日々のアンチエイジングに気を付けよう

アンチエイジングの効果を高めるために



アンチエイジングケアの中心となるのは、やはりスキンケア。アンチエイジング化粧品を活用して加齢肌を少しでも若返らせようとしている女性は多いですよね。もちろんアンチエイジングにおいてスキンケアは欠かせない要素なのですが、よりその効果を高めるためには、日常生活でのちょっとした心がけがとても重要になります。

アンチエイジング効果を引き出す生活というのは、ずばり「肌本来の働きを取り戻す」ことを目的とした生活です。免疫力を高めたり、低下してしまった肌の自己再生機能を取り戻すような生活が、アンチエイジング効果のある生活だといえるのではないでしょうか。

ここでは、アンチエイジング効果を高めるための生活習慣について触れています。


アンチエイジング効果を高めるための生活習慣



特定の栄養も重要だが、バランスの取れた食事が最重要

アンチエイジング効果を得るには、やはり食生活を意識することが必要不可欠です。老化防止によいといわれる栄養素としては、ビタミン類やオメガ3などいろいろなものがあり、こうした特定の栄養素を意識することも決して悪くはありません。

しかし、身体はたくさんの栄養すべてを吸収して、初めて健康体として機能するので、バランスのよい食事のほうが、はるかに高いアンチエイジング効果が期待できます。

<関連記事>
肌ハリ・美白に効果的な成分「レチノール」について

「まごはやさしい」を意識した食事を!

食生活のバランスを取るには、昔からいわれる「まごはやさしい」がとても役立ちます。

「ま」は豆類、「ご」はごま、「は」はわかめを始めとする海藻類、「や」は野菜、「さ」は魚、「し」はしいたけなどのきのこ類、「い」はイモ類を指し、これらの食材をバランスよく食べることが大切です。


また、最近では「こ」の米や玄米と「よ」のヨーグルトを始めとする発酵食品を加え、「まごこはやさしいよ」という語呂合わせとなっています。

前述した食材にプラスして積極的に取り入れたい食材は、脂質の少ないたんぱく質です。赤身の肉や鳥のささみ、胸肉などが挙げられますが、たんぱく質は身体の細胞を再生するのに欠かせません。


ダイエットなどを気にして肉類の接種を控える人がいるようですが、脂質の少ないたんぱく質は食べても太らないので大丈夫です。むしろ筋肉をつくるためにもたんぱく質は重要なので、積極的に取り入れましょう。

糖質をカットした食材を



そのほか、糖質の少ない食材を取り入れるのも有効です。

糖質を制限するダイエットなども流行っていますが、まったく糖質を摂らない生活だと、集中力が欠けたり、身体のだるさを覚えるなど体調が悪くなってしまう時もありますので、穀物類はしっかり食べるようにしたいですね。

そこでおすすめなのが、玄米や全粒粉パンなど、精製していないも穀物類です。脱穀していない玄米などの食材は、血糖値の上昇を抑え、体内の糖化を防ぐ効果があります。食物繊維をたっぷりとり、便通を良くして代謝を高めるのもおすすめです。

<関連記事>
乾燥肌を解消してしっとり潤い肌を作る食べ物・レシピ

水分補給も大切

また、水などの水分をしっかり飲んで、体内から水分を補給することもアンチエイジングにつながります。

理想はミネラルウォーターを1日2リットル。1ヶ月続けることで肌にうるおいがよみがえり、老廃物が尿と一緒に排出されて、透明感のある肌に近づいていきますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

どうしても水だけを飲むことができないという人は、ノンカフェインのハーブティーなども有効ですが、緑茶やコーヒーなどのカフェインの含まれる飲み物や、アルコールは水分に入らないのでご注意を。


日常生活編



日常生活では、まずストレスを溜めない生活を心がけることが大切です。ストレスは体内を酸化させてしまうとても怖いもの。とはいえ、現代人はまったくのノンストレスで生活するというのは難しいですよね。

ストレス解消には運動がおすすめ

そこで、自分なりの手軽にできるストレス解消法を見つけておくとよいと思います。軽い運動はストレスを解消できるほか、血流をよくし、代謝アップの効果も期待できるのでおすすめです。

美食がストレス解消という人もいるかもしれませんが、カロリーやコレステロールの摂取が過剰となってしまう可能性があるのでほどほどにしましょう。

<関連記事>
乾燥性敏感肌を招く習慣やスキンケアは?

良質な睡眠をとること



次に、良質な睡眠をしっかり取ることも重要なポイントになります。睡眠時間が短いと疲れが取れないのはもちろんですが、身体の細胞が再生する機能が低下してしまうので、アンチエイジングには逆効果なのです。

パソコンやスマホなどのブルーライトを長時間浴びていると、睡眠の質が下がるというデータがあります。


できれば寝る1時間前にはこれらの操作は控えるようにして、蛍光灯ではなく間接照明などの明かりで睡眠に入る準備をしておくとよいでしょう。しっかり眠ることで成長ホルモンの分泌が活発になりますし、代謝も上がります。

アンチエイジングにおいても、ダイエットにも良質な睡眠はとても大切ですので、日頃から心地よい寝具を揃えるなど環境を整え、より質の高い睡眠を得られる工夫をしてみてください。

入浴ついでのマッサージもエイジング効果アップ!



そのほか、時間のある時、バスタイムでリンパマッサージをするなどして身体のめぐりをよくすることも、アンチエイジング効果が高まります。

リンパマッサージはサロンで施術を受けるとより効果的ですが、コストがかかるというリスクがありますし、自分で十分セルフケアをすることが可能です。

<関連記事>
お金をかけずにほうれい線・たるみを解消するセルフマッサージ!

首や鎖骨周り、脇の下、耳の後ろ、足の付根や膝の裏など、リンパが集中しているところを流すようにマッサージします。入浴中は身体が温まり、流れがよくなっているのでより効果が高まるので、ぜひバスタムの習慣として取り入れてみてください。

リンパマッサージの後は水分をたっぷり取ると、尿と一緒に老廃物が排出されやすいので、マッサージ後は500ml以上の白湯またはミネラルウォーターを飲んで、よりアンチエイジング効果を高めてあげましょう。

アンチエイジングの効果を高めるために・のまとめ

  • アンチエイジング化粧品の効果をより高めるために、日常生活も意識しよう
  • 食生活では「まごこはやさしいよ」を意識し、低脂質のたんぱく質を積極的に摂る
  • 糖質の少ない食材や水をたっぷり飲むこと、食物繊維を摂ることも有効
  • 日常生活ではストレスを溜めない生活を心がける。手軽なストレス解消法を見つけておこう
  • 睡眠の質を高めることはアンチエイジングにつながる。睡眠環境を整える
  • バスタイムリンパマッサージで身体のめぐりをよくし、代謝を上げてアンチエイジング効果を高めよう

 ほうれい線を消す化粧品、おすすめは?




しわ・ほうれい線を消す化粧品の人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
ポーラ・オルビスグループ開発の特許技術により潤い美肌成分の浸透・保水機能がグンと高まりました。それに伴いコラーゲン生成量が170%アップしたことでふっくらハリのあるお肌を実現します。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
ほうれい線ケアができるオールインワン化粧品と言ったらこれ。3種のセラミドや15種のアミノ酸、その他ほうれい線ケアに必要な美容成分がふんだんに配合された高機能ゲルです。


アスタリフト
アスタリフト
富士フィルムのナノ技術が生かされたほうれい線化粧品です。高浸透のコラーゲン粒子を実現したことで、しわやほうれい線などの年齢肌トラブルを集中ケアします。