顔のたるみはどうして起こる?

「たるみ」といえば、やはり一番避けたいお肌の悩みですよね。たるんでいるとどうしても老けてみえがちです。口元や目の下には、特に顕著にたるみは現れてしまいます。どうしてお肌はたるんでしまうのでしょう?その仕組みと対策を、ちょっぴり見てみましょう。



健康なお肌はふっくらとしてハリがあります。そのふっくらお肌を支えているのは、お肌の深いところにある「コラーゲン」「エラスチン」などが皮膚を支えているため。


コラーゲンの繊維が絡み合った網目状の立体構造が、きっちりとお肌を支えているのです。網目状の繊維は本来、等間隔にお肌の下に存在しています。しかしハリのないお肌の場合、網目の空白部分が増えてしまうのです。するとお肌を充分に支えられなくなり、お肌はたれてしまいます。

また、お肌の下の脂肪分もお肌を支えるのを手伝っているのですが、その脂肪分も加齢と共に減少していきます。以上のことから、たるみは脂肪分の多い場所にとくに現れるとされています。目の下や頬、口角、輪郭など。いずれも鏡で見てみると、たるみの気になる部分ですよね。


更に、筋肉の衰えもたるみの原因のひとつ。顔には「表情筋」と呼ばれる筋肉が全体に張り巡らされています。この筋肉もまた、お肌の奥深くに存在し、皮膚の土台となっているものです。

土台がしっかりしていなければ、その上のものを上手く支えることができませんよね。ですので、この筋肉が衰えてしまっても、たるみに繋がってしまいます。


たるみに対抗するには、まずお肌を衰えさせる「紫外線」を防止しましょう。その上で、老廃物を排出するための血行促進マッサージ、更に表情筋を鍛えることも大切です。表情筋を鍛えるには「笑う」ことが一番のエクササイズになります。


また、女性ホルモンの分泌も気を付けておきたいところです。女性ホルモンはコラーゲンの分泌を促す物質。しかし女性ホルモンは加齢と共に減っていくものなので、女性ホルモンの機能を助ける化粧品などを使用すると効果的でしょう。


 ほうれい線・顔のたるみをなくす化粧品



肌のハリ・顔のたるみに効く化粧品、人気ランキング

肌ハリ化粧品