乾燥肌には、保湿力が不安・・・

オールインワン化粧品、乾燥肌でも満足できる?



スキンケアの基本といえば、化粧水を使って保水をしたあと、乳液やクリームで保湿をしたり、美容液やアイクリームをプラスしたスペシャルケアが挙げられます。

ですが、これらを面倒に感じている人も多いのではないでしょうか。特に、支度で忙しい朝や、飲み会で帰りが遅くなった時などは、何ステップも重ねなくてはならないスキンケアにうんざりしてしまいますよね。


そういった場合におすすめなのが、オールインワン化粧品です。

1ステップケアはとても魅力的だけど、乾燥肌だから保湿力が心配・・・という方も多いと思いますが、使い方や選び方次第で、乾燥肌の方にも満足できるオールインワン化粧品はあるんですよ。

ここではそんなオールインワン化粧品も魅力や正しい使い方についてお話したいと思います。


オールインワン化粧品とは?



化粧水・美容液・乳液・クリームといったスキンケアアイテムが一つにまとめられた基礎化粧品であるため、これ一つで全てのスキンケアを完了することができます。最近では化粧下地効果が加えられ、機能性がさらにアップしたものもあります。

オールインワン化粧品は、ゲル状になったものが一般的ですが、中にはローションタイプや乳液タイプもあり、好みの使用感からチョイスできるようになりました。


また、以前はジャー型のボトルにスパチュラですくって使用するタイプが主流でしたが、今はワンプッシュでケアできる便利なポンプ式ボトルも登場しています。

オールインワンと聞くと、ずぼらな人向け化粧品というイメージがあり、使用するのに抵抗がある方も少なくないと思います。しかし、何ステップも行う過剰なスキンケアはかえってお肌に良くない、との声もあり、シンプルなケアが叶うオールインワン化粧品に注目が集まっています。


ただし、オールインワン化粧品の中には保湿力がイマイチで、乾燥肌の方との相性があまり良くないものもあります。そのため、乾燥肌でお悩みの場合は化粧品の選び方に注意しなくてはなりませんよ。

<関連記事>
乾燥肌が悪化する、間違ったスキンケア


乾燥肌の人は必見!オールインワン化粧品を選ぶ時のポイント



では、乾燥肌の方がオールインワン化粧品を選ぶ際に注意したいポイントご紹介しましょう。

やっぱり「保湿力」に注目!

まず、保湿力が高いものを選ぶ必要があるということです。乾燥肌の方向けに開発された商品は、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど保水・保湿力のある成分を多く含んでいるので、そういったものを選ぶといいですね。

また、いくら良い成分が入っているとは言え、浸透力が悪かったらお肌にとってはあまり意味がありません。そのため、各成分の浸透性にもこだわる必要があります。

例えば、コラーゲンだったらマリンコラーゲンや水溶性コラーゲン。ヒアルロン酸は分子量が大きいため、ナノ化されたものを選ぶと良いでしょう。また、セラミドはいくつか種類がありますが、その中でも保湿力や浸透力に優れているのが、セラミド1、3、6Ⅱです。

これら保水・保湿成分は、肌に潤いを与えるだけでなくそれを守る働きがあるので、乾燥肌の人はこれらの成分が含まれているか確認したうえで購入をしましょう。

「低刺激」かどうかも重要!

それから、乾燥肌の人は肌が刺激に弱い状態になっていますので、低刺激かどうかも重要です。防腐剤や香料は乾燥肌にとって大きな刺激となり、敏感肌に繋がる可能性もあります。そのため、添加物が少ないものを選ぶようにしましょう。

商品の品質を高める目的の添加物もありますので、何がダメだとは一概には言えませんが、最低でも香料や着色料といったスキンケアをする上で全く必要ないものはカットされた化粧品を選ぶべきです。

乾燥肌には「ゲルタイプ」がおすすめ!



オールインワン化粧品のテクスチャーも様々ですが、乾燥肌の場合はゲル(ジェル)タイプがおすすめです。

ゲルは、化粧水や乳液よりも重厚感があり、クリームよりも軽いタッチで密着性が良く、肌に乗せても蒸散しにくい特徴がありますので、水分・油分ともに肌内部までしっかりと浸透させることができます。

またクリームのように、乾燥が気になる箇所に塗り重ねることができますので、扱いやすさの点からもベストな選択だと言えるでしょう。

※リキッドタイプのオールインワン化粧品には注意!

