ほうれい線は、若くてもできるの?

10代や20代にできるほうれい線の原因・対策は?



人の顔の印象を大きく左右する要因のひとつに、ほうれい線があります。ほうれい線は、口元の両わきに大きく刻まれるしわの一つですが、この線があるのとないのでは、見た目年齢が大きく変わってきます。

若いのに驚くほど老けて見える方もいれば、高齢にもかかわらず実年齢からは考えられないほど若々しく見られる方もいらっしゃいますが、この差にほうれい線が大きく関わっているケースも決して少なくありません。


そんな、女性にとってある意味とっても怖い存在であるほうれい線ですが、最近は10代・20代といった若年層でも目立つ方が増えてきています。

元々ほうれい線は「豊齢線」とも表記され、豊かな年を重ねた方に表れる線という意味もあるのですが、これに反して若い方にも刻まれるようになったのには、どういった原因があるのでしょうか?

今回は、10代20代にできるほうれい線の原因と対策について考えていきたいと思います。


10代20代でほうれい線ができる原因とは?



一般的に、ほうれい線ができる代表的な要因は「皮膚の弾力やハリの低下」「表情筋の衰え」「皮下脂肪の増加と蓄積」などが挙げられますが、これらの多くは加齢を前提として原因とされるものです。

年齢を重ねれば重ねるほど、上記のような要因によって顔の肌はたるみ、ほうれい線に限らず大きなしわが刻まれやすい状態となります。

しかし、10代20代という若年層でほうれい線が目立つようになってきた理由は当然他にあります。ここに若い世代に特有の、ほうれい線ができる原因をまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

紫外線によるダメージ



最近は、若い世代にも紫外線ケアの重要性が広く周知されるようになってきましたが、紫外線ケアが大切だという知識があっても、それをしっかり実践している方は少ないというのが実情です。

若い頃は日焼けしてもすぐに肌の状態は回復しますし、シミやシワ、吹き出物などがすぐに出てくるといった心配もありません。しかし、そこで油断して紫外線ケアを怠ると、若くても肌の弾力が失われ、顔に大きなほうれい線が刻まれる要因となる可能性があります。


肌のハリは、肌の奥にあるコラーゲンとエラスチンという繊維によって保たれていますが、紫外線はこれらを切断したり、製造を司る細胞を傷つけたりしてしまいます。その結果、肌は弾力を失ってしまい、肌がたるんでしまうという仕組みになっています。

若い頃であれば多少コラーゲンやエラスチン、そしてそれらを作り出す細胞が傷ついてもすぐに回復しますが、なんの対策もしないまま長時間紫外線を浴び続ければ回復は追いつきません。若いからといって気を抜かず、一年を通して紫外線ケアを心がけましょう。


もう一点気をつけたいのが「隠れ日焼け」と呼ばれるものです。隠れ日焼けは日に焼けて肌が黒くなるタイプの日焼けと違い、日常的に少しずつ紫外線を浴び続けることで肌がうけるダメージをさします。

<関連記事>
隠れ乾燥肌?夏におすすめの保湿ケア

例えば、冬はもともと紫外線ケアが甘くなりがちですが、特に日差しの弱い曇りの日などに自宅ですっぴんで過ごす、という方がいらっしゃいます。しかし、冬であろうと曇りであろうと紫外線は一年中降り注いでいますし、窓ガラスを透過して紫外線を浴び続けます。


こういった場合、紫外線のダメージは肌に蓄積していくのに肌は焼けないという状態になるのですが、これが隠れ日焼けという訳です。

10代20代で日焼け対策に躍起になる必要はありませんが、ポイントを押さえて、必要十分な紫外線ケアは行うよう心がけましょう。今のうちから紫外線対策を入念にしておくことで、ほうれい線はもちろん、乾燥や敏感肌の予防にも繋がります。

<関連記事>
もしかして私も敏感肌かも?

