ほうれい線・しわを解消して、周りに差をつけましょう!

そのほうれい線は危険信号です!



鏡を見て、ほうれい線が気になりだしたら、それは危険信号です。放っておくと益々ほうれい線が深くなり、最後はブルドック顔になります。そうなったら、美容整形以外には対処できないでしょう。

でも、今ならまだ間に合うはずです。毎日のスキンケアを欠かさなければ、ほうれい線に対処することは十分に可能です。

このサイトは、そんなほうれい線やしわに悩む女性のための情報サイトです。どうか、いつまでも若々しい女性でいるために、このサイトをご活用いただければと思います。


しわ・ほうれい線を消す化粧品の人気ランキング

アヤナス(ディセンシア)
アヤナス
ポーラ・オルビスが販売する、今最も人気のあるほうれい線化粧品です。人気の秘密は、特許技術「ヴァイタルサイクルヴェール」を活用することで、美肌成分の肌への浸透を促し、肌のコラーゲン生成力を高めることで、肌のハリや弾力を取り戻し、ほうれい線を解消していくためです。30日の返金保証も嬉しいですね。

メディプラスゲル
メディプラスゲル
化粧水・乳液・美容液・クリームとこれ1本で毎日のお手入れが完了しちゃう万能基礎化粧品です。美肌で知られる温泉水をベースに、3種のセラミド、15種のアミノ酸など年齢肌に必要な美容成分62種がギュッと詰めこまれています。1本2か月分と非常にコスパも良いですし、30日の全額返金保証付きな点が魅力ですね。

アスタリフト
アスタリフト
富士フィルムが開発したアンチエイジング化粧品です。松田聖子のCMでもおなじみな方も多いと思います。長年コラーゲンを研究した独自ノウハウを活かし、浸透性の高いコラーゲン粒子を開発し、これを化粧品に適用させています。

ビーグレン
ビーグレン
ドクターズコスメとして人気のビーグレンから誕生したたるみ・ほうれい線化粧品です。5ステップのうち特に注目したいのがマッサージ美容液です。マッサージとビーグレン独自の浸透テクノロジーのダブル効果で、むくみがちな朝のお肌がすっきり引き締まり、肌の内側からふっくらとハリのある若々しいお肌へと導きます。


アンプルール
アンプルール
女性の皮膚科医が開発したエイジングケア化粧品です。「ゆるみ毛穴」を解消し、肌にハリ・弾力を取り戻し、ほうれい線の解消を図る実力派コスメです。コンセプトはずばり、「見た目年齢に差を付ける」です。今なら、9,300円相当のトライアルが2,100円で購入できます



ほうれい線は、なぜできるの?



ほうれい線があるだけで、見た目年齢が10歳以上アップしてしまうことをご存知でしょうか。もちろん人にもよりますが、特に年齢が若い人ほど、実年齢との差は大きくなり、老けて見られる傾向にある、ということがある調査によってわかっています。

ほうれい線が老け顔の原因であることは理解していても、こうして具体的な数字を見てしまうと、今すぐにでもほうれい線を解消したい!という気持ちが高まってしまいますよね。

ここでは、そんな悩みを持った女性たちのために、ほうれい線を消す解消法を紹介したいと思います。

ほうれい線 – Wikipedia


ほうれい線ができる大きな原因

まずは、これ以上ほうれい線を悪化させないためにも、原因について知ることが大切です。ほうれい線の原因はひとつではなく、複数の要因が合わさって生じるものです。

ここではその原因について見ていくことにしましょう。

1.加齢



やはり、ほうれい線に限らず、肌トラブルの大きな原因となるのは加齢です。

年齢とともに、肌の弾力をキープする成分「コラーゲン」や「エラスチン」といった成分が減少します。

加えて、若いころに比べて代謝が衰えますので、皮下脂肪が蓄積されやすくなります。ある程度の筋力があれば、頬のお肉は重力に負けずにその位置をキープすることができますが、年齢を重ねるにつれて多くの方は、表情筋が乏しくなり筋力が低下してしまいます。

そのため頬のお肉はたるみ、ほうれい線がくっきりと目立ってしまう、という状態を引き起こすのです。

2.ライフスタイル



年齢の他にも、日常何気なく過ごしている生活の中でほうれい線の原因となる習慣がいくつかあります。そのため、ライフスタイルに問題がある方は、10代20代と若いうちからほうれい線ができてしまいますので注意しなくてはなりません。