化粧水のようにサラサラとした軽いテクスチャーのものは蒸発しやすいため、お風呂上りなどお肌が火照った時にケアすると、かえって乾燥肌を悪化させてしまう可能性があります。

そのため、乾燥でお悩みの方は、化粧水タイプのオールインワン化粧品は控えたほうが良さそうです。


オールインワン化粧品といっても、含まれている成分は製品によって違いがあります。成分を比較するのが面倒ということであれば、乾燥肌用や敏感肌用、または超乾燥肌用として販売されているものを選ぶと良いですね。

実際にオールインワン化粧品を使ってみたもののいまひとつ効果が感じられないという場合は、口コミで評価が高いものを使ってみるのもおすすめです。


オールインワン化粧品の正しい使い方



次に、オールインワン化粧品の正しい使い方について紹介します。

まず、肌への浸透率をアップさせるために手のひらに乗せたら人肌に温めるのがポイントです。その後、乾燥が気になるところには重ね付けをしながら手のひらを使ってオールインワン化粧品を伸ばしていきましょう。

たったこれだけでスキンケアが完了するので、とても楽なのがオールインワン化粧品の魅力です。

化粧品が手に余ったら、首やデコルテまで伸ばしてあげましょう。オールインワン化粧品の中には保湿成分の他、様々な美容成分が配合されていますので、年齢が出やすい首やデコルテのアンチエイジングケアも叶いますよ。

メイクのノリが良くなる?!朝のお手入れのコツ!

オールインワンゲルの場合、塗った直後はややベタつきがあるかと思います。夜は寝るだけなので、お肌にゲルがたっぷり塗られた状態のほうが乾燥対策にも効果的ですが、朝はメイクがあるのでベタつきは邪魔ものですよね。

そのため、朝は薄めに塗り上げ、ベタつきが落ち着くまで数分ほど時間を置き、それからメイクを始めることにしましょう。保湿・美容成分が肌にしっかりと馴染むと、手が吸い付くようなしっとり肌が確認できます。

メイクのノリも良くなりますし、化粧崩れの予防にも効果的ですよ。

冬場のケアは化粧水をプラスすると保湿力アップ!



注意しておかなければならないのが冬場のスキンケアです。

冬場は空気が乾燥する季節ということもあり、乾燥肌の方は特にお肌の乾燥が気になりますよね。また、お肌の外側はテカテカしているのに肌内部はカラカラに乾燥しているインナードライ肌が増えるのもこの季節です。

一度オールインワン化粧品をつけただけでは肌の乾燥を感じてしまうことがあるかもしれません。どちらも、肌内部に水分が足りていないという状況ですので、この時期だけはオールインワン化粧品の前に、化粧水によるケアもプラスしてあげると良いでしょう。

もちろん、このとき使用する化粧水も保湿効果の高いアイテムがベターです。石鹸を使う洗顔は1日1回、化粧水で潤いを与えてからオールインワンゲルでふたをするイメージでケアするのが理想的です。


超乾燥肌の人は普通肌や乾燥肌の人に比べて肌の乾燥が激しいので、超乾燥肌の方用に開発されたオールインワン化粧品を重ね付けするなどして対策を取りましょう。下記では、乾燥肌の方に人気の高保湿化粧水やオールインワンゲルを紹介しています。

一年を通して乾燥肌でお困りの方や、冬場のインナードライ肌でお悩みの方はぜひチェックしてみてくださいね。

この章のまとめ

  • 保湿力が高く乾燥肌向けのオールインワン化粧品もある
  • 保湿力の高さは、配合成分とその浸透力をチェックすべし!
  • 敏感肌を予防するためにも、無添加で低刺激なものを選ぼう!
  • 乾燥肌は、密着性が高いゲル(ジェル)タイプがおすすめ!
  • 冬場やインナードライ肌の方は、化粧水もプラスした保湿ケアがおすすめ!

 乾燥肌化粧水の人気ランキング



乾燥肌・保湿対策の化粧品、人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
美容雑誌でも話題の人気保湿化粧品です。乾燥・敏感肌の方に欠かせないセラミドもばっちり配合しています。美容成分の浸透力やコラーゲン生成力を高めた独自の特許技術にも注目です。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
洗顔後これ1本でOK!簡単に保湿ケアができるオールインワンゲルです。乾燥肌に嬉しいセラミドやアミノ酸の他、62種類もの美容成分を贅沢に配合しています。用量も多くコスパが良い点も魅力です。


アスタリフト
アスタリフト
コラーゲンやセラミド、アスタキサンチンなどの美容成分が配合された保湿化粧品です。富士フィルム独自の「ナノ技術」で肌への吸収・浸透力が各段にアップ。エイジングケアにもおすすめです。