エイジング化粧品はいつから使う?



いつまでも若々しい素肌でいたいと思うのが女心。最近はアンチエイジング化粧品が充実していることから、年齢を感じさせない肌を保っている女性がとても増えています。

アンチエイジングケアはできるだけ早く始めたほうがよいという意識の方が多いようですが、エイジング化粧品の場合はある程度年齢を重ねてからのほうが、肌のためには良いと言います。

こちらでは、アンチエイジング化粧品を使いはじめる年代や、その理由について解説しています。


エイジング化粧品は30代から使うのが一般的



多くの女性は、アンチエイジング化粧品を使いはじめるのは30代からという認識です。30代になると、ヒアルロン酸やコラーゲンを肌に維持する機能が低下してくるため、こうした機能をよみがえらせるためにアンチエイジング化粧品が活躍します。

また、肌の酸化を促す紫外線や乾燥などの影響を受けやすいのも30代からであることが多いため、みなさん肌の変化や衰えを感じ始めたことから使いはじめるということもあるかもしれません。

<関連記事>
隠れ乾燥肌?夏におすすめの保湿ケア


10~20代からアンチエイジング化粧品はまだ早い?



何事も早いうちからの対策が重要になりますが、10~20代からアンチエイジング化粧品を取り入れてしまうのは、少し考え物です。次では、その理由と若い方におすすめのスキンケアついてお話します。

皮膚の再生機能を低下させてしまう恐れがある

10~20代の若いうちは、肌が自らの力で保湿力を保とうとする機能が十分働いています。ヒアルロン酸やコラーゲンを素肌がつくり出し、自然にハリを保つことができるので、アンチエイジング化粧品を使う必要はまだありません。

逆に、若いうちからアンチエイジング化粧品など栄養のたっぷり配合されたコスメを使用することで、肌自体のアンチエイジング機能が低下してしまう恐れがあります。


「肌断食」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。スキンケア方法のひとつですが、肌にあえて栄養を与えないことで、肌自体がもつ機能をよみがえらせるためのもので、一切のスキンケアを断って一定の時間を過ごすというものです。

これは肌によい刺激を与えることにつながるため、アンチエイジングを目指す人で実行している方がたくさんいます。


若いうちからアンチエイジング化粧品を使用することは、肌断食と逆のことを行っていることになってしまうので、肌の再生機能が低下してしまうのですね。

<関連記事>
ほうれい線ができる原因とは?

基本的なスキンケアは若いうちからしっかり意識しよう

とはいえ、若い人でも基本的なスキンケアは必須です。化粧水で肌に水分を与え、乳液やクリームなどで与えた水分が蒸発しないようにフタをし、必要な油分を補う程度のスキンケアは、若い人でも毎日きちんと行ってください。

こうしたケアを継続することで、肌の機能がより高まり、年令を重ねてもきれいな肌を維持することにつながります。ただし、ここで気をつけたいのは、栄養を与え過ぎないということ。

季節や過ごし方によって肌のコンディションは変わりますので、乾燥している冬場などは乳液の上からクリームでさらに保湿を行なうなど、その時々に応じたケアは必要ですが、必要以上に栄養を与え過ぎることがないように気をつけましょう。

<関連記事>
敏感肌のための目的別ケアガイド~美白・保湿・ニキビ~


早いうちからアンチエイジング化粧品でのお手入れが必要な人



若い方でも、ライフスタイルに応じてアンチエイジング化粧品の導入が必要な人もいます。

それは、日焼けサロンなどで肌を焼いていた人や、運動部など紫外線にあたる時間が長かった方。マリンスポーツをしている人も、早めにアンチエイジング化粧品を導入するとよいかもしれません。


これは、紫外線に長時間あたり続けていたことで、肌の再生機能がすでに低下してしまっている可能性があるためです。アンチエイジングにおいて、紫外線はもっともタブーなもののひとつ。

紫外線はコラーゲンを破壊し、肌の保湿機能をどんどん失わせてしまいます。前述の方々は、おそらく肌の乾燥に悩んでいるという人が多いのではないでしょうか。


この場合、アンチエイジング化粧品を導入することで、肌の再生機能を高め、保湿能力を上げることができます。今後も紫外線にあたる機会が多いと思われる方は、まず日焼け止めなどを用いて紫外線によるダメージを防ぐことが重要です。

SPF50以上の日焼け止めを全身にしっかり塗って、できれば2時間ごとに塗り直しを行なうと日焼け止め効果を維持できます。肌の酸化を防ぐために、ビタミンCやEが豊富に含まれる食事を意識するのもよいですね。


食事でビタミン接種が難しいという方は、サプリメントを取り入れると手軽です。加えて、美白やシワに有効なエイジング成分が入った化粧品でお手入れしてあげましょう。

<関連記事>
万能美容液「ホホバオイル」について


エイジング化粧品の始め時?エイジングサインって?



アンチエイジング化粧品を導入するタイミングは、これまでのスキンケアを続けていても保湿効果が足りないと感じたり、肌のハリがなくなってきたように思い始めた頃がベストです。

乾燥している場所に長く滞在すると、ほうれい線ができてしまうことがありますが、肌の再生機能がきちんと働いていれば、帰宅後、きちんとケアをすることでほうれい線が消えます。


これまでは消えていたけれど、なかなかできてしまったほうれい線が消えなくなってきてしまった人は、肌の再生機能が低下している可能性があるので、アンチエイジング化粧品の導入を検討してみましょう。

アンチエイジング化粧品については、コスメランキングで優秀な商品がたくさん紹介されていますので、参考にするとよいと思います。

体内年齢を若く保つ



アンチエイジングにおいて一番重要なことは、肌だけではなく体内年齢を若く保つということです。

体内年齢が若ければ、肌はいつまでもハリを保つことができますし、ちょっと紫外線を浴びてしまっても、ケアをすれば肌に大きな影響を及ぼすことなく元の素肌に戻ります。


体内年齢を若く保つには、前述した体内の酸化を防ぐビタミン類をしっかり摂ることや、良質な睡眠を確保すること、また適度に体を動かすことなどが有効です。

酸化した油で作られた揚げ物やファーストフード、アルコールの飲み過ぎは体内の老化を促しますので、できるだけ避けたほうがよいでしょう。果物はアンチエイジング効果が期待できますが、食べ過ぎると果糖の摂り過ぎで逆効果になってしまいますので、気をつけたいですね。

エイジング化粧品はいつから使う?のまとめ

  • アンチエイジング化粧品は肌に変化を感じ始めた30代から使いはじめるとよい
  • 10~20代でアンチエイジング化粧品を使うことは肌の機能の低下に繋がる
  • 10~20代でも、基本的なスキンケアは重要になるので、しっかり行なうこと
  • アンチエイジング化粧品の使い始めは、ほうれい線が目立つようになった頃
  • 体内年齢を若くすることがアンチエイジングに繋がる

 ほうれい線を消す化粧品、おすすめは?


しわ・ほうれい線を消す化粧品の人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
ポーラ・オルビスグループ開発の特許技術により潤い美肌成分の浸透・保水機能がグンと高まりました。それに伴いコラーゲン生成量が170%アップしたことでふっくらハリのあるお肌を実現します。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
ほうれい線ケアができるオールインワン化粧品と言ったらこれ。3種のセラミドや15種のアミノ酸、その他ほうれい線ケアに必要な美容成分がふんだんに配合された高機能ゲルです。


アスタリフト
アスタリフト
富士フィルムのナノ技術が生かされたほうれい線化粧品です。高浸透のコラーゲン粒子を実現したことで、しわやほうれい線などの年齢肌トラブルを集中ケアします。