シワと女性ホルモンの関係について



アンチエイジングを意識する時、「シワ」が気になり始めたのがきっかけという人は多いのではないかと思います。シワの原因にはいろいろなものがありますが、女性ホルモンが深く関係しているということをご存知でしょうか。

ここでは、シワと女性ホルモンの関係や、女性ホルモンを整えるために有効な方法などについてまとめています。


シワと女性ホルモンの関係



シワやシミ、たるみなどは肌のターンオーバーが乱れてしまうことが大きな原因です。ターンオーバーが乱れると、古い角質が残り、肌がヒアルロン酸やコラーゲンといったハリを保つ成分を保持する機能が低下してしまいます。そうなると、肌の乾燥は悪化し、ダメージを受けやすくなり、結果シワにつながってしまいます。

ターンオーバーが乱れてしまう理由としては、紫外線を浴びすぎてしまうことなども大きな要因のひとつになりますが、女性ホルモンが乱れることもターンオーバーの乱れと大きく関係しているのです。

<関連記事>
乾燥肌が悪化する、間違ったスキンケア

女性ホルモンは年齢と共に減少する

女性ホルモンは加齢と共に分泌が少なくなります。30代というと一般的にはまだまだ若いようなイメージですが、女性ホルモンは30歳をピークに、その後徐々に減少し始めます。50代では分泌量がかなり少なくなってしまいます。

そのため、50代以降になると閉経が訪れ、更年期障害の症状が現れたり、肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなるのです。

生理前の肌荒れも女性ホルモンが関係している



また、女性ホルモン自体に美肌を作り出す働きがあるのをご存知ですか?

美肌ホルモンともいわれる「エストロゲン」は、女性ホルモンの一種で、肌のハリや鬱おいを保つ働きがあります。生理後は肌の調子がよくなるという女性が多いですが、これはエストロゲンの分泌が生理後に盛んになるためです。


逆に、生理前になると肌荒れを起こして今う人が多いのは、「プロゲステロン」という女性ホルモンの働きによるもの。生理前や生理後に肌の調子が変化するのは、こうした理由があったのですね。

このエストロゲンやプロゲステロンの分泌周期は28日間のサイクルで行なわれるのですが、これは生理周期と同じです。

<関連記事>
生理前や便秘中は注意!一時的敏感肌の原因・対処法

生理周期は正常な場合28日になりますが、遅かったり早かったり、毎月生理がバラバラということは、このホルモンの周期にもバラつきがあるということなので、ホルモンバランスが整っていないということがいえます。

ホルモンバランスが乱れると、このエストロゲンの分泌にも影響してきますので、老化とホルモンバランスには密接な関係があるということがお分かりいただけると思います。

生涯で分泌される女性ホルモンの量って?

ちなみに、一生のうちに分泌される女性ホルモンの量はどのくらいあるかご存知ですか?その量はなんとスプーン1杯分くらいだといわれています。

女性らしさを司っているといっても過言ではない女性ホルモンは、なんと生涯でスプーン1杯分しか分泌されないのです。ただでさえ少量なのに、加齢によってどんどん分泌が少なくなってしまうのは大変困ります。


女性ホルモンを整る方法


女性ホルモンの分泌を促すには?

一生のうちにほんの少ししか分泌されない女性ホルモンを少しでも多く分泌させるにはどうすればよいのでしょうか。一番手軽で代表的な方法としては、「大豆イソフラボン」を積極的に取り入れることです。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た機能があることで知られており、アンチエイジング化粧品に大豆イソフラボンが配合されているものもたくさんあります。


また豆乳の摂取も有効です。豆乳は気軽に飲むことができる上に牛乳よりも身体にやさしく、またたんぱく質も摂取できるので、ぜひ積極的に取り入れたい飲み物。

生理前一週間から毎日豆乳を200ml飲むと、生理が終わったときに体重が減少するというダイエット方法も流行っているようですので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。


より効率よく女性ホルモンを取り入れたいという場合、ホルモン注射を行なっている人もいます。

ピルなども女性ホルモンを取り入れられるものがありますが、こうした医療的なものは心身に別の影響を来す可能性も考えられるため、できるだけ自然な形で女性ホルモンの分泌を盛んにできるといいですね。

<関連記事>
美白に効果的な美容成分まとめ

ホルモンバランスを整えるには?



ホルモンバランスはちょっとしたことで乱れてしまいます。食生活や睡眠、ストレスなど、いろいろなことが原因で乱れがちなので、規則正しい生活を心がけることと、ストレスを溜めないように生活することが大切です。

また、女性ホルモンと似た働きを持つ大豆イソフラボンを摂取することも、ホルモンバランスを整えることにつながります。半身浴で汗をかくことも、代謝が上がり身体機能が活発になることでホルモンバランスが整いやすくなるのでおすすめです。


また、適度な運動をすることで、身体が正常な働きをキープできるようになるので、運動はホルモンバランスを整えるのに欠かせません。ヨガリラックス効果がある上に有酸素運動で体内にたっぷり取り入れることができ、かつ適度に筋肉を鍛えることもできるのでベストな運動です。

そのほかウォーキングやスイミングなど、なんでも自分が楽しみながら取り組める運動を生活に取り入れてみましょう。

<関連記事>
ほうれい線を予防する大事な7つの習慣!

ちなみに、生理痛がひどい人や、出血が多い人、日数が長い人も、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。これらの症状を改善させるには、前述した生活を意識することと、身体をできるだけ冷やさないようにすることがポイントです。

特に生理痛がひどい人は、生理2日目など一番量が多い日のシャンプーを避けることと、砂糖の摂取を控えることで、痛みがかなり和らぐことがあるようですので、薬を飲みたくない人はぜひ試してみてくださいね。

シワと女性ホルモンの関係についてのまとめ

  • シワの原因となるターンオーバーの乱れは、ホルモンバランスの乱れも関係している
  • 一生のうちに分泌される女性ホルモンは、約スプーン1杯分しかない
  • 女性ホルモンの分泌を活発にするには、大豆イソフラボンを摂取するとよい
  • ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活とバランスのよい食生活が重要
  • ストレスを溜めないこと、適度な運動もホルモンバランスを整えるポイント

 ほうれい線を消す化粧品、おすすめは?



しわ・ほうれい線を消す化粧品の人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
ポーラ・オルビスグループ開発の特許技術により潤い美肌成分の浸透・保水機能がグンと高まりました。それに伴いコラーゲン生成量が170%アップしたことでふっくらハリのあるお肌を実現します。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
ほうれい線ケアができるオールインワン化粧品と言ったらこれ。3種のセラミドや15種のアミノ酸、その他ほうれい線ケアに必要な美容成分がふんだんに配合された高機能ゲルです。


アスタリフト
アスタリフト
富士フィルムのナノ技術が生かされたほうれい線化粧品です。高浸透のコラーゲン粒子を実現したことで、しわやほうれい線などの年齢肌トラブルを集中ケアします。