隠れ乾燥肌?夏におすすめの保湿ケア



隠れ乾燥肌と呼ばれるものがあるのはご存知でしょうか。現代女性に急増していると言われているのですが、まるで一見オイリー肌のように見えるのに、本当は乾燥肌であるという状態のことです。

特に夏場の時期になると隠れ乾燥肌が急増する傾向にあるので、急にテカリが気になるようになった・・・などと心当たりがある方は隠れ乾燥肌を疑ってみましょう。

オイリー肌だと思ってケアしていると、さらに乾燥は悪化してしまい、お肌の老化を早めることになりますよ。ここでは、隠れ乾燥肌の原因や解消するための方法について紹介いたします。


隠れ乾燥肌(インナードライ肌)とは?



オイリー肌に見える乾燥肌と言われてもピンときませんよね。わかりやすく説明をすると、肌の表面は皮脂が足りているものの、内側で水分不足が起こっている状態です。そのため、インナードライ肌とも言われることがあります。

なぜ表面がテカテカしてしまうのかというと、これ以上の水分蒸発を防ぐため、必要以上に皮脂が分泌されてしまうからなのです。なぜ夏場に隠れ乾燥肌の人が急増してしまうのかというと、原因はいくつかあります。

エアコンが利いた室内環境

エアコンを使うと空気が乾燥してしまうので、冬場と同じような乾燥状態ができてしまいます。空気が乾燥してしまうと、いくら保湿ケアを頑張ったとしても、その環境にいる限り潤いをキープするのは難しいです。

このことから、乾燥肌になりやすい冬場にお肌がテカるという方も、インナードライ肌だと言えるでしょう。

皮脂対策のしすぎ

夏は、冬に比べて汗や皮脂の量が増える季節です。その為、洗顔の回数を増やしたり、油取り紙で皮脂を落としたり、皮脂対策を念入りに行ってしまうという方は多いことでしょう。

皮脂は肌のバリア機能の役目も果たすため、先でも述べた通り、必要以上に落としてしまうと身体が次から次へと皮脂を分泌してしまう状態になります。


あぶらとり紙を使うとベタツキもすっきりしてお肌にとって良さそうに思えますが、これも皮脂の過剰分泌に繋がってしまうので注意しなければなりません。

皮脂を気にして皮脂対策ばかりを取っていると、肌の内側はどんどん乾燥していくという状態になってしまうだけでなくシワに繋がってしまうこともあるので、早めに対策を取ることが重要です。

<関連記事>
ほうれい線ができる原因とは?

夏仕様のスキンケア



夏場は、保湿ケアだと余計に皮脂が増えてしまいそうで、さらっとした使い心地の化粧水でケアしたくなりますよね。また、べたつくのが嫌で化粧水だけでスキンケアを終わらせてしまっている方も多いのではないでしょうか?

水分を与えるだけのケアを続けると、肌内部の水分が減少してしまうため、知らず知らずのうちにインナードライ肌は引き起こされてしまいます。夏とは言え、きちんとお肌に必要な水分や適度な油分を与えてあげなくてはなりませんよ。

夏仕様のメイク

暑~い夏は、メイク崩れが気になりますよね。毎朝ばっちりメイクしたにも関わらず、午後になれば汗や皮脂のせいでドロドロになってしまいます。

そんなメイク崩れを防止するための方法として「水ありファンデーション」という対策があります。水ありファンデーションとは、パウダリーファンデーションをつける際に、水を含ませたスポンジを使って塗るという至って簡単なものです。

ひんやりとした水の感覚によってお肌の温度が下がり、皮脂の分泌を抑えてくれる効果がありますが、同時に肌内部の水分まで蒸発させてしまうというデメリットがあります。

乾燥が気になるけど、使用感やフィット感が良く、夏場は水ありファンデーションがやめられないという方も多いと思いますが、続けているとインナードライ肌に発展したり、乾燥による小じわを発生させてしまいますので注意しましょう。

<関連記事>
敏感肌でも安心のメイク術&季節別ケア!


隠れ乾燥肌(インナードライ肌)を改善する方法&夏の保湿対策!



乾燥肌は、油分である皮脂と水分の両方が不足している状態ですが、インナードライ肌は皮脂が足りている状態だと言えます。そのため、インナードライを解消するためには、肌内部の水分量を高める保湿ケアが重要だと言えます。

では具体的なケアについて見ていきましょう。

皮脂をとりすぎない!

