マイナス5歳肌になるスキンケアとは

いま、「マイナス5歳肌」という言葉がトレンドになっています。私たちの肌には実年齢とは関係のない「肌年齢」があるそうです。この肌年齢とは、皮膚の状態を総合的に測定した肌自体の年齢のことをいいます。



つまり、マイナス5歳肌とは実際の年齢よりも肌年齢が5歳若いということを指しているのです。


肌年齢の目安となるのが、皮膚のハリ・ツヤ・弾力の状態、シワ・シミ・くすみ・たるみ・ニキビ・吹き出物・毛穴の開き・肌理(きめ)の荒れなどの肌トラブルの有無、適切な油分量や水分量が維持されているかなどです。

このように挙げていくと、「すべてを満たすのは難しい」と感じるかもしれませんね。しかし、10代のころの輝くような透明感のある肌に戻るのは少し難しいとしても、実際の年齢よりも5歳若い肌になるのには少しの心掛けだけで可能となるというのが「マイナス5歳肌」という考え方なのです。


「マイナス5歳肌」になるためのスキンケアは、

(1)肌の水分量、(2)肌の油分量、(3)肌のトラブル防止

がポイントとなります。


肌の水分量を維持するためには紫外線やエアコンの影響に考慮し、ファストフードや外食などを避けてヘルシーな食生活を心掛け、水分保持をサポートしてくれる化粧品を選ぶことが重要です。

また、肌の適切な油分量を保つためには、水分保持成分の含まれたローションにプラスして、自分の肌質に合った乳液やクリームの使用が効果的です。


上記の2点のポイントはクレンジングや洗顔料を含めて、いかに自分の肌質に合ったスキンケア化粧品を選ぶかということに尽きるでしょう。どんなに高価な化粧品であっても、自分の肌が求めていないものを朝晩いくら塗っても、望んでいるような「マイナス5歳肌」の効果は得られません。

また、シワやしみ、くすみ、たるみなどのの防止には、肌トラブルに合わせた成分の入ったスキンケア化粧品を選ぶのも良い方法です。


肌乾燥が気になる場合は水分保持力の高いヒアルロン酸やコラーゲン、エイジング肌が気になる場合は抗酸化力のあるビタミンCやビタミンE、エイジングケア成分のEGFやペプチド、オールマイティな美肌効果が期待できるブラセンタなどの成分をチェックしてみてはどうでしょうか。

「マイナス5歳肌」になるためにはスキンケア化粧品選びが大切なポイントです。肌質や成分にこだわって、いつまでも若々しく健やかな美肌つくりにトライしてみてくださいね。



しわ・ほうれい線を消す化粧品の人気ランキング

ほうれい線化粧品