージブラシが販売されていますので、そういった専用グッズを使ってみると良いでしょう。

<関連記事>
万能美容液「ホホバオイル」について


月に一度はヘッドスパでほうれい線対策を♪



美容院やエステサロンで受けることができるヘッドスパも、リラックス効果があり血行を促進させてくれるため、頭皮のコリの解消に大変有効です。そのため定期的にヘッドスパを受けることで、ほうれい線対策にも繋がります。

ヘッドスパはダメージを受けた髪の修繕や保護、栄養補給などを目的として行われますが、以下のような顔や肌への効果も期待できます。

・頭皮の血行が良くなり、頭皮のコリや血行不良が解消される
・頭部や額などがもみほぐされるため、リフトアップ効果が期待できる
・顔のむくみがとれ、たるみが解消される


これらヘッドスパの効果をみると、顔と頭皮が一枚の皮膚で繋がっているということが良く分かりますね。

ヘッドスパのようなスペシャルケアは、プロの手で毛穴の詰まりや汚れをキレイに取り除き、頭皮の状態をリセットすることができるのでおすすめです。

そして、頭皮のコリや顔のたるみをヘッドスパでリセットした後は、その状態をできるだけ維持できるよう、ほうれい線対策用の化粧品で毎日しっかりケアすることも大切です。

ほうれい線は間違った髪の洗い方が原因かも?のまとめ

  • 頭皮のコリや血行不良は顔のたるみやほうれい線の原因となる
  • 定期的に頭皮のコリを確認してあげることが大切
  • 頭皮の為には、正しい洗髪方法や頭皮マッサージの方法を身に付けることが大切
  • ヘッドスパは頭皮ケアの効果が高いため、ほうれい線や顔のたるみ予防に効果的
  • 頭皮ケアと同時に行いたいのが、ほうれい線対策化粧品によるピンポイントケア!


肌のハリ・顔のたるみに効く化粧品、人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
ポーラが研究開発した美肌成分「CVアルギネート」が細胞の活性化を促し、自らのコラーゲン生産力を高めてくれます。高浸透のセラミドにより保湿力もアップ。ピンとハリのある若々しいお肌へ導いてくれます。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
1本で4役をこなす高機能オールインワン化粧品です。エイジングケアに嬉しい美容成分62種の他、2種のコラーゲンに3種のセラミド、ヒアルロン酸を配合しており、敏感肌でも使用できる低刺激処方が魅力です。


アスタリフト
アスタリフト
アスタキサンチンによる「赤」が特徴的なエイジング化粧品です。その他、コラーゲンやセラミド、リコピンなど美容成分が贅沢に配合されており、富士フィルム独自のナノ化技術による浸透力の高さに注目です。