■油取り紙の使用禁止!
肌表面の皮脂を取り過ぎてしまうことで、肌内部の水分は蒸発してしまいます。そのため、顔がテカテカしてきたという昼下がりでも、油取り紙を使用して皮脂を取り除くのはやめましょう。

皮脂が気になったときは、ティッシュで軽く抑える程度に留めておくのがベストです。ティッシュであれば、皮脂を取りすぎてしまうという心配もなく、適度にテカリを抑えることができますよ。

■洗顔はぬるま湯で!
洗顔の際、注意してもらいたいのがお湯を使用することです。食器の油汚れは、水で洗うよりもお湯で洗った方が綺麗に落ちますよね。それと同じように、お肌の皮脂もお湯で洗うことで綺麗に除去できますが、必要な油分まで奪われてしまいます。

お肌にとってちょうど良いのは、35~36度くらいのぬるま湯です。夏場はさっぱりと水で洗顔したいところですが、これもまたお肌にはNG。皮脂は水温30度以上で溶けだすとされていますので、水では不必要な皮脂さえ落とすことができません。

水で洗顔したい場合は、ぬるま湯で皮脂を落とした後の仕上げとして行うと良いでしょう。

室内も乾燥対策!

夏場はどこに行ってもエアコンがきいていますよね。加湿器を置くと言う手もありますが、日本の夏はただでさえ湿度が高いため、わざわざ除湿して涼しくさせている部屋に加湿する必要はない、という考えが多いと思います。

加湿器で対策できない場合は、メイクの上からでも使うことができるミスト化粧水を使ってお肌に水分を補給してあげましょう。保湿成分を含んだミスト化粧水であれば、エアコンが原因で肌が乾燥してしまった時にも肌にしっかり潤いを与えることができます。

水分保持力を高める!



インナードライ肌は、ただ水分を与えてあげるだけでは、肌内部の乾燥まで解消することはできません。水分を蓄える力「水分保持力」も重要になってきます。

水分保持力を高めるのに必要になってくるのが「セラミド」です。セラミドとは、お肌の80%以上の水分を保持してくれている保湿成分ですが、年齢ととに減少してしまいます。

セラミドを補ってあげることで、水分保持力は高まり、肌に必要な水分が守られてインナードライ肌を予防・改善することができます。夏場もセラミド配合化粧品を使用して、乾燥を悪化させないようにお肌の保湿力をアップさせてあげましょう。


隠れ乾燥肌だからといって油分を多く含んだ化粧水や美容液を使うのはおすすめできません。隠れ乾燥肌の場合は皮脂の分泌機能は正常であるため、油分が少ない化粧水や美容液を使って水分を閉じ込めるようにしましょう。

夏場は汗がたくさん出るので、肌の乾燥に気付きにくいです。自分は隠れ乾燥肌ではないと決めつけてしまうのではなく、一度肌の状態を良くチェックしてみてはどうでしょうか。

この章のまとめ
  • 夏だけお肌がテカリやすい人はインナードライ肌かも!
  • 暑い夏でも、皮脂の取り過ぎには要注意!
  • セラミド配合化粧品でインナードライ肌を改善しましょう!

下記ではセラミドを配合した保湿化粧品を紹介してます。インナードライ肌でお悩みの方はぜひチェックしてみてください。


 乾燥肌化粧水のおすすめは?


乾燥肌・保湿対策の化粧品、人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
美容雑誌でも話題の人気保湿化粧品です。乾燥・敏感肌の方に欠かせないセラミドもばっちり配合しています。美容成分の浸透力やコラーゲン生成力を高めた独自の特許技術にも注目です。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
洗顔後これ1本でOK!簡単に保湿ケアができるオールインワンゲルです。乾燥肌に嬉しいセラミドやアミノ酸の他、62種類もの美容成分を贅沢に配合しています。用量も多くコスパが良い点も魅力です。


アスタリフト
アスタリフト
コラーゲンやセラミド、アスタキサンチンなどの美容成分が配合された保湿化粧品です。富士フィルム独自の「ナノ技術」で肌への吸収・浸透力が各段にアップ。エイジングケアにもおすすめです。