保湿成分「エラスチン」について

肌の弾力をアップさせたいと思った時に取り入れたいのが、エラスチンという成分です。そもそもエラスチンとはなにかというと、タンパク質の一種で、コラーゲンと似たような働きをしています。



肌の弾力や潤いを作る成分というと、真っ先にコラーゲンを想像する人が多いのではないでしょうか。


肌の中でも真皮と呼ばれる部分が弾力作りに深く関わっています。真皮の中にはコラーゲンが70%ほど含まれているのですが、エラスチンはというとほんの2%前後しか含まれていません。

それならばコラーゲンを補給したほうがいいのではないかと思いますよね。ですが、わずか2%しか含まれていないエラスチンにはコラーゲンが弾力のある肌を生み出すために欠かせない役割を果たしているのです。

ゴムのような働きをするエラスチンがあるからこそコラーゲンの繊維がつなぎ止められ、弾力を保つことができます。


コラーゲンは歳を取ると分泌量が減ってしまうということで知られていますが、これはエラスチンも同じことが言えるので注意しなければなりません。コラーゲン同士をつなぎ合わせるエラスチンが不足してしまうと、肌の弾力が衰え、シワやたるみにつながってしまうからです。

化粧品でエラスチンを取り入れようと思った場合、化粧品ではなかなか真皮まで届かないということを理解しておく必要があります。もちろん、全く意味がないわけではないので、エラスチン配合の化粧品を使うのもいいでしょう。


しっかり効果を実感したいと思っているのであれば、化粧品で外側から取り入れるだけでなく、ドリンク剤やサプリメントも取り入れて内側からもエラスチンを補給するのがおすすめです。

口からエラスチンを取り入れたとしても、その全てが肌の成分として活用されるわけではありませんが、長く飲み続けることにより繊維芽細胞が活性化し、肌の中のエラスチンも増えていきます。

一日や二日で効果を実感できるものではないので、できるだけ長く飲み続けましょう。


高い保湿効果を狙ってエラスチン配合の化粧品を選ぶのであれば、コラーゲンも配合されたものを選んだほうが効果を期待することができます。どちらも片方だけ取り入れても効果が見えにくいので、化粧品にしてもサプリメントにしても両方を同時に補充できるものを選択してみてはどうでしょうか。

また、せっかく補充をしてもエラスチンが壊れやすい生活を送っていては意味がありません。エラスチンやコラーゲンは紫外線によって破壊されてしまうので、日ごろの紫外線対策もしっかり行うことが大切です。

 保湿化粧水・クリームのおすすめは?



乾燥肌・保湿対策の化粧品、人気ランキング

保湿化粧品