頬のたるみに有効?造顔マッサージ

なんだか最近、シワやたるみ、ほうれい線や二重あごにもとても効果のあるマッサージ方法があるということで、テレビで話題になっていますね。様々な番組で取り上げられているようですが、「造顔マッサージ」といのはご存知でしょうか?



この「造顔マッサージ」が、今とても人気があるようで、たった1回するだけでもかなり効果があると評判です。


「造顔マッサージ」の方法については、youtubeでも流れていますし、いろいろなサイトでも掲載されていますが、一番老けて見られてしまう「ほうれい線」のマッサージの仕方をご紹介したいと思います。マッサージクリームを巨峰大の量を手に取り、顔全体に塗ります。まず、片手で顔の片方のエラの部分を押さえてください。

そして、もう片方の手で、反対側のエラの中央から目頭に向かって進みます。そして目の下を真横に通り、こめかみのところまで行くと、頬をつたって首筋まで行きます。これを3回繰り返し、反対側も行います。


ただ、やり方を間違えると、逆効果になることもありますので、正しいやり方でするようにしてください。間違ったやり方でマッサージをしてしまうと肌が赤く腫れ上がったりすることもあるようです。

正しいやり方の一つにマッサージクリームがありますが、必ずマッサージクリームを使うようにし、マッサージにかなりの量のクリームを使いますが、もったいないからと減らしたりせずに、マッサージ中クリームが少なくなってきたなと思ったら足してからマッサージするようにしてください。


ここで皆さんの悩みどころが出てくるかと思いますが、マッサージクリームのことです。ネットなどで検索すると、造顔マッサージ用のクリームということで、いろいろなクリームが紹介されていますが、どれも高価なもので、かなりの量を使う造顔マッサージに使うには、費用もそれなりにかかってしまいます。

しかし、造顔マッサージの先生である田中宥久子さんは、「油分が少なく、指どまりの良いマッサージクリームなら、高価なクリームでなくてもいい」と言っています。


田中宥久子さんのサロンでも造顔マッサージ用のクリームが販売されていますが、やはりとても高価なものですし、造顔マッサージは毎日続けることで効果がどんどん上がるということですので、毎日するとなると、他のマッサージ用のクリームで代用したほうが費用もかからず済みますね。

これでしみやシワ、ほうれい線などの対策が万全かと思われがちですが、やはり日々のスキンケアも必要です。


スキンケアにプラスしてマッサージを行うことで、さらにシワやたるみ、ほうれい線などの改善が期待できますので、日々のスキンケアに関してはこちらのランキングなどを参考にしていただくと、今皆さんがどんなスキンケアを使っているのか、人気があるのはどのスキンケアなどが人目でわかりますので、自分に合ったスキンケアが見つかるのではないでしょうか。



肌のハリ・顔のたるみに効く化粧品、人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
ポーラが研究開発した美肌成分「CVアルギネート」が細胞の活性化を促し、自らのコラーゲン生産力を高めてくれます。高浸透のセラミドにより保湿力もアップ。ピンとハリのある若々しいお肌へ導いてくれます。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
1本で4役をこなす高機能オールインワン化粧品です。エイジングケアに嬉しい美容成分62種の他、2種のコラーゲンに3種のセラミド、ヒアルロン酸を配合しており、敏感肌でも使用できる低刺激処方が魅力です。


アスタリフト
アスタリフト
アスタキサンチンによる「赤」が特徴的なエイジング化粧品です。その他、コラーゲンやセラミド、リコピンなど美容成分が贅沢に配合されており、富士フィルム独自のナノ化技術による浸透力の高さに注目です。