無理なダイエット



運動を取り入れた適度なダイエットは、新陳代謝が良くなりお肌もきれいになるので是非行ってほしいものです。ですが、過度な食事制限を伴うようなむりなダイエットには注意が必要です。

食事を制限して行うダイエットは、しっかりとした献立・栄養管理を行わないと、身体に必要な栄養素を摂取できず、肌や筋肉などに大きなダメージを与えてしまいます。


10代20代はまだまだ身体が成長を続けている時期です。そんな大切な時期に過度のダイエットをしてしまえば、当然、筋肉や皮膚が正常に作り出されなくなり、皮膚のたるみなどを引き起こしてしまいます。

ダイエットをして体重は落ちたけれど、見た目が老けてしまったというのは、若い世代によく聞かれる話です。無理なダイエットは特に顔に影響が出やすく、ほうれい線といった形で表れやすいので注意が必要です。

パソコンやスマホの使いすぎ



最近、老け顔の原因として特に注目されているのが、パソコンやスマートフォンの使いすぎです。電子機器の使用が原因というと「電磁波かなにかの影響!?」とビックリするかもしれませんが、そうではありません。

この数年でLINEやTwitterといったSNSの利用が当たり前となり、簡単に知人や友人と連絡を取れるようになりました。そのため、パソコンやスマートフォンを利用した文字でのコミュニケーションが主体となり、実際に人と会って話をする機会が減少傾向にあります。休みの日などに、一日中誰とも会わず、直接会話もせずに過ごしてしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか?


実は、こういった生活習慣がほうれい線を刻み、老け顔を作る原因となっているのです。長時間パソコンやスマートフォンを使用していると、表情はなくなり、無表情となります。一説によると、まばたきの回数も通常の半分以下にまで減少するといわれています。

こういった状態が続くと、表情筋を使う機会が激減してしまい、筋肉や皮膚が柔軟性を失って、大きなしわ・ほうれい線ができやすくなってしまいます。顔のしわは表情が豊かな方ができやすいというイメージがありますが、それは正しくありません。肌のハリや筋肉の柔軟性を保つためには、豊かな表情を作ることや、人と会話して口元を動かすことが必要なのです。


また、パソコンやスマートフォンの利用時になりがちな猫背もほうれい線を作る要因となります。猫背は全身の血の流れを悪くさせ、むくみや老廃物の蓄積を引き起こします。

その上、前のめりの状態で重い頭を支えることになるため、首や肩、あごのラインなどに尋常ではない負担をかけます。結果、肌が引きつったりたるんだりして、ほうれい線が出てくると考えられています。


年相応のお肌に!10代20代のほうれい線対策



ほうれい線の最大の理由は、肌のたるみにあります。ここまでほうれい線のできる理由をいくつかが紹介してきましたが、すべて肌のたるみを引き起こす要因となっています。つまり「ほうれい線対策=たるみ対策」とも言えるわけです。

では、原因を踏まえた上でほうれい線対策を考えてみましょう。

紫外線対策を行う

紫外線対策は、美容・美肌の基本中の基本です。もちろんたるみにも効果があるので、ほうれい線対策の基礎としてしっかりと行いましょう。

ここで重要なのが、ほうれい線対策だからといって、顔だけに日焼け止めを塗るといったケアをしないことです。顔のしわを作る要因は、顔表面だけでなく頭皮や首にもあります。帽子や日焼け止めを使う、首もとにも日焼け止めを塗るなど、隙がないケアを心がけましょう。

無理なダイエットはしない

10代20代はまだまだ細胞分裂も盛んなので、この時期に必要な栄養素をしっかり摂取していないと、後々早期に老化が始まる、肌や筋肉、骨の生育が不十分になるなどの大きな影響がでてきます。

当然、ほうれい線ができやすい体質・肌質をつくる原因にもなりますので、ダイエットをする際には無理な食事制限などは避け、健康的に痩せる正しい痩身方法を実践しましょう。

<関連記事>
ほうれい線を予防する大事な7つの習慣!