たとえば姿勢です。パソコンやスマホをよく使う方は、画面を見るために前かがみになりやすい傾向があります。人間の頭は約5㎏あるといわれていますから、この重みが顔の皮膚に影響を及ぼします。


また、睡眠中の姿勢も気を付けたいポイントです。横向きやうつ伏せで寝ているという方は、6~7時間という長い時間、顔に重力がかかってしまう形になります。

前かがみや猫背、うつ伏せなど顔が下を向く角度になってしまう姿勢は、老け顔に繋がる身近な習慣ですので気を付けなくてはなりません。

また、食べる時に片側だけに偏ってものを噛むという癖、手で片頬を抑える頬杖癖も、ほうれい線を作る生活習慣ですので日頃意識して生活しなくてはなりません。

3.紫外線



外的な要因としては、紫外線も大きな原因です。紫外線というとシミの大敵であることはよく知られていますが、しわやほうれい線にも大きく影響を与えます。

それは、肌表面にダメージを与える紫外線B派(UV-B)に対して、紫外線A派(UV-A)は肌内部(真皮層)にダメージを与えます。真皮層には、肌の弾力を生み出すコラーゲンが存在していますが、紫外線を浴びることによってコラーゲンは変性してしまい、たるみを引き起こします。

紫外線は長い時間かけてじわじわと肌に影響を及ぼしてくるものですので、若い頃からのUV対策が重要となってきます。

4.乾燥



乾燥は、年齢や生活環境、紫外線、不十分なスキンケアによって引き起こされるものです。お肌が乾燥してしまうと肌を守るバリア機能が低下してしまうため、紫外線などの外的ダメージから刺激を受けやすく非常に敏感な状態だと言えます。

紫外線による影響をダイレクトに受けてしまいますので、しわやほうれい線発生のリスクが高まってしまいます。


【予防】ほうれい線の悪化を防ぐには?



ほうれい線を予防するには、上記で述べた原因を見直すことが大切です。

1.紫外線対策!

特に毎日の対策として積極的に行ってもらいたいのが「紫外線対策」です。

紫外線は365日地上に降り注いでいます。晴れの日はもちろんですが、曇りの日も雨の日も、日が沈まない間は大なり小なり紫外線は存在しています。

そのため、近場でも外出する予定がある日は、日焼け止めや日傘、アームカバーなどを利用して紫外線からお肌を守る必要があります。


シミの原因となる紫外線B波は、最も強い陽射しが降り注ぐ7~8月の夏にピークを迎えますが、ほうれい線の原因となる紫外線A波は、5~6月と春にピークを迎えます。

まだ肌寒い季節はついつい対策を怠ってしまいますが、お肌のことを考えたら1年を通して日焼け止めを塗るなり、UVケアを行わなくてはなりませんよ。

と言っても、冬場の紫外線量はピーク時の1/3だとされていますので、SPF値の低い日焼け止めで十分です。数値が高い日焼け止めはUVカットの効果も高いですが、その分肌への影響もありますので、季節に合わせた数値の日焼け止めを使用しましょう。

2.生活習慣の見直し



1.姿勢
前かがみや猫背の癖がある方は、意識して背筋を伸ばすように生活しましょう。

最初のうちは慣れない姿勢に苦労すると思いますが、正しい姿勢を身に着けるだけで、ほうれい線の予防に繋がることはもちろん、見る人に若々しく生き生きとした印象を与えてくれます。


2.食べ方
食事をとるときは両方の顎でバランスよく噛むようにしましょう。1口につき20回以上噛むようにすることで、両頬の筋肉は鍛えられ、若々しい口元を取り戻すことができます。

噛みごたえのあるするめイカやこんにゃく、ゴボウなど繊維の多い野菜を取り入れた食事を採るようにしましょう。特にこんにゃくは、乾燥肌にうれしい潤い成分「セラミド」を含んでいますので、ほうれい線を予防するのに欠かせない食べ物だといえます。


3.睡眠
お肌は眠っている間にターンオーバーを行います。ターンオーバーとは、肌の再生を促す働きのことで、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって、お肌は日々生まれ変わっています。

質の良い睡眠をとることで、女性ホルモンは正常に分泌されるようになり、結果としてお肌にハリを生み出します。毎日22時~翌朝2時の間は熟睡できるように心がけましょう。

