ほうれい線は自宅で解消するのが基本です!

自宅でできるほうれい線対策

シミやしわなど、女性を悩ます老化現象は様々ありますが、その中でも最も老け顔を印象付けてしまうのが「ほうれい線」です。

ほうれい線ができる原因は日常生活にたくさん潜んでいますので、若い方も他人事だとは思わずに早いうちからケアすることが大切です。

 
まだ、ほうれい線が気になる段階ではないにしても、近々ほうれい線ができるであろう予備軍”は大勢いますので、下記のリストで当てはまる項目をチェックしてみましょう。

  • 肩や首が凝りやすい仕事をしている
  • 頬をつかむと弾力がなく、柔らかい
  • 気が付くと口で呼吸している
  • マスクの跡が中々消えない
  • 洗顔後、ツッパリ感がひどくなった
  • 丸顔、太ると顔に出やすいタイプ
  • 猫背で姿勢が悪い
  • ダイエットで痩せたり太ったりしている
  • エラや二重あごが目立ってきた
  • 紫外線を気にしない
  • 目が疲れやすい
  • 髪をきつめに結んでまとめている
  • 横向きで寝てしまう
  • 硬い食べ物はあまり食べない
  • 食べ物を噛むとき、左右どちらかに偏る
  • チェックした項目が多い分だけ、近い将来ほうれい線ができやすいタイプだと言えます。

    逆に言えば、これらの項目を注意して生活すれば、ほうれい線を予防することができる!とも言えますので、全部当てはまっている…と絶望的な女性は特に、これからはほうれい線対策に目を向けてケアしていただけたらと思います。

     
    また、ほうれい線は、専用化粧品でのスキンケアと、表情筋を鍛えるストレッチやエクササイズで改善することが可能です。

    出来てしまったほうれい線でお悩みの方は、下記で紹介するほうれい線解消法を参考にケアしてみてください

    ほうれい線の関連記事

    下記ではほうれい線に関する様々な情報を紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

    ほうれい線対策の基本はコレだけ!

    ほうれい線

    上記で挙げたように、ほうれい線ができる原因は人によって様々ですので、ほうれい線を効果的に解消するためには、原因に合わせたケアが必要になります。

    乾燥させない!

    乾燥は、どんな肌トラブルをも招く最大の宿敵と言えます。

    乾燥は、肌のバリア機能が低下中であるため、小さな刺激でもダメージを受けやすい状態です。

     
    キメが荒くなることで、そこから水分がどんどん蒸発していき、乾燥がさらに悪化します。

    干上がった砂漠を思い浮かべてみてください。お肌はまさにこの状態です。

     
    乾燥が進んでしまうと、口元に2本のシワがくっきりと浮かび上がってしまうのです。

    空気が乾燥する冬場や、エアコンや暖房がきいた室内は注意が必要です。乾燥対策として、加湿器を使用したり、保湿成分や肌ハリを与える成分が入ったスキンケアを取り入れましょう。

    表情筋を鍛える!

    やせ形なのに、顔だけ丸いとお悩みの女性は多くいます。その上、たるみやすいなんて悲しい現実ですよね。

    また、ダイエットを繰り返している方も要注意です。

     
    数十キロのダイエット成功者を見て見ると、お腹や二の腕周りなど、皮下脂肪が無くなったぶん皮膚が伸びてタプタプしてしまった方がいます。

    このように、脂肪が多く筋肉が少ない場合に、たるみは起こりやすいと言えます。

     
    顔の形は骨格も関係しているため、簡単に解決できる話ではありませんが、筋肉が衰えないように表情筋を鍛えるエクササイズが非常に有効です。

    マッサージも効果的ではありますが、誤った方法で行ってしまうと、ほうれい線の跡を余計に目立たせてしまう場合もありますので、行う際はしっかりとした知識が必要になります。

    姿勢を正す!

    顔は、背中から首にかけての筋肉と繋がりがあります。

    これらの筋肉が良いバランスを保つことで、柔らかく豊かな表情を作ることができます。

     
    肩凝りや首が凝りやすいという方は、表情が硬くなっていませんか?笑いにくいなどの自覚症状がる場合は危険信号です。

    猫背やデスクワークで前かがみになる癖がある方は、ただちに姿勢の悪さを改善し、温泉やマッサージなどリラックスできる環境で肩や首の凝りをほぐす必要があります。

      ほうれい線を消す化粧品、おすすめは?