パソコンやスマートフォンの使いすぎに気をつける

長時間パソコンやスマートフォンを使い続けると、姿勢が悪くなる、血流や新陳代謝が悪くなる、表情筋が使用されずに衰えるなど、肌に大変悪い影響を与えてしまいます。

SNSなどのコミュニケーションが楽しく重要なのは分かりますが、時間を区切って利用する、使いすぎに気をつけるなど、生活習慣の見直しを行いましょう。


10年後も怖くない!今から始めるべき美肌ケアとは



10代・20代は肌の回復力が高く、多少の無理をしてもすぐに状態が良くなります。そのため、つい無理をしたり、ケアをおろそかにしてしまいがちです。肌の状態がそう悪くないのに、毎日スキンケアを行うのが面倒という方も多いかもしれませんね。

そこでオススメしたいのが「10年後の自分を見据えたスキンケア」です。


肌の老化というのは、紫外線や食生活の乱れ、睡眠不足など様々な要因が蓄積してじわじわと進行するものです。決して加齢だけによるものではないのです。そこで、まだ若いうちからスキンケアを行い、10年後もきれいな肌を誇れるよう頑張ってみましょう。30代40代で肌が若々しく美しいというのは、大きな財産になるはずですよ。

とはいえ、沢山手順が必要なケアは必要ありません。以下のポイントを押さえるだけで、若い肌は十分に応えてくれるので、是非実践してみて下さい。

クレンジング

どんなに仕事や学校で疲れていても、メイクをした場合はクレンジングを行ってメイクをとりましょう。メイクは時間が経てば経つほど酸化したり、汗や皮脂が混じってどろどろになるなど、肌に大変悪い影響を与えます。クレンジングはスキンケアの基本ですので、毎日の習慣に取り入れることをおすすめします。

正しいスキンケアを心がける



クレンジングが正しく行われると、その後の洗顔や基礎化粧の効果が高まります。クレンジング後はぬるま湯を使って優しく洗顔をする、化粧水や乳液を正しい手順で肌に塗布する。これらに気をつけるだけでも、若い肌には効果絶大です。

若い頃のほうれい線は、保湿をしっかりと行うだけでも十分改善が可能です。コラーゲンやセラミド、エラスチンといった美容・保湿効果が高い化粧品を使って毎日ケアすることで、肌は弾力を取り戻し、ほうれい線も徐々に薄くなっていきます。


最近は、コラーゲンなどの保湿・美容成分が配合された化粧品が手頃な値段で手に入るので、毎日ほうれい線のケアを行ってもランニングコストはそうかかりません。是非、日常に保湿化粧品を取り入れて、ほうれい線の改善と予防に挑戦してみましょう。

ほうれい線ケアのポイントは、化粧水はコットンで肌にムラなく浸透させることを、乳液は手のひらで温めてから顔全体に薄く塗ることです。こうすることで、肌に水分がしっかりと蓄えられ、正しい状態で保湿されます。

<関連記事>
万能美容液「ホホバオイル」について

スキンケアは毎日コツコツと続けることで効果が出るものですので、できるだけ手順を省くのが継続するコツです。10代20代のスキンケアはシンプルなもので十分ですので、基礎を押さえたシンプルケアを毎日続けることを心がけてみて下さいね。

下記では、ほうれい線に効くおすすめの保湿化粧品を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

 ほうれい線を消す化粧品、おすすめは?


しわ・ほうれい線を消す化粧品の人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
ポーラ・オルビスグループ開発の特許技術により潤い美肌成分の浸透・保水機能がグンと高まりました。それに伴いコラーゲン生成量が170%アップしたことでふっくらハリのあるお肌を実現します。


メディプラスゲル
メディプラスゲル
ほうれい線ケアができるオールインワン化粧品と言ったらこれ。3種のセラミドや15種のアミノ酸、その他ほうれい線ケアに必要な美容成分がふんだんに配合された高機能ゲルです。


アスタリフト
アスタリフト
富士フィルムのナノ技術が生かされたほうれい線化粧品です。高浸透のコラーゲン粒子を実現したことで、しわやほうれい線などの年齢肌トラブルを集中ケアします。