3.乾燥対策



乾燥を防ぐことは、ほうれい線だけでなく、シミやニキビといった様々な肌トラブルの予防にも繋がります。乾燥は、紫外線、季節、間違ったスキンケアなど、いろんな原因により発生してしまいますので、ひとつひとつ対処しなくてはなりませんよ。

秋冬は空気自体が乾燥しているため、お肌もカピカピに乾燥しやすい時期ですので、加湿器を使用したり、外出する際はマスクをしてお肌を保護したり、肌の乾燥を防ぐようにしましょう。


ニキビができやすいから、ベタベタするのが嫌だから、と、保湿系化粧品に抵抗がある方も多いかもしれませんが、乾燥を防ぐには毎日の保湿ケアが重要になります。

セラミド配合化粧品でケアしてあげることで、水分をため込む力がアップして、肌のバリア機能は高まります。紫外線のダメージも受けにくくなりますので、ほうれい線の発生を抑止することができます。


【解消】今あるほうれい線を消すための改善策は?



できれば、ほうれい線が目立つ前に何とか防ぎたいものですが、多くの女性は「できてしまったほうれい線」で悩んでいますよね。

シミもそうですが、やはり既にできてしまったほうれい線を解消するには時間と手間がかかるものです。とはいえ、毎日コツコツと努力することで、効果が現れやすいのがほうれい線ケアの良いところでもあります。

ここでは、そんなほうれい線解消のための方法について紹介いたします。

1.マッサージ・エクササイズ



表情筋の衰えもほうれい線の原因のひとつですが、マッサージや美顔器でケアしてあげることで、表情筋が鍛えられ、顔全体をリフトアップすることができます。

また、リンパに沿ってマッサージを行ってあげると、顔に溜まった老廃物がきれいに流れて、むくみが解消されます。ただ、無理に力を入れたり、摩擦を無視してマッサージを行うなど、間違ったやり方で行うと逆効果となりますので注意しましょう。


加えて、ほうれい線に効果的なのが、口の中で舌を回す「ベロ回しエクササイズ」です。口を閉じた状態で舌を歯の表面をなでるようにぐるりと回します。朝・昼・晩と、左回り右回り各20回ずつ行うようにしましょう。

普段あまり使わない口内の筋力を使うことで、血行が良くなり、二重あごの解消にも効果的です。また、唾液の分泌が促されますのでアンチエイジングにも最適なエクササイズです。

2.肌弾力を高める食べ物



先ほど、ほうれい線予防にはこんにゃくに含まれるセラミドが良いと書きましたが、他にも積極的に摂取してもらいたい栄養はたくさんあります。


たとえば、豚足や手羽先に含まれるコラーゲンやエラスチンです。

エラスチンとは真皮層に存在する成分で、コラーゲンと一緒になって肌の弾力を生み出します。コラーゲンとエラスチンが増えることによって、肌弾力は高まり、ほうれい線をはじめしわ・たるみを防ぎます。


また、赤い色素が特徴的なエビの殻部分には抗酸化作用のあるアスタキサンチンを多く含んでいます。抗酸化によって老化を防ぐことができますので、お肌全般のアンチエイジングに有効な成分です。

ほうれい線を解消するには、コラーゲン、エラスチン、アスタキサンチンといった成分に注目して食事を摂るようにしましょう。ただし、偏った食事はNGです。バランスの摂れたメニューをベースにこれら成分をプラスで補うようにしましょう。

3.肌ハリがアップするスキンケア



ほうれい線を解消するには、内側だけでなく、外側からのケアも大切です。そのためには、美容成分にこだわった基礎化粧品を使用することが望ましいです。

ほうれい線で悩んでいる多くの方が、間違ったスキンケア選びをしている場合が多いです。ほうれい線消す化粧品選びで注目したいポイントは、下記に挙げたような「保湿成分」と「肌弾力を高めてくれる成分」が入っているかです。

  • セラミド(保湿成分)
  • ヒアルロン酸(保湿成分)
  • コラーゲン(肌弾力成分)
  • エラスチン(肌弾力成分)
  • ビタミンC誘導体(コラーゲン生成をサポート)

この2点をクリアしている化粧品であることに加え、プラスαが期待できる美容成分が配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。毎日コツコツとケアすることで、数か月後はハリのある若々しいお肌へと変化していることでしょう。

もちろん、そのためにはスキンケアだけに頼らず、上で紹介したマッサージやエクササイズを実践し、食事にも気を使う必要がありますよ。

 ほうれい線消す化粧品、おすすめ人気ランキング