見た目年齢を若返らせるためには?

皆さんは、周囲の人から自分は何歳くらいに見られているのか考えたことがあるでしょうか?



「会社で同期のあの子は年齢よりも若く見られて、私はいつも年上に見られるわ・・・」

40代であっても30代に見られる人もいれば、20代なのに30代と間違われてしまうなんて話も、よく聞きますよね。


では、なぜ人によってこんなにも見た目年齢に差がでてしまうのでしょうか。いくつかの化粧品メーカーの調査によると、見た目年齢が実年齢より老けて見える一番の要因は「たるみ」・「ほうれい線」・「しわ」など肌に表れる「老化現象」だそうです。


ここでは、たるみやほうれい線など老化症状を引き起こす加齢以外の主な原因を3つ挙げていきます。心当たりがないか、ぜひ一緒にチェックしてみてください。

見た目年齢を悪化させる3つの要因


①表情筋のたるみ
表情筋は普段から無表情でいたりあまり表情筋を使わないでいると、どんどん筋繊維が衰え伸びっぱなしになってしまい、たるみや法令線を作ってしまいます。女優さんたちがいくつになっても若々しく見えるのは、笑顔の習慣によって表情筋が鍛えられているからなんですね。


②活性酸素による酸化
活性酸素は、もともと私たちの体内に存在していますが、紫外線をあびたり、ビタミン不足やストレス・喫煙などによって活性酸素の量が増えると、周囲の細胞を無差別に酸化させ、傷つけてしまいます。

「酸化する=錆びる」ということです。錆びた鉄やチェーンがもろく切れやすいように、増えすぎた活性酸素は肌の細胞や筋繊維をボロボロにし、しわやたるみを引き起こします。


③真皮層のコラーゲン不足
肌には「真皮」と呼ばれる層があります。真皮には「コラーゲン」というタンパク質があり、肌の弾力やハリをぷるんと保っています。

体内で作られるコラーゲンの量は、ホルモンバランスが乱れることでも減ってしまいますが、最も恐ろしいのは、紫外線や活性酸素などによってコラーゲン繊維が切断されてしまうことです。肌の回復が追い付かないほどダメージを受けてしまうと、真皮層は痩せ、法令線やしわを深くするので一気に見た目年齢を老け込ませます。


いかがでしたか? いくつか心当たりのある方は、見た目年齢を改善するためにも、ぜひ今日から下記の対策をはじめてみましょう!

見た目年齢を改善するための対策は?

まずはやはり、睡眠不足やストレス、バランスの悪い食生活などの不摂生を、根本的に改善することが基本です。

食事であれば、ビタミンE・βカロテン・リコピンなど抗酸化作用が高く、細胞を錆びさせないビタミンも有効でしょうし、コラーゲンや、ビタミンCなど肌の弾力をつくる食品も良いでしょう。適度な運動やストレス発散を心がけることも大切です。

しかし、こういった習慣を続けるのは本当に大変なことです。ときには外食したり、思いっきりお酒を飲んだり、疲れていて運動したくない日もあるでしょう。


けれど、どんな日でも「化粧水」はつけますよね?実は「見た目を変える」もっとも早く効果的な方法は「スキンケアを変える」ことなんです。

たるみやほうれい線と聞くと、ついつい「美顔器」や「イオン導入器」などを使った特別なケアが一番だと考えがちですが、やはりこれらは費用がかかりますし、それでいて効果は人によってまちまちですから充分に検討する必要がありますよね。


それよりも、毎日使う化粧水や美容液を、もっとエイジング効果の高いものに変えたほうがより確実です。コラーゲン・プラセンタエキス・EGF・セラミドなど、これらは保湿だけでなく「細胞自体をよみがえらせる成分」です。

少しでも早く見た目年齢を若返らせたい方は、ぜひ化粧品を選ぶときの目安にしてみてくださいね。朝晩のスキンケアをまず見直せば、特別なケアをしなくてもたるみやシワ、ほうれい線を薄くすることは可能です!


同じ年代でありながら見た目年齢の若い女性は、このようなスキンケアをしてるからなのかもしれませんよ。ほうれい線対策のスキンケアをもっと詳しく知りたい方は、以下のサイトもあわせてご覧ください。


 ほうれい線・顔のたるみをなくす化粧品


しわ・ほうれい線を消す化粧品の人気ランキング

ほうれい線化粧品